Tag Archives: 時間

★自律神経を整える道具 その109(”友達ができる”を体や観念でわかる方法)

☆中心テーマ:頭の体操のための道具とその活用108(悩みの解決のための心や体、生活の中の知恵を高める準備)

                  <自己開発センター1>

                  <自己開発センター2>

<前回の続き( http://www.ysdc.net/?pagename=oldblog-416 )>

☆今回のテーマ

  前回と同じ体験で、

  両手を合わせてから、開いていきます。

☆手を広げると心が開放系になる

◎”友達はできる”と思いやすいとき、考えられやすいとき

  ”友達はできる”と考えられやすくなるとき

  心は、開放系になり、

  人とつながりやすくなります。

◎ポイント

  ここでの方法は、

  純粋で真剣に、友達をつくりたいと思っている方で、

  心身の疲れの大きくない場合に、

  効果的な入門法、または極意となります。

  …続き( http://www.ysdc.net/?pagename=oldblog-417 )
(目次 http://www.ysdc.net/page50.php)

☆体験の後味は、いかがですか

◎後味が良い

◎とくに何も感じない、思わない

◎後味が悪い

■============================■

心の悩みは、自己開発センターまで、ご相談下さい。

電話:045−314−0951

■============================■

★自律神経を整える道具 その2

☆中心テーマ:頭の体操のための道具とその活用4(悩みの解決のための心や体、生活の知恵を高める準備)

                             <自己開発センター>

                             <自己開発センター>

☆今回のやり方

◎具体的なやり方………………気分転換のためのブラッシング法

  今回のテーマは、ヘアブラシで、頭を叩くコツです

◎刺激を与える基本部位

  ・脳天

  ・側頭部

  ・後頭部

☆叩き方

◎コツ

  手首の力を抜いて、叩きます。

  このコツがわかると、体験がうまくいきます。

………続き( http://www.ysdc.net/?pagename=oldblog-308 )
( http://www.ysdc.net/page50.php )

◎キーポイント

  後味のよいやり方を行います。

  もし、後味が悪ければ、止めます。

☆体験の後味は、全体としていかがですか

◎後味が良い

◎後味が悪い

◎とくに何も感じない、思わない

★自律神経を整えることと、そのための道具

☆中心テーマ:頭の体操のための道具とその活用3(悩みの解決のための心や体、生活の知恵を高める準備)

                             <自己開発センター>

                             <自己開発センター>

☆今回のやり方………………ヘアブラシの活用

  今回の道具は、ヘアブラシです。

    このブラシを使い、頭を叩きます。

◎やり方

  髪の毛をそろえるヘアブラシで、

  頭を叩いてみます(髪をとかす側で叩きます)。

  叩き方は、後味のよい程度の強さと速度です。

☆参考に

◎頭部と自律神経

  頭部には、

  自律神経に関連した部位が、たくさんあります。

………続き( http://www.ysdc.net/?pagename=oldblog-307 )
( http://www.ysdc.net/page50.php )

  自律神経の乱れがあるとき、

  これらの部位に刺激を与えると、

  快痛や、不快痛及び、麻痺が現れます。

  ここで、自律神経のバランスがとれると、

  快痛や不快痛、麻痺などが消えてきます。

☆体験の後味は、全体としていかがですか

◎後味が良い

◎後味が悪い

◎とくに何も感じない、思わない

★ボールペンで、気分転換

☆中心テーマ:頭の体操のための道具とその活用2(悩みの解決のための心や体、生活の知恵を高める準備)

                             <自己開発センター>

                             <自己開発センター>

☆今回のやり方

◎具体的なやり方………………気分転換のためのボールペンの使い方

  ノートや白紙とボールペンなどを目の前に用意して、

  以下のような体験をしてみます。

  ・丸や三角などを、でたらめ、あるいはいい加減に書いてみます。

  ・あるいは、ペンの動きにまかせて書いてみます。

  ・さらに、気分にまかせて、でたらめに書いてみます。

☆使い方の応用、活用

◎道具について

  ボールペンは、

  文字を書き伝えたり書き残すための道具です。

  その道具の使い方により、

  さまざまに応用できます。

………続き( http://www.ysdc.net/?pagename=oldblog-306 )
( http://www.ysdc.net/page50.php )

◎応用、活用の例

  ペンの使い方によっては、

  ここでのように、気分転換に使うこともできます。

◎参考に

  ここでの体験は、

  頭や心を柔らかくする体験で、

  頭や心の体操でもあります。

☆体験の後味はいかがですか

◎後味が良い

◎後味が悪い

◎とくに何も感じない、思わない

★ボールペンで、体や心を変える

☆サブテーマ:頭の体操のための道具とその活用(悩みの解決のための心や体、生活の知恵を高める準備)

                             <自己開発センター>

                             <自己開発センター>

☆今回のテーマ

  ボールペンの後で、足の裏を刺激します。

◎やり方

  ボールペンの後で、

  足の裏の感じの良いところ、良さそうなところ、

  麻痺気味なところを

  刺激します、

◎ポイント

  体験の最初は、その変化をわからない人が、多いと思いますが、

  続けていくと、

  気分が楽になったり、

  体が楽になるところが、わかるようになます。

………続き( http://www.ysdc.net/?pagename=oldblog-305 )
( http://www.ysdc.net/page50.php )

☆参考に

◎道具について(頭の体操のために)

  ボールペンは、書くための道具です。

  でも、

  体や心を楽にするために、

  刺激を与える道具として使うことができます。

☆ボールペンの刺激の後味は、いかがですか

◎後味が良い

◎後味が悪い

◎とくに何も感じない

1 2 3 7