Category Archives: 頭の体験

★自律神経を整える道具 その7(ペットボトルの活用)

☆中心テーマ:頭の体操のための道具とその活用6(悩みの解決のための心や体、生活の知恵を高める準備)

                  <自己開発センター>

                  <自己開発センター>

☆今回のテーマは、ペットボトルの活用

  ペットボトルを上下に上げ、その後に下げます

☆ポイント

◎前回と異なる動き

  前回と異なる動きは、両手を内旋と外旋することです。

◎用意するもの

  ・1リットル入りペットボトルの重さを基本とします。
  
  ・空のペットボトルに水を入れて、それを活用します。

☆やり方

◎ひとつ目の両手の上げ方

  手、腕を上に挙げます。

  このときに、両腕を内側に捻り(内旋)ながら

  上に挙げ伸ばします。

◎二つめのやり方は

  もう一つは、

  両手を上げ伸ばしながら、外側に捻ります。

  …続き( http://www.ysdc.net/?pagename=oldblog-315 )
( http://www.ysdc.net/page50.php )

☆参考に

◎腕や肩について

  肩は、

  体や心のつろぎや勢いに関連しています。

  また、腕は、

  頭に関連しているところもあります。

☆体験の後味はいかがですか

◎後味がよい

◎後味が悪い

◎とくに気分や体感の変化は、無い

★自律神経を整える道具 その6(ペットボトルの活用)

☆中心テーマ:頭の体操のための道具とその活用5(悩みの解決のための心や体、生活の知恵を高める準備)

                  <自己開発センター>

                  <自己開発センター>

☆今回のテーマは、ペットボトルの活用

  ペットボトルを手に持って、上下に上げ下げします

◎回数

  上下を10回から20回行います。

◎ポイント

  ・1リットル入りペットボトルを使用します。
  
  ・空のペットボトルに水を入れて、それを活用します。

☆参考に

◎今回の体験は

  今回は、軽い負荷をかけて、腕を動かす体験です。

  …続き( http://www.ysdc.net/?pagename=oldblog-314 )
( http://www.ysdc.net/page50.php )

☆やり方

◎準備

  立位で、両手に1本ずつのペットボトルを持ちます。

◎動き

  両手と腕を上に挙げるときに、

  十分に腕が伸びるように行います。

  また、

  両手と腕を上に挙げながら、

  軽く左(または右)に捻ります。

☆体験の後味はいかがですか

◎後味がよい

◎後味が悪い

◎とくに気分や体感の変化は、無い

★自律神経を整える道具 その5(不快な症状も解消できる)

☆中心テーマ:頭の体操のための道具とその活用4(悩みの解決のための心や体、生活の知恵を高める準備)

                  <自己開発センター>

                  <自己開発センター>

☆今回のテーマ

  使い古した歯ブラシで、足の裏をさすります。

☆やり方

◎コツ

  さするところは、

  何も感じないところ、気持ちのよいところ等です。

  また、

  くすぐったいところは、時間を少しかけて行います。

  このときに、くすぐったいために

  首や胴体、腰、脚が自然に動きます。

  この動きにできるだけまかせます。

◎ポイント

  くすぐったさを感じたときに、

  体の動きを我慢して止めないことです。

  …続き( http://www.ysdc.net/?pagename=oldblog-313 )
( http://www.ysdc.net/page50.php )

◎二人組で行うとき

  一方の人がさする人、もう一人がさすられる人となり、

  二人で行うとさらに効果的です。

  相手は、例えば、

  親子、夫婦、兄弟、恋人同士等です。

  この体験は、

  広い意味での

  身体的なコミュニケーションでもあります。

☆体験の後味はいかがですか

◎後味がよい

◎後味が悪い

◎とくに気分や体感の変化は、無い

★自律神経を整える道具 その4

☆中心テーマ:頭の体操のための道具とその活用4(悩みの解決のための心や体、生活の知恵を高める準備)

                  <自己開発センター>

                  <自己開発センター>

☆今回のテーマは

  椅子に座って、アクビをします。

 ◎やり方のコツ

  体を十分に反らし、脚や手を十分に伸ばします。

☆ポイント

◎参考に

  座ることの多い方(とくに事務的な仕事や頭を使うことの多い方)、

  頭の疲れの解消や気分転換のために、

  椅子を活用します。

  …続き( http://www.ysdc.net/?pagename=oldblog-312 )
( http://www.ysdc.net/page50.php )

◎ちょっとだけ意志を持って、行うこと

  この体験をなにげなく行っている方もいると思いますが、

  ここでは、ちょっとだけ意志を持って行ってみます。

☆後味はいかがですか

◎後味がよい

◎後味が悪い

◎とくに気分や体感の変化は、無い

★自律神経を整える道具 その3

☆中心テーマ:頭の体操のための道具とその活用3(悩みの解決のための心や体、生活の知恵を高める準備)

                  <自己開発センター>

                  <自己開発センター>

<今回は、前々々回の続きになります>
(前々々回 http://www.ysdc.net/?pagename=oldblog-308 )

☆今回のテーマ

  朝、洗顔の後、

  ブラシで頭を叩いてみます。

◎叩くコツ

  後味の良いと感じる部位を叩いてみます。

  (叩く強さ、時間は、後味の良い範囲で)

………続き( http://www.ysdc.net/?pagename=oldblog-311 )
( http://www.ysdc.net/page50.php )

☆ブラッシング法の効用

◎自律神経の乱れのあるとき

  後味の良いところを、

  ブラシで、頭を軽く叩きます。

◎頭が興奮していたりするとき

  気が上がり、重心の上がり、固定しているとき、

  頭部を整えることは、

  大切な一つのポイントです。

△頭の体験
△行為、行動,気づき、わかること,活用,頭の体操,自律神経失調症

■■2013/02/24 16:24:09
http://www.ysdc.net/?pagename=oldblog-312
△★自律神経を整える道具 その4
△☆中心テーマ:頭の体操のための道具とその活用4(悩みの解決のための心や体、生活の知恵を高める準備)

                  <自己開発センター>

                  <自己開発センター>

☆今回のテーマは

  椅子に座って、アクビをします。

 ◎やり方のコツ

  体を十分に反らし、脚や手を十分に伸ばします。

☆ポイント

◎参考に

  座ることの多い方(とくに事務的な仕事や頭を使うことの多い方)、

  頭の疲れの解消や気分転換のために、

  椅子を活用します。

  …続き( http://www.ysdc.net/?pagename=oldblog-312 )
( http://www.ysdc.net/page50.php )

◎ちょっとだけ意志を持って、行うこと

  この体験をなにげなく行っている方もいると思いますが、

  ここでは、ちょっとだけ意志を持って行ってみます。

☆後味はいかがですか

◎後味がよい

◎後味が悪い

◎とくに気分や体感の変化は、無い