Category Archives: 無音、無言カウンセリング

母さんは超能力者、精神的な火事場の馬鹿力(子供の問題と無声カウンセリング6)

母さんは超能力者、精神的な火事場の馬鹿力(子供の問題と無声カウンセリング6)

 

<続き>
<親の知恵>

 

<親の精神面の馬鹿力です>

 

 

人は、いざというときに起こる特殊能力による力があります。

肉体的に言えば、”火事場の馬鹿力”のような働きです。

お祖母ちゃんが、火事だと聞くと、

50キロの重さの金庫を外に持ち出すことができるときなどです。
ここでは、身体の力でなく、

子供の問題の解決のための知恵の力です。

子供のいざという問題の起こっているとき、

精神的な精神科医より、カウンセラーよりも

母親のもっている子供の精神の問題を

変える馬鹿力(いざという時の知恵の力)があります。

 

 

母親は、子供の問題を自覚すると、

子供の問題の解決のための母親の知恵が引き出されます。

 

 

<親の知恵の現れない、現れにくいとき>

 

1.子供の問題のあることがわからないため(対策は問題の存在を自覚すること)

 

2.子供の問題をどうしたらいいのかわからないため(方法を自覚し対策たてる)

 

3.子供の問題以外に意識が向いてしまうため(整理すること)

 

4.知識の量の過多(頭に知識の過剰は捨てる、少なすぎは入れる)

 

5.親の頭や心の混乱の場合(心や頭の安定、静けさをつくる)

 

これらを整理して、対策を立てれば、その能力が現れやすくなります。

 

 

<ポイント>

 

必要な方向に意識の焦点を絞れないために、

親の能力が現れにくくなっているときです。

問題に焦点を絞れれば、問題は解決しやすくなります。

どうしても、

整理しにくければ、カウンセラーなどの力をちょっと借りることです。
<2つのブログ>

母さんは、超能力者(子供の問題と無音、無声カウンセリング4)

母さんは、超能力者(子供の問題と無音、無声カウンセリング4)

<他の前ブログ> http://ysdc.net/category/お茶ブログ/

 
<母さんの無音、無声カウンセリング>

 

子供がぐずりや泣くことが多いとき、

例えば、お母さんは、

子供が泣き止むまで、待っていると

その子供は、泣き止みます。

そのときの子供の中にある泣く必要がなくなるまで、待つことです。

その待つ時間は、

子供の心中で、何かが満たされるまでです。

 

 

<ポイント>

 

そのときにポイントがあります。

1.それが、母さんの呼吸です。

そのときに子供の求める母さんの呼吸は、

あえて言えば、そのときの母親のできる範囲の

子供への信頼感のあるときの呼吸です。

もちろんできる範囲でです。
2.そのときのお母さんの心の中の言葉は、

「だいじょうぶ」です。

ここで、何が大丈夫とか考えることなくです。

 

これだけです。

これだけで、お母さんの超能力が発揮されます。

 

これだけで、子供のトラウマが軽くなるか、消えやすくなります。

(上記体験を回数を繰り返すほど、効果的です。)

 
<ポイント2>

 

ここで大切なことは、当たり前のことですが、

子供が特別の病気でないことを動物的にわかることです。
<2つのブログ>