Category Archives: 知ること、わかること

★悩みと癖について113(心と体の法則:調和性と自由性の働きと仕組み):自己開発センターで行っていること

今回のテーマは、我が儘な面に対する基本対処法の入り口です。

<続き>

                       <自己開発センター1>

                       <自己開発センター2 >

☆知ること、わかること ………………知的な理解、左脳のわかり方から

◎知るとき、わかるとき

  例えば、

  自分が油濃い中華料理を食べたいときに、

  一緒に出かけた友達は、

  お腹が弱く、中華料理の油濃いものが食べられないと知っていれば、

  自分の欲求を制御し、納得して、

  さっぱりした日本料理のお店に入ります。

  我が儘な人であっても、相手や場の状況や状態を知るほどに、

  その我が儘な程度は少なくなります。

◎ポイント

  相手や場の状況を深く知ること、理解できることで、

  我が儘さが少なくなります。

    ……………続き ( http://www.ysdc.net/index.php?pagename=blog01-278 )
            ( http://www.ysdc.net/page8.php )

☆相手や場がみえること………………心や右脳でのわかり方から

◎相手や場が、みえない場合

  相手の状態をみていない、みえない場合です。
  (もちろん、相手をよく知らない場合です)

  見知らぬ老人が、電車の座席で、何度も自分に寄りかかってきたとき、

  人によっては、ムカッとして、頭や心の中では、不快な怒りが起こり、

  その老人を反対側に押し倒してしまうかもしれません。

◎相手や場が、みえるとき

  もし、あなたは、想像力が豊で、

  その老人の体や顔色から、体の調子の悪さを見られれば、

  その行為、行動は、みえない場合と比べ、

  全く異なる態度、行動をとります。

  例えば、

  倒れかかってきた老人の顔色や表情を右脳(直感と想像)でみて、

  その体調の程度を左脳で、客観的にみることができるからです。

◎相手の状態をイメージできると

  このように、その相手の調子の悪さをイメージできるようになると、

  我が儘さは低下します。

☆ポイント………………………………ここでの”我が儘”対策のポイントを整理すると

◎基本対策は

  ”知ること”、”イメージができること”の二つが基本となります。

  その結果から、行動できるようにすることです。

◎具体的な基本体験では

  ・療法としては、イメージ(想像)のトレーニングを行うことです。

  ・日常生活の中で、

   さまざまな体験を行い、さまざまなことを知ることです。

  (生活体験が多いと、自分の我が儘に対応できるようになります)