Tag Archives: トラウマ

★悩み解決の仕組みのヒント90(「仕返し」をわかる:翻訳の基本)

☆中心テーマ:悩みの解決の入門:サイコセラピーヨガ&波動(気)催眠

            <自己開発センター1>

            <自己開発センター2 >

<前回の続き( http://www.ysdc.net/index.php?pagename=blog01-434 )>

☆今回のテーマ

  今回は、仕返し(トラウマ、発散、成功体験など)をしているときの

  自分をみることです。………………心の働きと翻訳の入り口です。

◎ポイント

  ここでの内容は、仕返しをしてしまう人のための内容です。

☆対策は

◎ここでの翻訳の入り口は………………わかるために、まずみること

  まず、

  「仕返しをしている」

  という言葉をわかることです。

☆わかるための基本的なみかた

◎感覚的、気分的にわかる

  具体的に言えば、

  この言葉を気分や感覚からわかるようにします。

  例えば、

  仕返しをしているときの自分の気分や感覚をみます。

      …(続き http://www.ysdc.net/index.php?pagename=blog01-435 )
          (目次 http://www.ysdc.net/page8.php )

◎イメージでわかる

  さらに言えば、

  この言葉をイメージでわかる、みえるようになります。

  例えば、

  相手の不快な表情を

  イメージできるようにします。

◎認識できるようにする

  最後に、

  この言葉を認識できるようにします。

<次回に続く>

■============================■

心の悩みは、自己開発センターまで、ご相談下さい。

電話:045−314−0951

■============================■

★悩み解決の仕組みのヒント88(仕返しについて:トラウマの解消法)

☆中心テーマ:悩みの解決の入門:サイコセラピーヨガ&波動(気)催眠

            <自己開発センター1>

            <自己開発センター2 >

<前回の続き( http://www.ysdc.net/index.php?pagename=blog01-440 )>

☆今回のテーマ

  今回は、仕返し(トラウマ、発散、成功体験など)の

  心の働きと翻訳についてです。

☆仕返しが得意なAさんの場合

◎すぐに仕返しができる

  Aさんは、不快な体験をさせられると、

  相手に、すぐに仕返しをしてしまいます。

  後で、多少、後悔するのですが。

◎お酒が止められない人と同じ

  仕返しの体験は、とりあえずの発散になり、

  不快感情をとりあえず解消できます。

  その一時的な快(麻薬的な快)のため、

  止められなくなります。

      …(続き http://www.ysdc.net/index.php?pagename=blog01-441 )
          (目次 http://www.ysdc.net/page8.php )

◎ポイント………………翻訳

  仕返しは、

  自他に迷惑がかかることがあります。

  迷惑をかけないためには、

  仕返したい心や頭の働きを変化すること(翻訳)することです。

  具体的には、

  以下の1から2の方法に変えること、

  翻訳できるようにすることです。

  1.迷惑がかかる発散などの方法です。

  2.建設的、健康的な方法です。

     発散、浄化でもよいが、後味のよい方法を行うことです。

  つまり、

  発散や浄化の仕方を、

  建設的、健康的に行えるようにできることです。

  (参考に:意識空間の変化がそのポイントになります)

<次回に続く>

■============================■

★悩み解決の仕組みのヒント87(メモリーとトラウマの解消法)

☆中心テーマ:悩みの解決の入門:サイコセラピーヨガ&波動(気)催眠

            <自己開発センター1>

            <自己開発センター2 >

<前回の続き( http://www.ysdc.net/index.php?pagename=blog01-439 )>

☆今回のテーマ

  トラウマのシンプルな構造から、解決法をみます。

☆トラウマについて

◎トラウマのシンプルな構造からみると

  トラウマは、

  二つの因子の組み合わせた記憶から見ることができます。

  ひとつは、気分、感情的な記憶があります。

  もう一つは、映像的、思考的な記憶です。

  つまり、

  トラウマ = 気分、感情 + 映像、思考

  となっています。

◎ポイント

  トラウマは、

  「気分、感情」 + 「映像、思考」が結びついて、

  ワンセットになっています。

  ここで、

  この「気分や感情」が消えると、トラウマとしての

  心の働きは起こらなくなります。

      …(続き http://www.ysdc.net/index.php?pagename=blog01-440 )
          (目次 http://www.ysdc.net/page8.php )

