Tag Archives: 気づき、わかること

★自律神経を整える道具 その171(親について: 母親と二人で孤島に生活すれば )

☆中心テーマ:頭の体操のための道具とその活用(悩みの解決のための心や体、生活の知恵を高める準備) 

                  <自己開発センター1>

                  <自己開発センター2>

<前回( http://www.ysdc.net/?pagename=oldblog-478 )>

◎孤島に母親と自分の二人だけで生活するときは

  人は、

  母親(または父親)と二人だけで孤島に生活すれば、

  人との関わりの全てが母親(父親)です。

◎内なる親が変化するとき

  社会生活をしていけば、

  現実の親は、

  内なる親をつくる一つの条件に過ぎません。

  現実の親が、(内なる親をつくる)全てと思えば、

  内なる親は変化しません。

  ところが、

  他の条件のあることをわかれば、内なる親は変化します。

  …続き( http://www.ysdc.net/?pagename=oldblog-479 )
(目次 http://www.ysdc.net/page50.php )

◎内なる親をつくる人や場の例

  人の内なる親をつくるのは、現実の親だけでなく、

  隣のお姉さんやおばさんであったり、

  祖父母であったり、親戚のおじさんであったりします。

  あるいは、

  先輩や学校の先生であったりもします。

  また場の例であれば、

  幼稚園であったり、

  住んでいる近所の人たちの場合もあります。

<続く>

■============================■

心の悩みは、自己開発センターまで、ご相談下さい。

電話:045−314−0951

■============================■

★自律神経を整える道具 その155(親について:子供、大人、親の三つの心)

☆中心テーマ:頭の体操のための道具とその活用(悩みの解決のための心や体、生活の知恵を高める準備) 

                  <自己開発センター1>

                  <自己開発センター2>

<前回( http://www.ysdc.net/?pagename=oldblog-462 )>

☆今回のテーマは

  今回は、親についての体験です。

☆体験の仕方

1:親を想像してみます

2:感じたこと、思うことは

  その想像する体験の直前直後、および体験中に、

  感じたことや、思うことは、どんなことでしょうか。

  …続き( http://www.ysdc.net/?pagename=oldblog-463 )
(目次 http://www.ysdc.net/page50.php )

☆体験で感じたことを思ったこと

◎やすらぎ感、安心感、その他がある

◎何も感じない、思わない、感想もない、想像できない

◎不快感、拒否感、思い出そうとするだけでイヤな気分がするなど

<続く>

■============================■

心の悩みは、自己開発センターまで、ご相談下さい。

電話:045−314−0951

■============================■

★自律神経を整える道具 その154(これまでの目次:子供、大人、親の三つの心)

☆中心テーマ:頭の体操のための道具とその活用(悩みの解決のための心や体、生活の知恵を高める準備) 

                  <自己開発センター1>

                  <自己開発センター2>

<前回( http://www.ysdc.net/?pagename=oldblog-461 )>

☆今回のテーマ………人の三つの心の目次

  これまでの”子どもと大人の心”の目次です。

★子どもの心………自律神経を整える道具(三つの心からみる)

☆”子供の心と大人の心”の参照サイト1

◎自律神経を整える道具 その67(大人と子供の心:精神的な筋トレ)
 2013/04/28より  http://www.ysdc.net/?pagename=oldblog-375 )>

    ↓ 目次:ブログ_”じゅげむ”を参照のこと
       http://nayamifree.jugem.jp/?eid=446

      または、

      センターブログ目次参照:4月:http://www.ysdc.net/page50.php

◎自律神経を整える道具 その87(大人と子供の心:精神的な筋トレ)
 2013/05/18まで:  http://www.ysdc.net/?pagename=oldblog-395 )>

  …続き( http://www.ysdc.net/?pagename=oldblog-462 )
(目次 http://www.ysdc.net/page50.php )

☆大人の心と子どもの心の参照サイト2

◎自律神経を整える道具 その88(大人と子供の心)
 2013/5/19より:  http://www.ysdc.net/?pagename=oldblog-396

    ↓ 目次:ブログ_”じゅげむ”を参照のこと
       http://nayamifree.jugem.jp/?eid=476

      または、

      センターブログ目次参照:5月:http://www.ysdc.net/page50.php

◎自律神経を整える道具 その114(”友達ができる”ためと、数の原理)
 2013/6/15まで:  ( http://www.ysdc.net/?pagename=oldblog-422 )>

<続く>

■============================■

心の悩みは、自己開発センターまで、ご相談下さい。

電話:045−314−0951

■============================■

★自律神経を整える道具 その153(子供、大人、親の三つの心からみる)

☆中心テーマ:頭の体操のための道具とその活用66(悩みの解決のための心や体、生活の知恵を高める準備) 

                  <自己開発センター1>

                  <自己開発センター2>

☆テーマ

今回は、人の心の中で働く、三つの心をみる、続きです。

<三つの心の続きの前回( http://www.ysdc.net/?pagename=oldblog-421 )>

◎ポイント

  人の心は、三つの心からみることができます。

  もし、心や生活の中で問題が起こりやすいのであれば、

  この三つの心をみることで、

  問題の解決する手がかりを掴むとができます。

☆三つの心(参考に)

◎子供の心について

  ここで言う、

   子供の心とは、

   シンプルに言えば、

   素朴で、無邪気な心の部分です。

   あるいは、

   無邪気なエネルギー的、使い方をする心です。

  …続き( http://www.ysdc.net/?pagename=oldblog-461 )
(目次 http://www.ysdc.net/page50.php )

◎大人の心について

   大人の心とは、

   客観的なものの見方をしていくときの心の使い方です。

◎親の心について

  次回からのテーマです。

<続く>

■============================■

心の悩みは、自己開発センターまで、ご相談下さい。

電話:045−314−0951

■============================■

★自律神経を整える道具 その136(”友達ができる”ために:アホという言葉が、通じるために)

★自律神経を整える道具 その136(”友達ができる”ために:アホという言葉が、通じるために)
△☆中心テーマ:頭の体操のための道具とその活用135(悩みの解決のための心や体、生活の中の知恵を高める準備)

                  <自己開発センター1>

                  <自己開発センター2>

<前回の続き( http://www.ysdc.net/?pagename=oldblog-443 )>

☆今回のテーマは

  今回のテーマも、

  アホになってみます。

  あるいは、アホになったつもりで会話をしてみます。

☆アホになるための翻訳の方法

◎ポイント

  アホになることがわからない人は、

  そのための方法を身につける必要があります。

◎身体、心理面からアホになってみる:入り口

  アホになるためには、

  心の余裕をつくることです。

  その余裕のためには、

  まず、

  リラックスのできることが必要です。

  …続き( http://www.ysdc.net/?pagename=oldblog-444 )
(目次 http://www.ysdc.net/page50.php )

◎ポイント………………リラックスとアホ

  アホになれば、

  リラックスしやすくなります。

  逆に、

  リラックスができるほどに、

  アホにもなりやすくなります。

■============================■

心の悩みは、自己開発センターまで、ご相談下さい。

電話:045−314−0951

■============================■

1 2 3 8