Tag Archives: 自己開発、能力開発について

★動くと体や頭、心が変わる……無意識の翻訳3(本日の呼吸モーションの体験)

☆無意識の設定から、体、頭、心のバランスがとれてくる体験

            <自己開発センター1>

            <自己開発センター2 >

<前回の続き( http://www.ysdc.net/index.php?pagename=blog01-448 )>

◎動きにまかせると

  頭などの自覚の有無に関係なく、

  身体が感じていれば、

  一般に身体の設定が、生まれます。

  身体の動きにまかせると(その設定に従って)、

  体や心の不自然な動きは、

  整う動きに変わってきます。

  Aさんの場合は、

  ここでのモーションを行うほどに、

  動きは、整ってきました。

      …(続き http://www.ysdc.net/index.php?pagename=blog01-449 )
          (目次 http://www.ysdc.net/page8.php )

◎ポイント

  動きにまかせることで、

  「バランスのとれること」を

  わかるようになる、

  できるようになります。

  これを翻訳といいます。

<次回に続く>

■============================■

心の悩みは、自己開発センターまで、ご相談下さい。

電話:045−314−0951

■============================■

★悩みと癖について117(心と体の法則:調和性と自由性の働きと仕組み):自己開発センターで行っていること

今回のテーマは、意志を持つだけで、問題解決の準備ができる。

                       <自己開発センター1>

                       <自己開発センター2 >

<前回から続く>

☆変わろうとするとき

  一言余計なことを言ってしまい、

  コミュニケーションに問題を起こす場合があります。

  今回は、こんな時の基本対策の入り口です。

◎身についている場合の基本
  
  この不快なひと言表現の仕方が、

  一時的でなく、身についている場合もあります。

  この場合は、単に知るだけでなく

  ご当人は、

  変わろうとすること(意志を持つ)が、

  必要です。

  この変わろうとすることで、

  心や頭の方向付けができあがるからです。

  この方向付けが、変わるための準備となります。

    ……………続き ( http://www.ysdc.net/index.php?pagename=blog01-282 )
            ( http://www.ysdc.net/page8.php )

☆ポイント

◎めげないでやってみます

  この表現のクセを持つ人は、

  意思を持っても、「また一言余計なことを言ってしまった」

  という体験をすることがあります。

  それでもかまわず、

  変わるための意志を持ち続けることです。

  変わるための準備ができていれば、

  時間がかかるかどうかを別にすれば、必ず変化します。

★悩みと癖について116(心と体の法則:調和性と自由性の働きと仕組み):自己開発センターで行っていること

今回のテーマは、知ることと、問題の解決することです。

<続き>

                       <自己開発センター1>

                       <自己開発センター2 >

<前回から続く>

☆人が変わるとき

◎人の悩みや問題が、変わるとき

  人は、知ることで変わることがあります。

  人は、気づくことで、変わることもあります。

  人は、変わろうとすることで、変わることもあります。

☆知ることで、解決できることがある

◎知ることで、問題が解決できることがある

  家には、過電流が流れて、火事にならないように、

  ブレーカーという安全装置がついています。

  ブレーカーが落ちて、家の電気が消えたとき、

  この安全装置の働きを知らなければ、

  電気製品の全てが働きを止め、

  生活に支障が出て、非常に困ったことになります。

  このように、

  人は、知らないことで、

  悩んだり、問題が起こることがあります。

◎例:心の悩みについて:頭や心が働かないと悩むときの一例

  疲れてきて、仕事などで、頭の働きが悪くなり、

  場合によって、

  頭のまったく働かなくなる場合があります。

  この場合も、心身の疲れから、

  頭の働きに関連したブレーカーが働き始めた状態です。

  脳が、これ以上働くと、過剰興奮となるために、

  脳の働きのスイッチを切ってしまうためです。

  この脳のスイッチを切っていることを知れば、

  どうしたらいいのかをわかりやすくなります。

    ……………続き ( http://www.ysdc.net/index.php?pagename=blog01-281 )
            ( http://www.ysdc.net/page8.php )

