Category Archives: 親子の関わり方のクセ

★悩みと癖について22(児童の問題):サイコセラピーヨガ&ヨガ(気)催眠

今回のテーマは、意味からみていきます。
<続き>

                 <自己開発センター>

                 <自己開発センター >

 ◎落ち着かない児童

  Nさんの子供は、小学2年生です。

  学校の先生から、「非常に落ち着きがない」、

  といわれていました。

  Nさんは、たまたま、心の悩みがあり、

  その解決のために、センターに通っていました。

  方法は、潜在意識を整えるために、
  身体と呼吸と、気を整えるトレーニングです。

  Nさんの悩みが解決し始めた頃、

  子供の学校の先生から、

  「子供が最近落ち着き始めている」との連絡をもらいました。

  学校の先生いわく、
  「何か子供は落ち着くための特別な方法をとっていますか」
  とのことです。

  特別に変わったことは、

  Nさん自身が当センターに通い、

  潜在意識の体験を行っているだけです。

  でも、
  学校の中にいるときの子供が変わってきたそうです。

………………続き ( http://www.ysdc.net/index.php?pagename=blog01-183 )
      ( http://www.ysdc.net/ )

◎子供は、母親とのつながりが大きい

  子供と親、とくに母親は、子供とのつながりが深く、

  親の不安定さは、子供にも影響します。

  とくに、
  親と児童の間にある頭や心、体の交流の仕方は、特別です。

  一般に、この交流の仕方が、なめらかであれば、

  児童は、落ち着き、問題を起こしにくくなります。

 ◎ポイント………………ひとつのみかた

  前回述べたように、子供は感受性が高いものです。

  親との間で、
  呼吸や気の交流が、穏やかにできると、

  子供の問題も起こりにくくなります。

  それは、子供から見ると、

  存在の肯定をされている(感じている)からです。

★悩みと癖について21(幼児と母親の問題):サイコセラピーヨガ&ヨガ(気)催眠

今回のテーマは、意味からみていきます。

<続き>

                 <自己開発センター>

                 <自己開発センター >

☆対策

◎潜在意識の満足と納得

  幼児が母親にかじりついて、離れないとき、

  母親が、言葉などの形の上で幼児に接しても、

  幼児は納得しません。

  例えば、
  母親が幼児に、「お母さんは忙しいから、そのオモチャで遊んでなさい」と

  ただ言って聞かせてもわかりません。

  ここでは、一つの表現をすると、

  幼児は、母親に対して、

  呼吸の交流をしてほしい、
  力み無く本音で交流してほしいと訴えている信号とみます。

 ◎基本的な方法

  このような場合は、

  呼吸の交流、気の交流が、できるようになると、

  幼児のかじりつきは、不思議なほど、一般になくなってきます。

 ◎ポイント

  ここで幼児が安心することが、まず必要です。

  そのために、
  お母さんが、不快落ち着きと、心の安定をつくることです。

………………続き ( http://www.ysdc.net/index.php?pagename=blog01-182 )
      ( http://www.ysdc.net/ )

☆参考に

◎参考に

  この幼児の訴える信号を無視すると、
  幼児によっては、自己否定、あるいは他者否定の心を
  根底につくる可能性もあります。

 ◎ポイント

  母親が、このような問題を抱えつつ、そのままにしておくと、

  幼児は、将来、問題の全く起こらない場合と、

  母親とのつながりを否定的につくり、

  その否定関係を他の人間関係もつくるようになることもあります。

  (とくに、幼児が感受性の強い場合)

★悩みと癖について20(幼児と母親の問題):サイコセラピーヨガ&ヨガ催眠

今回のテーマは、意味からみていきます。

<続き>

<自己開発センター>

<自己開発センター >

☆信号からみる例………………信号という意味

◎幼児が母親にかじりつく場合

お母さんが、「困った」と訴えることがあります。

幼児と母親の間で起こる良くある例です。

例えば、
”幼児が、母親にかじりつき、家事もできない”と、

お母さんが話されることがあります。

この場合、一般的には、

子供は、母親に対して、

”自分と交流して、あるいは無視しないで”と

訴える信号を発しています。

 ◎ポイント

ここでは幼児と母親の間の例ですが、

大人になっても、程度や問題の種類は変わりますが、

同じようなことも起こります。

………………続き ( http://www.ysdc.net/index.php?pagename=blog01-181 )
      ( http://www.ysdc.net/ )

☆原因について

母親が、

時間的に忙しいために余裕がないとか、

精神的に余裕がないとき、

幼児を受け入れる心の余裕もなくなります。

そこで、
幼児は、無視、拒否されていると感じ、

不安になって、母親にかじりつくことがあります。

母親にその行為行動を怒られるほど、

拒否されると感じ、かえって不安になり、

その行動を起こしてしまいます。

ですから、このような場合は、

幼児のメッセージを受容してあげることです。

<次回に続く>