Tag Archives: アスペルガー症候群

★自律神経を整える道具 その126(”友達ができる”ための体を使う共同体験3)

☆中心テーマ:頭の体操のための道具とその活用125(悩みの解決のための心や体、生活の中の知恵を高める準備)

                  <自己開発センター1>

                  <自己開発センター2>

<前回の続き( http://www.ysdc.net/?pagename=oldblog-433 )>

☆今回のテーマ………………人に、声をかけられるようになるために

  前回に続いて、今回も、

  「100人の人に声をかける」です。

☆体験とは

◎うまくいかなかったと思っても、体験となる

  共同体験を行うとき、

  関わりが、

  あまり、うまくいかなかったと思うこともあります。

  また、

  この体験が、実際にうまくいかないときもあります。

  ここで、

  思うことも体験、失敗も体験であり、

  潜在意識からみると、

  体験のコツは積み重なっています。(純粋にみとると)、

  …続き( http://www.ysdc.net/?pagename=oldblog-434 )
(目次 http://www.ysdc.net/page50.php )

◎大切なこと

  ここで最も大切なことは、

  体験そのものです。

  この体験がうまくいったかどうかは、

  実は、二の次です。

<次回へ続く>

■============================■

心の悩みは、自己開発センターまで、ご相談下さい。

電話:045−314−0951

■============================■

★自律神経を整える道具 その123(”友達ができる”ために共同体験がある)

☆中心テーマ:頭の体操のための道具とその活用122(悩みの解決のための心や体、生活の中の知恵を高める準備)

                  <自己開発センター1>

                  <自己開発センター2>

<前回の続き( http://www.ysdc.net/?pagename=oldblog-430 )>

☆今回のテーマ………………人に、声をかけられるようになるために

  前回に続いて、今回も、

  「100人の人に声をかける」です。

☆共同体験をする

◎最も簡単に友となる方法は、共同体験です

  ・一緒に何かを行うことです。

  ・一緒に出かけることです。

  ・一緒に何かをつくることです。

◎参考に………………共同体験

  一緒に何かを行うと、

  その人たちと、

  呼吸が合いやすくなります。

  また、

  心が気楽に通じ合うことになります。

  …続き( http://www.ysdc.net/?pagename=oldblog-431 )
(目次 http://www.ysdc.net/page50.php )

☆友のできる人、できない人(一般例)

◎友のできやすい人

  共同体験の多い人。

◎友の少ない人、できない人

  共同体験の少ない人、体験のない人。

◎ポイント

  この体験が少ない人で、

  友が欲しい方は、これから行うだけです。

☆何か共同体験の後に、その体験の後味は、いかがですか

◎後味が良い

◎とくに何も感じない、思わない

◎後味が悪い

■============================■

心の悩みは、自己開発センターまで、ご相談下さい。

電話:045−314−0951

■============================■

★自律神経を整える道具 その122(”友達ができる”ための体験と壁)

☆中心テーマ:頭の体操のための道具とその活用121(悩みの解決のための心や体、生活の中の知恵を高める準備)

                  <自己開発センター1>

                  <自己開発センター2>

<前回の続き( http://www.ysdc.net/?pagename=oldblog-429 )>

☆今回のテーマ………………人に、声をかけられるようになるために

  前回に続いて、今回も、

  「100人の人に声をかける」です。

☆聞くことが自然にできてしまう人について

◎会話や雑談で疲れるタイプ

  相手を受け入れることや

  聞いてあげることの得意な人がいます。

  この体験が多くなると、

  疲れの大きくなる人がいます。

◎疲れが大きくなると………………拒否する心が現れる

  人は、関わりの中で、疲れが大きくなったり、

  その疲れの体験が多くなると、

  相手を拒否する心(頭)が、働きやすくなります。

  …続き( http://www.ysdc.net/?pagename=oldblog-430 )
(目次 http://www.ysdc.net/page50.php )

◎会話を拒否すること

  この拒否する心を持つことが嫌な方は、

  人との会話や関わりを拒否してしまうことがあります。

◎ポイント

  この会話や関わりを

  拒否したくないのであれば、

  関わりの中で、

  不要な疲労をつくりすぎないことが大切です。

☆体験の後味は、いかがですか

◎後味が良い

◎とくに何も感じない、思わない

◎後味が悪い

■============================■

心の悩みは、自己開発センターまで、ご相談下さい。

電話:045−314−0951

■============================■

★悩み解決の仕組みのヒント62(拒否からの不快感情と身体翻訳の例)

☆中心テーマ:悩みの解決の入門:サイコセラピーヨガ&波動(気)催眠

            <自己開発センター1>

            <自己開発センター2 >

<前回の続き( http://www.ysdc.net/index.php?pagename=blog01-405 )>

☆今回のテーマ

  今回は、

  ”イヤだー” という不快感の解消のための身体翻訳の例です。

☆イヤだーという不快な気分について

◎Uさんの場合

  Uさんは、親の言うこと、なすことの全てが、

  ”イヤだー”という気分でいっぱいでした。

  また、拒否感があるのに、

  親の言うとおりにしている自分も、

  ”イヤだー”ということでした。

  Uさんの心や頭の中は、

  拒否と、従順さの対立した働きで、

  いつも戦っていました。

◎ポイント

  ・Uさんは、そのイヤだと思っていることを

    表現できずにいました。

  ・心の中では、

    イヤだ、イヤだという不快な気分を

    解消したいと考えていました。

      …(続き http://www.ysdc.net/index.php?pagename=blog01-406 )
          (目次 http://www.ysdc.net/page8.php )

◎漠然とした、イヤだ

  Uさんの場合は、

  具体的に、何がどうイヤだーと言うよりも、

  漠然とした、”イヤだー”でした。

  また、Uさんの場合は、シンプルな”イヤだー”であり、

  二次的、三次的な問題は、ありません。

  そのため、

  つくる姿勢も、その動きもシンプルに、

  身体表現をすると、その問題が解決しました。

<次回に続く>

■============================■

心の悩みは、自己開発センターまで、ご相談下さい。

電話:045−314−0951

■============================■

★自律神経を整える道具 その120(”友達ができる”ためと、呼吸の合うとき)

☆中心テーマ:頭の体操のための道具とその活用119(悩みの解決のための心や体、生活の中の知恵を高める準備)

                  <自己開発センター1>

                  <自己開発センター2>

<前回の続き( http://www.ysdc.net/?pagename=oldblog-427 )>

☆今回のテーマ………………人に、声をかけられるようになるために

  前回に続いて、今回も、

  「100人の人に声をかける」です。

◎ズレがなくなると、一瞬で呼吸は合いやすく、通じやすくなる

  ”呼吸が合う” ための入り口は、

  この呼吸のリズムなどが、合うようになることです。

  とくに、声かけの人数が進んでくると、

  呼吸のリズムに特徴のある方と、呼吸が合うと

  一瞬で心が、合うようになります。

  (心を硬くし、強い守りの必要性のある人は、別にして)

  …続き( http://www.ysdc.net/?pagename=oldblog-428 )
(目次 http://www.ysdc.net/page50.php )

◎ポイント

  この呼吸の合う状態ができたら、

  次は、

  この状態を続けられるための

  持久力が大切になってきます。

☆体験の後味は、いかがですか

◎後味が良い

◎とくに何も感じない、思わない

◎後味が悪い

■============================■

心の悩みは、自己開発センターまで、ご相談下さい。

電話:045−314−0951

■============================■

1 2 3 8