☆知ることが、基本の対策となる場合

◎ブレーカーのスイッチを入れること

  家のブレーカー(安全装置)のスイッチが切れ、

  電気が止まったら、

  その直前に使った電化製品のコンセントを抜き、

  その安全装置のスイッチを再び入れるだけです。

  このように知らないことで、問題が起こっていれば、

  知ることで、問題は解決します。

◎頭の働きが無くなったとき

  対策の基本は、

  ブレーカーに相当する頭の働きのスイッチが、

  入るようにすることです。

  例えば、このような場合は、

  頭が過剰興奮などや疲れで、

  脳の働きの限界を超えているので、

  脳のブレーカーのスイッチを入れることです。

  それには、

  心身の疲れをとり、気分転換をするために、

  頭、心、体を休ませ、ちょうどよい運動することなどが、基本です。

  このように問題の原因と対策を知ることで、

  悩みや問題が解決したり、

  その人の変わることがあります。

★悩みと癖について115(心と体の法則:調和性と自由性の働きと仕組み):自己開発センターで行っていること

今回のテーマは、ひと言、余計なことを言ってしまうときです。

<続き>

                       <自己開発センター1>

                       <自己開発センター2 >

☆口から出てしまう場合………………意識せずに、言葉が出てしまう

◎口から出てしまう

   思ったことをそのまま言葉にする人が、います。

   表現内容を、心の中にしまっておけない人です。

   一言、多いと言われる方などです。

☆嫌われてしまう言葉の出るとき

   例えば、

   よく知らない他人で、食べ過ぎた人が、

   お腹の調子を崩し、食べ過ぎを非常に後悔し、気にしているときです。

   そのそばにいた人が、

   食べ過ぎたことだけを知って、

   「昨日、あんなに食べ過ぎたからだよ」と口に出てしまう場合です。

   話さないといられず、口から自然に言葉が、出てしまう場合です。

   (国や文化によって異なりますが)

◎もし、相手の人(食べ過ぎた人)を知っていれば

  人は、ストレスを受けると、何らかの発散をします。

  その発散や浄化が、食べることになる場合もあります。

  一般に、人は、

  この食べ過ぎた原因や調子の落としている理由を知っていると、

  (本当に悪意のある人や、役割を持っている人は別にして)

  半無意識的に、余計なことは言わなくなります。

    ……………続き ( http://www.ysdc.net/index.php?pagename=blog01-280 )
            ( http://www.ysdc.net/page8.php )

◎もし、自分のことを知っていれば

  人は、ストレスのたまっている状態であれば、

  何らかの発散をします。

  その方法のひとつが、

  ”ひと言余計なことを言う”ことになる場合です。

  このことを知るだけでも、表現法の変化する準備ができます。

◎ポイント

  この表現方法は、(人によりますが)

  自分の存在を保持し続けるための広い意味での智恵です。

  この特性と、表現方法が大きな問題と自覚すれば、

  その表現方法を整え、変える必要はあります。

<次回に続く>

★悩みと癖について114(心と体の法則:調和性と自由性の働きと仕組み):自己開発センターで行っていること

今回のテーマは、我が儘な人が好かれているとき、嫌われているときです。

<続き>

                       <自己開発センター1>

                       <自己開発センター2 >

◎二人のおばあちゃん

  ある知人の知り合いのおばあちゃんは、

  「ありがとね」、「すまないね」と言いながら、

  好き勝手に振る舞っている方がいました。

  嫌われていないんですね。

  むしろ好かれています。

  このおばあちゃんは、

  好き勝手に行動をしていましたが、

  周りの人が、いざという状態になると、自然なほどスムーズに

  手伝いや助けることをしています。

  もう1人のおばあちゃんは、何も言わずに好き勝手に振り待っていました。

  相手とのつながりは、まったくつくれず、

  周りが困っていようとも、手を貸すことはありません。

◎好き勝手に行動していても、好かれる方

  気ままで、自分の思いどおりに振る舞っていても、

  他人に好かれる人もいます。

  これの方は、気ままですが、

  相手や周りの求めが、いざというときに一致しているからです。

  つまり、相手や場での、いざというときの

  役割やポジションをわかっている方です。

    ……………続き ( http://www.ysdc.net/index.php?pagename=blog01-279 )
            ( http://www.ysdc.net/page8.php )

◎ポイント

  このような二人の我が儘な方の言動や行動、行為は、

  どちらの方も、

  ・そうすることが慣れている、

  ・楽である、

  ・場合によっては気分がいいから行っていることです。

  この二人の例は、どちらも、これまで生きてきた軌跡が現れているだけで、

  本来、どちらがよいとか悪いとは言えません。

  (もちろん、周りに大きな迷惑をかけたら別ですが)

1 2 3 6