☆参考に

◎RAMに記録された情報は
  
  トラウマは、

  このRAMに記憶された情報の一つです。

  基本的には、

  気分や感情的な記録情報です。

◎ROM情報は

  もうひとつのトラウマ内にある情報は、

  映像を中心とした情報です。

◎ポイント

  体験の中で言えることは、

  人の一般的な不快感情は、RAMに記憶されています。

  そのため、電源を切ることで、

  情報を消すことができます。

<次回に続く>

■============================■

心の悩みは、自己開発センターまで、ご相談下さい。

電話:045−314−0951

■============================■

★自律神経を整える道具 その154(これまでの目次:子供、大人、親の三つの心)

☆中心テーマ:頭の体操のための道具とその活用(悩みの解決のための心や体、生活の知恵を高める準備) 

                  <自己開発センター1>

                  <自己開発センター2>

<前回( http://www.ysdc.net/?pagename=oldblog-461 )>

☆今回のテーマ………人の三つの心の目次

  これまでの”子どもと大人の心”の目次です。

★子どもの心………自律神経を整える道具(三つの心からみる)

☆”子供の心と大人の心”の参照サイト1

◎自律神経を整える道具 その67(大人と子供の心:精神的な筋トレ)
 2013/04/28より  http://www.ysdc.net/?pagename=oldblog-375 )>

    ↓ 目次:ブログ_”じゅげむ”を参照のこと
       http://nayamifree.jugem.jp/?eid=446

      または、

      センターブログ目次参照:4月:http://www.ysdc.net/page50.php

◎自律神経を整える道具 その87(大人と子供の心:精神的な筋トレ)
 2013/05/18まで:  http://www.ysdc.net/?pagename=oldblog-395 )>

  …続き( http://www.ysdc.net/?pagename=oldblog-462 )
(目次 http://www.ysdc.net/page50.php )

☆大人の心と子どもの心の参照サイト2

◎自律神経を整える道具 その88(大人と子供の心)
 2013/5/19より:  http://www.ysdc.net/?pagename=oldblog-396

    ↓ 目次:ブログ_”じゅげむ”を参照のこと
       http://nayamifree.jugem.jp/?eid=476

      または、

      センターブログ目次参照:5月:http://www.ysdc.net/page50.php

◎自律神経を整える道具 その114(”友達ができる”ためと、数の原理)
 2013/6/15まで:  ( http://www.ysdc.net/?pagename=oldblog-422 )>

<続く>

■============================■

心の悩みは、自己開発センターまで、ご相談下さい。

電話:045−314−0951

■============================■

★悩み解決の仕組みのヒント84(エネルギーとトラウマ解消の例)

☆中心テーマ:悩みの解決の入門:サイコセラピーヨガ&波動(気)催眠

            <自己開発センター1>

            <自己開発センター2 >

<前回の続き( http://www.ysdc.net/index.php?pagename=blog01-428 )>

☆例

◎Uさんの場合の例

  一般に、トラウマは、

  トラウマになるエネルギーを、蓄積していますので、

  このエネルギーを、放電することで、

  解消することができます。

  放電するためのスイッチは、

  例えば、身体の意識空間内にあります。

  あるいは、心理面の意識空間内にあります。

  トラウマのあるときは、

  このスイッチが切れていますから、

  この意識空間にあるスイッチを

  オンにします。

  つまり、

  Swをオンにすることで、

  トラウマは、解消されていきます。

      …(続き http://www.ysdc.net/index.php?pagename=blog01-429 )
          (目次 http://www.ysdc.net/page8.php )

◎参考の例………心理的な意識空間内のスイッチの例

  例えば、

  Uさんの場合、妹さんとの間に問題があり、

  このトラウマの問題となり、

  一つのスイッチがOFFになっていました。

  (不要エネルギーの放電のための

    スイッチが切れていました)

<次回に続く>

■============================■

心の悩みは、自己開発センターまで、ご相談下さい。

電話:045−314−0951

■============================■

1 2 3 10