Category Archives: 触媒

超感覚能力とバランス12(カウンセリングの極意:触媒の能力を活かす)

超感覚能力とバランス12(カウンセリングの極意:触媒の能力を活かす)

 
<前ブログの続き http://ysdc.net/2016/06/15/
  ”超感覚能力とバランス11”>

 

 

<触媒について>
触媒は、

他の変化をつくるが、

自分自身の直接の変化は、ほとんどありません。

 

例えば、

水素と酸素だけでは、変化を起こしにくいが、

ところが、

”銅”という触媒を加えると”水”が出来やすくなる
心理精神面でもちょっと似たような反応が起こります。

 

 
<Bさんという触媒>

 

Bさんは、”銅”という触媒にあたります。

Eさんの心の中の葛藤や分裂した心(頭や体の働き)は、

水素や酸素に当たります。

 

そこで、

Bさん自身は、変化を起こさず、

そのBさんのそばにいるだけです。

 

Eさんは、

不快なストレスの軽減していきます。

 

 

<ポイント>…ただそこにいるだけ

 

Bさんは、特に何もせず、

Eさんのいる場に、

ただそこにいるだけです。
Eさんは、ストレスが減少していきます。

あるいは、

Eさんは、その場でのストレスに
少しずつ強くなっていきます。
ここで、Bさんは

Eさんの触媒のような働きをします。
結果的に、

Bさんは、Eさんに対して、

特別なカウンセリングをしていることにもなります。

 

 
<2つのブログ>

超感覚能力とバランス11(カウンセリングの極意:能力を活かす)

<前回からの続き>…超感覚能力とバランス8

 

 

<特性を活かす>

 

<カウンセリング極意の考え方>

 

今回は、テーマの”超感覚能力とバランス8”の続きです。

内容は、Bさんと、Eさんの話です。

 
ここで、

Bさんのもつ特性は、

Eさんのそばにいるだけで、

彼女に対するカウンセリングを出来る能力があります。

カウンセラーの基本能力は、

さまざまあります。

その対応の仕方は、多様性があります。

 

 

<参考に:触媒について>…そばにいるだけで反応が起こる

 

ここでは、化学現象と似た現象が、心理現象にも起こります。

 

以降の内容は、次回に続きます。

 

<2つのブログ>

超感覚能力とバランス9(カウンセリングの極意:能力を活かす)

超感覚能力とバランス9(カウンセリングの極意:能力を活かす)
<前回の続き>

 
<カウンセリングの極意>

 

化学の世界に、

触媒というものがあります。

 

そこにある、いるだけで、対象の変化をさせます。

 

そして、自らはあまり変化しません。
もし、

”自他肯定の特性を持つ触媒”

に相当する能力を持つ人が、

カウンセラーやセラピストであれば、

その天才になります。

 

 

<Bさんの特性>
あえていえば、

Bさんは、Eさんに対して

ひとつのカウンセリングの

極意となる特性をもっています。
とりあえず、

現実のカウンセラーは、

他の特性も必要になりますが。
さらにいえば、

Bさんは、本来的に、フワッとした優しい人です。

 

 
<2つのブログ>