Tag Archives: 認識

★自律神経を整える道具 その136(”友達ができる”ために:アホという言葉が、通じるために)

★自律神経を整える道具 その136(”友達ができる”ために:アホという言葉が、通じるために)
△☆中心テーマ:頭の体操のための道具とその活用135(悩みの解決のための心や体、生活の中の知恵を高める準備)

                  <自己開発センター1>

                  <自己開発センター2>

<前回の続き( http://www.ysdc.net/?pagename=oldblog-443 )>

☆今回のテーマは

  今回のテーマも、

  アホになってみます。

  あるいは、アホになったつもりで会話をしてみます。

☆アホになるための翻訳の方法

◎ポイント

  アホになることがわからない人は、

  そのための方法を身につける必要があります。

◎身体、心理面からアホになってみる:入り口

  アホになるためには、

  心の余裕をつくることです。

  その余裕のためには、

  まず、

  リラックスのできることが必要です。

  …続き( http://www.ysdc.net/?pagename=oldblog-444 )
(目次 http://www.ysdc.net/page50.php )

◎ポイント………………リラックスとアホ

  アホになれば、

  リラックスしやすくなります。

  逆に、

  リラックスができるほどに、

  アホにもなりやすくなります。

■============================■

心の悩みは、自己開発センターまで、ご相談下さい。

電話:045−314−0951

■============================■

★自律神経を整える道具 その113(”友達ができる”ためのキッカケづくりの体験)

☆中心テーマ:頭の体操のための道具とその活用112(悩みの解決のための心や体、生活の中の知恵を高める準備)

                  <自己開発センター1>

                  <自己開発センター2>

<前回の続き( http://www.ysdc.net/?pagename=oldblog-420 )>

☆今回のテーマ(精神的な筋トレ)………大人の心で体験結果をみてみる

    100人の人に声をかけます。

◎体験の例

  ここでの体験は、

  話すキッカケを自然につくるための体験です。

  具体的な体験は、

  近所のコンビニ、デパートなどのお店を見て回り、

  話しかけることのできる店員さんがいれば、

  話しかけてみます。

  …続き( http://www.ysdc.net/?pagename=oldblog-421 )
(目次 http://www.ysdc.net/page50.php )

◎ポイント

  ・今回の体験は、できる人だけ、行ってみます。

   (本当に友を求めている人は、

     行ってみてください)

  ・体験できれば、

    現実の結果は、必ず現れます。

☆体験の後味は、いかがですか

◎後味が良い

◎とくに何も感じない、思わない

◎後味が悪い

■============================■

心の悩みは、自己開発センターまで、ご相談下さい。

電話:045−314−0951

■============================■

★自律神経を整える道具 その112(”友達ができる”ための整理)

☆中心テーマ:頭の体操のための道具とその活用111(悩みの解決のための心や体、生活の中の知恵を高める準備)

                  <自己開発センター1>

                  <自己開発センター2>

<前回の続き( http://www.ysdc.net/?pagename=oldblog-419 )>

☆今回のテーマ ……… 大人の心でみる

  ここでは、

  現実の世界で、素朴に必要な友達を

  つくるときのポイントについて

  みてみます。

☆友達の種類………………人は一般に二つの友を持っています。

◎とくに目的や直接的な利益の無い友………………気楽な友

  ・惰性のようにつづく友、小さい頃からつながる友

  ・たまたま時間が、空いたから会う友、久しぶりだから会う友

  ・とくに目的や損得に無関係な友、

  ・会いたければ会うし、その気持ちがなければ会わない友

  ・上記のような会い方で、

   互いに満足している関わり方の友達です。

◎具体的なメリットのあるとき、目的があるときに会う友………現実の中で必要な友

  ・疲れたときに会う友、会える友

  ・困ったときに会う友、相談できる友

  ・その他、何かの必要があって会う友

  ・その他

  ・ここでのポイント:

    一方的なメリットのある友は、長続きしません。

◎いざというときの友

  ・いざという問題が起こったとき、

    互いに相手のために、行動を起こせる友。

  ・ここでのポイント:

