Category Archives: 緊張、不安、恐怖

★閉所恐怖やパニック障害の解決のヒント

<続き>

今回のテーマは、閉所恐怖症やパニック障害の解決のヒントの一例と整理です。

              <自己開発センター>

              <自己開発センター >

☆閉所恐怖とは、感じ、思い、認識することで起こる

 ◎狭い空間、不自由な空間と感じている、思う

   人は、狭い、不自由な固定空間に閉じこめられ、

   この場から脱することができないと感じ、思う場合に、

   頭、心、体に起こる現象が閉所恐怖症です。

☆閉所恐怖症やパニック症候群の起こる流れの一例

   閉所恐怖症も、乗り物恐怖症も、
   ここでの見方をすれば、同じ悩みの仲間で、パニック障害です。

   以下は、閉所恐怖症の起こる流れです。

  反応→ 狭い所と感じる思う→ 認識する→ 症状起こる

 ◎身体反応

   基本として、
   キッカケとなる
   空気の圧迫感や呼吸のしにくさ、
   興奮、速まる動悸等が起こります。

   この場合、
   次の感じ思うことと、ここでの反応は、
   どちらが先かは、その時によります。

   (感じるから思うのか、思うから感じるかです)

 ◎感じる、思うこと………………心身の反応を感じる、及び自覚する

   身体反応が起こると、
   脳などが、五感を通じて、その反応を感じます。

  ……………………続き ( http://www.ysdc.net/index.php?pagename=blog01-92 )
  (http://www.ysdc.net/ )

 ◎恐怖感として認識する

   この悩みは、狭い空間の中で、
   ”外に出られない”と思ってしまう場合です。

   あるいは、息ができないと感じ、
   このままでは困るとの意識から、
   不安や興奮が起こります。

   悩みの起こるときは、感じ、思った事で現れる反応を

   (頭、心、体の混乱の中で)、

   頭などが、受け入れられないこと認識をしています。

   例えば、”この場から出られない”と認識するとき、
   恐怖感が起こります。

   (死につながると認識する呼吸や心臓の働きなどから)

   その結果、
   恐怖や不安と認識します。

<続く>

★閉所恐怖の例とパニック障害とパーソナルスペース

<続き>
今回のテーマは、閉所恐怖症の一つの例です。

              <自己開発センター>

              <自己開発センター >

☆気の上がり、重心の上がりと 閉所恐怖症

 ◎閉所恐怖症のAさんの場合

   朝夕、Aさんは、
   事務所のある5階まで、階段を使って上り、帰りは下りています。

   彼は、エレベーターに乗ると、
   呼吸が苦しくなり、動悸がしてくるため、
   エレベーターを使っていません。

   ここ数年は、こんなパニック障害的な状態でした。

   階段の上り下りは、足腰の運動に良いのですが、

   彼は、意志を持って、階段の上り下りをしているわけではないので、
   精神的につらい状態でした。

 ◎エレベーターに乗ると、重心が上がり、気が上がる

   Aさんの場合、エレベーターの乗ると、気が頭に上がり、
   頭や心、体が乱れる状態になっていました。

   とくに、頭に重心が上がると、

   彼の意識感覚は、
   エレベーターの中で、特別な状態になっています。

   具体的には、
   空間が固まってしまう感じや、自分に迫ってくる感じになります。

   その状態になると、呼吸は吸いにくくなり、
   不安な動悸が始まります。

   彼の閉所恐怖症は、他のパニック障害と同じ状態です。

   ただ、
   他のパニック障害(例えば乗り物恐怖症など)とくらべると、
   場と現れ反応する心身の部位が違うだけです。

  ……………………続き ( http://www.ysdc.net/index.php?pagename=blog01-91 )
          (http://www.ysdc.net/ )

   
   彼の閉所恐怖症の問題を短く表現すれば、

   頭(心や体)のつくる意識空間が、
   固まり、あるいは狭める働きを引き起こします。

   その結果として、
   不安や恐れをつくっています。

☆解決のためのポイント

 ◎解決の時のポイント

   人により、トラウマがあって、閉所恐怖が起こっている場合は、
   そのトラウマ的なものも解決する必要があります。

 ◎解決のキーワード

   Aさんの閉所恐怖症の解決には、
   以下のようなものを解決して、問題を解決しました。

   ・ 重心や気を下げること

   ・ 呼吸を整えること

   ・ トラウマの解決

     などを解決することで、閉所恐怖症を解決しました。

★閉所恐怖、パニック障害とパーソナルスペース

今回のテーマは、閉所恐怖症とパーソナルスペースです。

<続き>

                            <自己開発センター>

                            <自己開発センター >

☆閉所空間

 ◎閉所恐怖について

   閉所恐怖は、
   閉じこめられた空間と意識したときにあらわれやすい恐怖です。

   あるいは、
   縛られ、自由が失われたと意識するときに
   現れる恐怖にもつながっています。

 ◎例

   電車や
   飛行機の中、
   エレベーターの中など、

   狭い、限られた空間の中にいるときに、
   起こる不安恐怖です。

☆二つの空間の力の働く向き

 ◎外向きのパーソナルスペース

   これまでよく出てきた内容で、
   パーソナルスペースとは、
   身体の外、あるいは身体の周りにつくる空間です。

   このパーソナルスペースは、
   身体(頭、心)の外向きに力が働きます。

   また、
   このパーソナルスペースの柵(壁)は、
   これまで話してきように、
   他の人にわかりやすい柵(壁)です。

   さらに、
   現実の世界につくる柵(壁)です。

   (他の人はこの柵(壁)を意識的に自覚できなくとも、
    潜在意識では、直感で感じています。)

   (あえて言えば、陽的な壁をつくります)

 ◎内向きのパーソナルスペース

   ここでの内容は、
   内向きの方向に力の働くパーソナルスペースについてです。

   (あえて言えば、
    身体空間の内の方向に力の働くパーソナルスペースをつくります)

   この空間が閉所恐怖をつくります。

   (あえて言えば、陰的な壁となります)

  ……………………続き ( http://www.ysdc.net/index.php?pagename=blog01-90 )
  (http://www.ysdc.net/ )

 ◎対策

   狭いと感じ、思い、認識するを
   空間 (あえて言えば内的なパーソナルスペース) を
   
   広げること、
   あるいは制約されている空間を無くしてしまうことで、
   この問題を解決することができます。

<続く>