Category Archives: 脳のブレーカーのONとOFF

★悩みと癖について116(心と体の法則:調和性と自由性の働きと仕組み):自己開発センターで行っていること

今回のテーマは、知ることと、問題の解決することです。

<続き>

                       <自己開発センター1>

                       <自己開発センター2 >

<前回から続く>

☆人が変わるとき

◎人の悩みや問題が、変わるとき

  人は、知ることで変わることがあります。

  人は、気づくことで、変わることもあります。

  人は、変わろうとすることで、変わることもあります。

☆知ることで、解決できることがある

◎知ることで、問題が解決できることがある

  家には、過電流が流れて、火事にならないように、

  ブレーカーという安全装置がついています。

  ブレーカーが落ちて、家の電気が消えたとき、

  この安全装置の働きを知らなければ、

  電気製品の全てが働きを止め、

  生活に支障が出て、非常に困ったことになります。

  このように、

  人は、知らないことで、

  悩んだり、問題が起こることがあります。

◎例:心の悩みについて:頭や心が働かないと悩むときの一例

  疲れてきて、仕事などで、頭の働きが悪くなり、

  場合によって、

  頭のまったく働かなくなる場合があります。

  この場合も、心身の疲れから、

  頭の働きに関連したブレーカーが働き始めた状態です。

  脳が、これ以上働くと、過剰興奮となるために、

  脳の働きのスイッチを切ってしまうためです。

  この脳のスイッチを切っていることを知れば、

  どうしたらいいのかをわかりやすくなります。

    ……………続き ( http://www.ysdc.net/index.php?pagename=blog01-281 )
            ( http://www.ysdc.net/page8.php )

☆知ることが、基本の対策となる場合

◎ブレーカーのスイッチを入れること

  家のブレーカー(安全装置)のスイッチが切れ、

  電気が止まったら、

  その直前に使った電化製品のコンセントを抜き、

  その安全装置のスイッチを再び入れるだけです。

  このように知らないことで、問題が起こっていれば、

  知ることで、問題は解決します。

◎頭の働きが無くなったとき

  対策の基本は、

  ブレーカーに相当する頭の働きのスイッチが、

  入るようにすることです。

  例えば、このような場合は、

  頭が過剰興奮などや疲れで、

  脳の働きの限界を超えているので、

  脳のブレーカーのスイッチを入れることです。

  それには、

  心身の疲れをとり、気分転換をするために、

  頭、心、体を休ませ、ちょうどよい運動することなどが、基本です。

  このように問題の原因と対策を知ることで、

  悩みや問題が解決したり、

  その人の変わることがあります。