    一方的なメリットのある友は、長続きしません。

◎その他

  …続き( http://www.ysdc.net/?pagename=oldblog-420 )
(目次 http://www.ysdc.net/page50.php )

◎ポイント

  以上の友がいます。

  この友達の中で、どのような友達でもOKです。

  大切なことは、

  自分の納得する友を得るようにすることです。

☆素朴に整理したときの後味は、いかがですか

◎後味が良い

◎とくに何も感じない、思わない

◎後味が悪い

■============================■

心の悩みは、自己開発センターまで、ご相談下さい。

電話:045−314−0951

■============================■

★自律神経を整える道具 その98(長引く悩みの解決のキーポイントと”面倒くささ”)

☆中心テーマ:頭の体操のための道具とその活用97(悩みの解決のための心や体、生活の中の知恵を高める準備)

                  <自己開発センター1>

                  <自己開発センター2>

<前回の続き( http://www.ysdc.net/?pagename=oldblog-405 )>

☆今回のテーマ

  面倒なことを行うとき、簡単な意味をつくってみます。

◎具体的な体験

  ・机の前に座り、目の前の机に鉛筆を置きます。

  ・以下の動作を交互に行います。

   まず、鉛筆の置く位置は、左肩の前の机の上にします。

    次に、その鉛筆を右手でとり、左の方の肩の前に置きます。

    さらに、反対の手で鉛筆を取り反対の前に置きます。

   この動きを繰り返します。

  ・ 「面倒くさくなるのは、何回行うときか」をみる (意味をつくりみる)

☆参考に………………面倒な例は

◎必要性のない場合、ある場合

  80才のおばあちゃんが、パソコンを始めることは、

  たぶん面倒なのでやらないと思います。

  (最近のおばあちゃんは、異なるかもしれませんが)

  …続き( http://www.ysdc.net/?pagename=oldblog-406 )
(目次 http://www.ysdc.net/page50.php )

◎必要な結果がみえれば

  ところが、

  そのパソコンの操作のやり方をわかると、

  地方にいる住んでいる孫の顔が、

  いつでも見られるとしたら、

  たぶん面倒だと思いながらも、

  操作法をマスターしようとします。

☆体験の後味は、いかがですか

◎後味が良い

◎とくに何も感じない、思わない

◎後味が悪い

■============================■

心の悩みは、自己開発センターまで、ご相談下さい。

電話:045−314−0951

■============================■

★自律神経を整える道具 その90(大人と子供の心:頭や体の言葉がわかるために)

☆中心テーマ:頭の体操のための道具とその活用89(悩みの解決のための心や体、生活の中の知恵を高める準備)

                  <自己開発センター1>

                  <自己開発センター2>

<前回の続き( http://www.ysdc.net/?pagename=oldblog-397 )>

☆今回のテーマは

◎二つの体験をする

  一つの体験は、

  1kg程度のものを持ち上げてみます。

  もう一つの体験は、

  持てないほどの荷(例えば50kgの荷)などを持とうとしてみます。

◎ポイント(体験を大人の心でみてみます)

  持てる重さの荷を持ち上げて、

  この重さであれば持てることを体感し、実感します。

  次に、

  持てない重さのもの持とうとして、

  持ち上げられないことを体感し、実感します。

  …続き( http://www.ysdc.net/?pagename=oldblog-398 )
(目次 http://www.ysdc.net/page50.php )

◎参考に………………今回の体験は、余裕の程度の実感

  ここでは、実体験無く、知っていること、わかっていることは、

  頭の世界の出来事と言います。

  頭の世界の出来事は、一般に気分や感情に振り回されたり、

  思い込みであったりします。

  そこで、ここでは、単純な体験ですが、

  体でわかる体験をします。

  つまり、実体験で、体感します。

◎ポイント

  ここでの体験は、別の表現をすれば、

  「頭の世界の言葉を体に伝える翻訳能力を高める」

  といいます。

  あるいは、

  「体の言葉を頭に伝える能力を高めること」です。

☆体験の後味は、いかがですか

◎後味が良い

◎とくに何も感じない、思わない

◎バカバカしくて、後味が悪い

■============================■

心の悩みは、自己開発センターまで、ご相談下さい。

電話:045−314−0951

■============================■

1 2 3 12