Category Archives: 生活の中の気づきの例

★コーヒータイム:人の変わる一言ヒントについての解説26(サイコセラピーヨガと気づきの基本)

<続き>今回の内容も、生活の中の体験の一例です。

               <自己開発センター>

               <自己開発センター>

☆反応というメッセージ

◎夜更かしからの反応

  一般に、次の日には、さまざまな反応が起こりやすくなります。

  場合によっては、特徴が不快な反応になって現れることもあります。

  例えば、
  体がこわばっていたり、気力が出にくくなったり、

  あるいは、
  イライラしやすくなります。

  あるいは、
  吃音の方は、その吃音がひどくなったり、

  うつ状態が、翌日は大きくなったりします。

  自信がない方は、さらに自信が無くなり、

  力みやすい、興奮しやすい方は、

  さらに強い反応の出てくる場合もあります。

………続き( http://www.ysdc.net/?pagename=oldblog-181 )
( http://www.ysdc.net/page50.php )

 ◎反応はメッセージ

   これらの反応は、信号であり、メッセージです。

   この信号は、頭、心、体のアンバランスを知らせるものです。

   ですから、この信号の知らせる内容を満たしてあげる必要があります。

   例えば、睡眠を取る、生活のリズムを整えることです。

★コーヒータイム:人の変わる一言ヒントについての解説25(サイコセラピーヨガと気づきの基本)

<続き>今回の内容も、生活の中の体験の一例です。

                                     <自己開発センター>

                                      <自己開発センター>

☆生活の中にある体験………………気づきと汎化の日常生活の中への応用

 ◎夜更かしをしたとき、つづくとき…………次の日(当日含め)の気づき

  ここでは、夜更かしをしたときの例をみてみます。

  たまたま、
  テレビの面白い番組を見ていて夜更かしをしたときや、
  パソコン、ゲームなどに熱中し、夜更かしをしてしまったときです。

  あるいは、
  何となく、ズルズルと夜更かしをしてしまったときです。

 ◎夜更かしを体で感じること

  生活の乱れのあるとき、

  前屈のポーズを行うと、
  体のこわばりを自覚できます。

  この自覚を気づきにできると、

  頭(体、心)に信号が入ります。

  問題の解決できる方向に、潜在意識が働きはじめます。、

  つまり、
  頭(体や心)が動きやすくなります。

………続き( http://www.ysdc.net/?pagename=oldblog-180 )
( http://www.ysdc.net/page50.php )

 ◎気づきとは

  気づきとは、

  知っている→ わかる→ さらにできる

  状態になったときです。

 さらにいえば、

  体験が、体(頭、心)の知恵を働かせます。

また、

  気づきとは、

  「なんだ、そうだったのか」とわかり、

  そのための対策が立てられることです。