Tag Archives: 風邪

★コーヒータイム:人の変わる一言ヒント68(自律神経失調症やうつ状態が長引く仕組みは:サイコセラピーヨガと気づきの基本)

★今回のテーマは、陰陽と変化についてです。

<続く>

                      <自己開発センター>

                      <自己開発センター >

☆うつなどを含めた、心身の不調について

◎心の悩みや体の不調は

  心の悩みの起こっているときは、

  この陰と陽の片寄りが起こり、

  バランスがとれなくなっています。

  つまり、アンバランスとなった状態です。

  あるいは、そのアンバランスを知らせる

  メッセージの起こっている状態です。

………続き( http://www.ysdc.net/?pagename=oldblog-223 )
( http://www.ysdc.net/page50.php )

◎過大な変化

  ”体、頭、心”が、過剰興奮で、陽になると、

  その後に、過剰な陰に変化します。

  うつ状態は、一般に、

  ”体、頭、心”の過大な陽から過大な陰に変わったときに起こる

  心身の現象です。

  ですから、

  うつ状態なども、この働きに協力していくことで、解決していきます。

★コーヒータイム:人の変わる一言ヒント61(自律神経失調症やうつ状態が長引く仕組みは:サイコセラピーヨガと気づきの基本)

安定状態の変化を高めるコツです。

今回のテーマは、安定状態の方のための変化力を高めるコツです。
<続く>

                             <自己開発センター>

                             <自己開発センター >

☆面白そうだが、見たことのないもの見る、やったことがないもの行ってみる

◎あまり見たことのない映画を見てみる

  例えば、

  活劇ものの映画をみたことがない場合、それを見てみます。

  男性であれば、恋愛映画をあまりみたことのない方は、その映画を見てみます。

  色っぽい映画を見たことのない人は、その映画を。

  ほとんど映画を見たことのない方は、
  とりあえず、映画館に出かけてみることもいいですね。

◎変化刺激と、その体験として

  見たこともないこと、やったこともないものを体験していると、

  ある日、突然、気づくかもしれません。

  ”変化していいんだ”、”変化できるんだ” と。

  こんな言葉が浮かんできたら、安定から変化に移る入り口に入っています。

………続き( http://www.ysdc.net/?pagename=oldblog-216 )
( http://www.ysdc.net/page50.php )

☆体験の後味は、いかがてすか?(当日や翌日、翌々日の後味の体験)

◎後味がよい

◎とくに何も感じない、わからない

◎後味が悪い

★コーヒータイム:人の変わる一言ヒント60(自律神経失調症やうつ状態が長引く仕組みは:サイコセラピーヨガと気づきの基本)

変化力を高めるコツ

今回のテーマは、安定タイプあるいは安定状態の方のために、変化力を高めるコツです。
<続く>

                    <自己開発センター>

                    <自己開発センター >

☆変化力を身につけるために

◎やらなかったこと、あまり体験したことのないこと

  みなさんが、

  これまで、あまりやらなかったこと、

  これまで体験したことがないこと、

  考えてみればたくさんあると思います。

  例えば、

  正月以外に、町中にある神社やお寺に
  行ったことはありますか。

  なければ、行ってみましょう。

  コンビニのお姉さんに、
  ありがとうと表現したことがありますか。

  もし、なければ、体験してみましょう。

  明日は、自宅の裏口や会社の裏口から出入りしてみましょう。

  会社や駅、デパートで、階段を使わずに階段を使っていますか。
  もし、使っていなければ、明後日は、階段を使ってみます。

  最近、自転車に乗ったことがなければ、自転車に乗ってみましょう。

………続き( http://www.ysdc.net/?pagename=oldblog-215 )
( http://www.ysdc.net/page50.php )

◎脳にプリンティングする………………シンプルな刺激

  さまざまなことを行いながら、

  脳に、変化刺激と、その対応の体験、

  及び気分の体験をしてみましょう。

  このような単純な変化刺激は、

  脳にストレートにプリンティングされます。

  もちろん、
  脳だけでなく、心や体にプリンティングされます。

☆体験の後味は、いかがてすか?(当日や翌日、翌々日の後味の体験)

◎後味がよい

◎とくに何も感じない、わからない

★コーヒータイム:人の変わる一言ヒント58(自律神経失調症やうつ状態が長引く仕組みは:サイコセラピーヨガと気づきの基本)

変化力を高めるコツです。
今回のテーマは、安定タイプあるいは安定状態の方のために、変化力を高めるコツです。<続く>

                    <自己開発センター>

                    <自己開発センター>

☆いつもと異なることをやってみる

◎朝目覚めたときに、ちょっとだけ変わった体験をしてみる

  一例として、

  朝起きたら、布団の中で、体を軽く屈伸します。

  もぞもぞと動いてみます。

  その後に、布団から起きて、外に出ます。

  陽が出ていれば、その陽の光を浴びます。

  このときの気分や呼吸は、

  どうなっているかをみてみます。

◎ポイント

  この流れの中で、

  皆さんの朝の過ごし方と異なる部分があれば、

  その異なるを体験してみます。

………続き( http://www.ysdc.net/?pagename=oldblog-213 )
( http://www.ysdc.net/page50.php )

☆体験の後味は、いかがてすか?

◎後味がよい

◎とくに何も感じない、わからない

◎後味が悪い

★コーヒータイム:人の変わる一言ヒント解説57(カゼやうつ状態が長引く仕組みは:サイコセラピーヨガと気づきの基本)

★安定タイプのために、変化力を高めるコツ

今回のテーマは、安定タイプのために、変化力を高めるコツです。
<続く>

                    <自己開発センター>

                    <自己開発センター >

☆変化力を高めること

◎変化のできる仕組みをつくるために

  安定タイプの方は、

  頭や心の切り換え、

  次の場や新しい場、状況に対応すること等が

  不得意です。

  そのため、
  心や体、行動の問題の続くことがあります。

  このような場合、

  対策は、

  問題の状態から変化できるコツを身につけることや、

  その変化のための特性や能力を高める必要があります。

  以下は、そのための具体的な例です。

………続き( http://www.ysdc.net/?pagename=oldblog-212 )
( http://www.ysdc.net/page50.php )

☆いつもと異なる体験をすること

◎明日からの体験例………………朝起きたとき

  いつもの目覚めたあとと、異なることをします。

  例えば、

  布団をたたんで、顔を洗い、歯を磨き、

  食事をする流れのある方の場合は、

  その流れと異なる体験をします。

  具体的には、
  洗顔と、歯を磨くことの順序を反対にします。

  これだけで良いんですね。

◎ポイント

  異なる体験を数日から、一週間続けます。

  その後に、次の異なることを行います。

  例えば、

  洗顔や歯磨きを終わった後に、

  布団をたたむことです。

1 2 3 7