Category Archives:

★悩み解決の仕組みのヒント27(ハーモニーモーションとは、何?)

☆中心テーマ:悩みの解決の入門:サイコセラピーヨガ&波動(気)催眠

            <自己開発センター1>

            <自己開発センター2 >

<続き(前回 http://www.ysdc.net/index.php?pagename=blog01-370 )>

☆ハーモニーモーションと旅と旅行

  ここまで、旅と旅行の例をとって説明してきましたが、

  じつは、この旅と旅行とは、

  ハーモニーモーションの解説をする例えの話しでもあります。

  (ハーモニーモーションは、

   旅や旅行をすることと、似ている部分があります)

☆ハーモニーモーションとは

◎ハーモニーモーションと人の基本特性の見方

  人は、二つの特性をもっています。

  ひとつは、

  フリー性(自由性)という特性です。(自由な旅)

  もうひとつは、

  また、ハーモニー性(調和性)の特性を併せ持ちます。

  (広い意味での合理的な旅行)

◎ハーモニーモーションとは

  ハーモニーモーションとは、

  人の持つ「自由性」と「調和性」の特性を活用するものです。

      …(続き http://www.ysdc.net/index.php?pagename=blog01-371 )
          (目次 http://www.ysdc.net/page8.php )

◎ハーモニーモーションの参考サイト

     ( http://www.ysdc.net/index.php?pagename=blog01-243 )

     ( http://www.ysdc.net/index.php?pagename=blog01-244 )

     ( http://www.ysdc.net/index.php?pagename=blog01-245 )

     ( http://www.ysdc.net/index.php?pagename=blog01-246 )

<次回に続く>

★悩み解決の仕組みのヒント26(旅と旅行とハーモニーモーション)

☆中心テーマ:悩みの解決の入門:サイコセラピーヨガ&波動(気)催眠

            <自己開発センター1>

            <自己開発センター2 >

<続き(前回 http://www.ysdc.net/index.php?pagename=blog01-369 )>

☆旅と旅行

◎ここで言う旅と旅行について

  ここで言う旅と旅行は、

  人生の歩み方、

  生活の仕方、

  その人の特性の象徴です。

  ここでは、

  この象徴的な意味合いを

  生活や人生にも活かそうとします。

◎ポイント………………旅と旅行

  旅と旅行の違いは、

  人により異なるかもしれませんが、

  ここでは、次のようにみていきます。

      …(続き http://www.ysdc.net/index.php?pagename=blog01-370 )
          (目次 http://www.ysdc.net/page8.php )

☆旅と旅行について

◎旅行は

  旅行は、

  目的地が明確であり、

  その目的地に向かって進んでいきます。

  例えば、

  ハワイのホノルルに今月の1日に旅行する等です。

  ですから、

  いつどこに到着するのかも、明確に決まっています。

  もちろん、

  どのような乗り物で目的地に向かうのかも決めていきます。

◎旅は

  旅は、

  寄り道を自由にするのか、しないのかです。

  その時々の旅の体験によって、

  変化していきます。

  例えば、気分転換のために、

  アメリカの旅をするなどです。

  とりあえず、ニューヨークに着いてから、

  現地のテレビを見ているうちに、ナイアガラの滝の滝を見に行く等です。

◎ポイント………………旅とは

  旅とは、ここでの見方は、

  自由性の特性の象徴です。

<次回はこの続きで、ハーモニーモーションについてです>

■============================■

心の悩みは、自己開発センターまで、ご相談下さい。

電話:045−314−0951

■============================■

★悩み解決の仕組みのヒント25(旅の特性をみる)

☆中心テーマ:悩みの解決の入門:サイコセラピーヨガ&波動(気)催眠

            <自己開発センター1>

            <自己開発センター2 >

<続き(前回 http://www.ysdc.net/index.php?pagename=blog01-368 )>

☆旅について

◎ここで言う旅について

  旅の場合は、

  最終地点に到着しなくともよいわけです。

  その理由は、旅の中心となる目的が、

  目的地に着くことではないからです。

  ここで言う旅の目的は、

  そのプロセスを大事にします。

  別の表現をすれば、

  その旅をする過程で、得られるもの、みえるものが目的になります。

◎例

  ここで、一つの例をあげます。

  横浜から東京まで歩くとき、

  例えば、目的は、

  到着点の東京に着くと言うよりも、

  その歩く途中で、駅に寄り、さまざまなお店に立ち寄り、

  そのお店に並ぶ商品などをみる場合です。

      …(続き http://www.ysdc.net/index.php?pagename=blog01-369 )
          (目次 http://www.ysdc.net/page8.php )

