Category Archives: 自己開発センターの悩みの解決理論

★悩み解決の仕組みのヒント52(心の悩みの解決と翻訳すること)

☆中心テーマ:悩みの解決の入門:サイコセラピーヨガ&波動(気)催眠

            <自己開発センター1>

            <自己開発センター2>

<続き(前回 http://www.ysdc.net/index.php?pagename=blog01-395 )>

☆ここでいう翻訳で、問題解決をする考え方………動き働きが止まるとき

◎内容が伝わるとき、伝わらないとき

  チベット語を知らない日本人に、

  チベット語で伝えても、

  その内容はわかりません。

  その逆に日本語を知らないチベット人に、

  日本語で伝えた内容は、相手のチベット人に伝わりません。

  頭と体の間でも、同様のことが起こります。

  例えば、頭で考えた内容は、

  身体言語しかわからない人に、伝わりません。

  その逆に、身体言語のわからない人は、

  その内容を頭で理解しようとしてもわかりません。

  そのため、悩みの続く人は、

  一般に、頭と体の間で、

  翻訳のできるようになる必要があります。

      …(続き http://www.ysdc.net/index.php?pagename=blog01-396 )
          (目次 http://www.ysdc.net/page8.php )

◎緊張の悩みの例

  緊張することで悩んでいる人の場合です。

  「緊張している」ということが、

  頭でわかっている人が、

  頭でその解決方法を考えても、

  一般には解決しないことが多いようです。

  それは、例えば、

  体が、緊張していることをわからない、

  あるいは、

  その緊張の解消のために、

  頭が、体に協力しないためです。

<次回に続く>

■============================■

心の悩みは、自己開発センターまで、ご相談下さい。

電話:045−314−0951

■============================■

★悩み解決の仕組みのヒント12(緊張、憂うつ、コミュニケーション)……赤い帯の本を探す

中心テーマ:悩みの解決の入門:サイコセラピーヨガ&波動(気)催眠

            <自己開発センター1>

            <自己開発センター2>

<続き(前回 http://www.ysdc.net/index.php?pagename=blog01-355 )>

☆窓の例 ………………特定の本だけがみえる窓からみるために

◎赤い帯の本を探すとき

  人が数千冊の本の中から、一冊の本を探すには、

  大変な時間がかかります。

  ところが、ちょっと工夫をすると、

  その時間を非常に短縮することができます。

◎人の特性………………見える本と、見えなくなる本

  例えば、たくさんの本の中から、

  書名だけで、その本を探そうとすれば、時間はかかります。

  ところが、その探す本に、

  赤い帯のついていることをわかっている場合です。

  赤い色の帯の本を探そうとすれば、

  一般に、赤い帯の本が意識されるようになり、

  黒や黄色の本は見えにくくなります。

      …(続き http://www.ysdc.net/index.php?pagename=blog01-356 )
          (目次 http://www.ysdc.net/page8.php )

◎”赤い帯”の本を探すときの例

  例えば、
  『会津ManMaコンシェルジュ』と言う本は、

  帯が赤です。

  積んである、多くの本の中で、

  この本を探すとき、

  1.赤色の帯のついている本を探し、

  2.次に、その中で一致する書名の本を探します。

◎ポイント

  ここでの内容は、

  当たり前と言えば、当たり前ですが、

  非常に実用的です。

  次回は、その具体的な例です。

■============================■

心の悩みは、自己開発センターまで、ご相談下さい。

電話:045−314−0951

■============================■

★悩みと癖について102(心と体の法則:調和性と自由性の働きと仕組み):自己開発センターで行っていること

今回のテーマは、友達と空気についてです。
<続き>

                       <自己開発センター1>

                       <自己開発センター2 >

☆人と空気

◎友達と空気

  もし、

  深いつきあいの友達になりたい人がいれば、

  ここでいう空気の交流が、一つのポイントです。

  その関わりの根底は、

  本物の営業マンとお客の関係にある

  関わりと同様です。

  なぜって、

  関わる一方の人は、

  楽であったり、快となるからです。

  (互いに楽であれば、本当の友達なります)

◎ポイント…………………友達との関わりの中で

  空気の交流のできている人の間では、

  トンチンカンな言葉を話しても

  話している内容や、

  タイミングがずれていても、

  あまり違和感を感じません。

  それは、
  相手(自分)が、状態を察するからです。

  あるいは、相手の話や態度行動に対して、

  余裕を持って、聞いたり、見ることができるからです。

  (もちろん、議論の最中は別にします。

   また、察することの不得意な方も別にしてです)

    ……………続き ( http://www.ysdc.net/index.php?pagename=blog01-265 )
            ( http://www.ysdc.net/page8.php )

☆空気が合わない場合

◎空気合わないとは

  空気が合わないときは、一般に、次のような理由があります。

  ・一方の人の表現欲求や態度行動の欲求が、大きい場合、

  ・相手の状態を受け入れる余裕がない場合、

   などがあります。

  このような状態があれば、その関わりは、うまくいきません。

  この状態と反対になれば、関わりはうまくいきやすくなります。

  この基本対策は、次回に続きます。