Category Archives: 言葉の効用

★今回のテーマは、不安と呼吸の苦しさの解消と、「お父さんに愛されていた」の言葉、意識です

☆中心テーマ:悩みと癖について122(心と体の法則:調和性と自由性の働きと仕組み):自己開発センターで行っていること

<続き>

                       <自己開発センター1>

                       <自己開発センター2 >

☆Cさんの不安と、息苦しさは、「お父さんに愛されていた」の言葉、意識で消える体験

◎Cさんの場合

  Cさんは、不安感と、呼吸苦しさなどを、

  訴えていました。

  (一般に、自律神経失調症やパニック症などといわれる症状が、

   Cさんに起こっています)

  Cさんの場合、

  不安感や息苦しさの意識に関連した身体部位は、

  背中にあります。

  具体的には、

  背骨の中胸椎の少し上の部位が、

  前後に歪み、ちょっと陥没気味です。

◎言葉を唱える

  そこで、「お父さんに愛されていた」と何度か唱えると、

  椎骨の前後の歪みは、

  ほどけて、だんだんに少なくなってきました。

  その後、さらに、「お父さんに愛されている」と

  言葉を唱え、意識をつくると、

  息苦しさと、不安感は、消えてきました。

    ……………続き ( http://www.ysdc.net/index.php?pagename=blog01-289 )
            ( http://www.ysdc.net/page8.php )

☆ポイント

◎言葉、意識と身体の共鳴現象

  この場合は、言葉を唱えることで、

  背骨の中胸椎の少し上にある背骨の周りの筋と、

  言葉(意識)の共鳴現象が起こり、

  その椎骨の周りがほどけ、

  結果的に、その歪みが消えてきました。

  (この椎骨の辺りは、

   呼吸や不安など意識に関連しているため、

   症状が消えてきたのです)

◎参考に

  Cさんのここでの体験は、

  心や体のほぐれなど、

  変化する準備のできた段階で、

  行ったものです。

★今回のテーマは、身体の痛みの解消と、ありがとうという言葉についてです

中心テーマ:悩みと癖について121(心と体の法則:調和性と自由性の働きと仕組み):自己開発センターで行っていること

<続き>

                       <自己開発センター1>

                       <自己開発センター2 >

☆ありがとうという言葉の効用

◎背中の痛みと言葉

  Aさんは、前屈をすると、

  以前に比べ、前に曲がりにくくなっていました。

  少し、多めに前に曲げようとすると、

  背中(中胸椎)に痛みが起こります。

  そこで、

  心の中で、「ありがとう」と唱えました。

  その後、背中の痛みが消え、

  さらに前屈で、背中がよく曲がるようになりました。

◎ありがとうという言葉と背骨

  Aさんは、

  その前屈をする前に、

  「ありがとう」と唱えていると、

  背中の中胸椎の歪みは、スルスルとまっすぐに伸びてきました。

  言葉と、背骨(筋)が関連し、共鳴現象を起こしています。

    ……………続き ( http://www.ysdc.net/index.php?pagename=blog01-288 )
            ( http://www.ysdc.net/page8.php )

☆参考に

◎ポイント………………共鳴現象

  Aさんの場合、

  「ありがとう」と言葉にすると、

  その言葉と、背骨を整える筋が、

  共鳴現象を起こし、背骨の歪みがととのってきます。

  (気の流れが変化しました)

  その結果、背中の痛みなどが消えました。

★悩みと癖について120(心と体の法則:調和性と自由性の働きと仕組み):自己開発センターで行っていること

今回のテーマは、ありがとうと等、ひと言、言葉の出るときです。

<続き>

                       <自己開発センター1>

                       <自己開発センター2 >

☆出てくる言葉について

◎二人の違い

  ”一言多い”人と言われ、余計なことを口にしてしまう人と、

  「ありがとう」、「よかった」、「助かった」などの表現の多い人がいます。

  どちらの方も、言葉が、反射的に出てしまいます。

  この両者の基本的な違いは、

  精神的なエネルギーの大きさの違いです。

◎ありがとうの言葉と精神的なエネルギー

  「ありがとう」という言葉が、

  いつでも、どこでも出てしまう人がいます。

  このような方は、一般に、

  精神的エネルギーの大きい人です。

  ここで、

  精神的なエネルギーの大きさとは、

  広い意味での心の余裕の大きさです。

    ……………続き ( http://www.ysdc.net/index.php?pagename=blog01-287 )
            ( http://www.ysdc.net/page8.php )

☆ポイント

◎ありがとうという言葉

  ありがとうという言葉の意味は、

  日本語を知らないアメリカ人にわかりません。

  それでも、その言葉を表現すると、

  何を伝えようとしているのかをわかるアメリカ人もいます。

  なんとなくわかるのは、表現者の態度であったり、

  言葉の口調、リズムであったりします。

  ここでは、この表現者のあらわし、

  伝えるものを空気といいます。

  この空気の伝わり方の基本は、振動であり、リズムです。

  ここで、

  心の余裕のある方は、

  この空気が、なめらかであったり、リズミカルです。

★悩みと癖について119(心と体の法則:調和性と自由性の働きと仕組み):自己開発センターで行っていること

今回のテーマは、ありがとうと、ひと言、言葉の出るときです。

<続き>

                       <自己開発センター1>

                       <自己開発センター2 >

☆ありがとうという言葉が、すぐに出るとき

◎人の求める言葉

  人は、いざというときほど、

  求めている言葉があります。

  その言葉を聞くと、

  人の心や体が、ほぐれる言葉になります。

  あるいは、

  自信をつけてもらったり、癒される言葉です。

  例えば、

  手助けをしてもらったとき、「ありがとう」、「助かった」

  という言葉の出る方がいます。

  言われた人は、後味がよく、気持ちの良いものです。

    ……………続き ( http://www.ysdc.net/index.php?pagename=blog01-284 )
            ( http://www.ysdc.net/page8.php )

  このような言葉が、

  口からスムーズに出てくる人が、います。

  このような方の現れる空気は、

  一般的に、非常になめらかです。

◎ポイント

  ここでのような表現をできる方は、

  なめらかで、すなおな空気をもち、

  人とスムーズな交流のできる特性をもっていま。