☆ポイント

◎ここでの旅とは

  この旅の形は、

  心の赴くままに、気の向くままに、

  今、目の前に現れたところを大切にしていきます。

◎参考に………………フリー性(自由性)

  このような思考、行動の傾向の大きな人は、

  フリー性という特性を

  大きく持っているといいます。

<次回に続く>

■============================■

心の悩みは、自己開発センターまで、ご相談下さい。

電話:045−314−0951

■============================■

★悩み解決の仕組みのヒント24(旅と旅行から、人の特性をみる)

☆中心テーマ:悩みの解決の入門:サイコセラピーヨガ&波動(気)催眠

            <自己開発センター1>

            <自己開発センター2 >

<続き(前回 http://www.ysdc.net/index.php?pagename=blog01-367 )>

☆旅と旅行の違いからみる

  人は、さまざまな特性をもっています。

  ここでは、人の特性を

  旅と旅行からみていきます。

  今回は、とくに、旅についてです。

◎旅について

  旅とは、自由に歩きまわります。

  具体的な目的地に着くよりも、

  その途中で得られることを大事にしていきます。

  ですから、

  旅の途中で、気に入ったところへ、

  あちこちに寄り道をしていきます。

  例えば、

  私は、その昔、チベットへの旅をしました。

  チベットに入る前に、

  中国にはいり、

  中国の四川省 成都に寄りました。

  そこには、

  竹林があり、その中で自然の気の流れを体感できました。

  竹林に流れる風を通じて、

  その気の流れや変化を

  目で見て、耳で聞くことができました。

  体で感じることもできました。

  さらに、そこから、興味のあるところを見て回り、

  その旅の流れから、チベットに入りました。

      …(続き http://www.ysdc.net/index.php?pagename=blog01-368 )
          (目次 http://www.ysdc.net/page8.php )

◎ポイント

  この旅は、ここで言う完全な旅ではありません。

  それは、

  回るところ、行くところが、ほぼ決まっていて、

  旅行に近いものだったからです。

  ただ、心の体験としては、旅となっていました。

<次回に続く>

■============================■

心の悩みは、自己開発センターまで、ご相談下さい。

電話:045−314−0951

■============================■

★悩み解決の仕組みのヒント23(みている窓が動くこと、変わること)

☆中心テーマ:悩みの解決の入門:サイコセラピーヨガ&波動(気)催眠

            <自己開発センター1>

            <自己開発センター2 >

<続き(前回 http://www.ysdc.net/index.php?pagename=blog01-366 )>

☆現れる窓について………………問題をみている窓が、次の窓に動く

◎次の窓に移る

  一般に、

  自覚する不快症状は、解消したくなります。

  この体験をするときに、

  次の窓に移ります。

  ここでは、シンプルにみれば、

  次のような、二つの窓をみます。

  1.解決するための方法や、やり方をみる窓

  2.混乱する窓

◎ポイント

   自覚した後に、以下の二つのうち、どちらかの窓が現れます。

             → 方法を考える窓
   問題を自覚
             → 混乱する窓

      …(続き http://www.ysdc.net/index.php?pagename=blog01-367 )
          (目次 http://www.ysdc.net/page8.php )

☆参考に………………二つの窓

  心などの問題が大きいほど、

  その問題を解決したくなります。

  そのとき、次のような二つの窓があります。

◎解決したいから、どうしたらいいのかをみる窓

  この窓は、

  どうしたら問題解決をできるのかについて

  のコツや方法をみる窓となります。

  問題をみる窓 → 解決の方法をみる窓

◎立ち往生してしまう、あるいは、混乱の窓

  もう一つの窓は

  困った、どうしようという

  頭や心の状態に止まってしまう場合に

  現れる窓です。

  問題をみる窓 → 混乱の中でをみる窓

■============================■

心の悩みは、自己開発センターまで、ご相談下さい。

電話:045−314−0951

■============================■

1 2 3