Category Archives: 感覚

★コーヒータイム:人の変わる一言ヒント110(自律神経失調症やうつ状態の長引く仕組み:呼吸モーションの基本)

今回のテーマも、知行合一です。
<続く>

                      <自己開発センター>

                      <自己開発センター >

☆今回のテーマ

  知ったことを行っていると、

    その良さをわかるようになり、

      うまくできるようになります。

◎例1:体験するとわかること:歩くこと

  Nさんは、体を動かすことがほとんどありませんでした。

  動くことの面倒くさがあったのです。

  体調や気分は、

  不調がつづいていました。

  心の問題を起こしている原因は、心だけではありません。

  彼は、”歩くことが体調や気分によい”と聞き、

  歩くことを一ヶ月間続けました。

………続き( http://www.ysdc.net/?pagename=oldblog-264 )
( http://www.ysdc.net/page50.php )

  その体験中に、

  とくに何も感じることがありませんでした。

  だれでも、仕事の忙しくなることがあります。

  彼は、その忙しさで、歩くことを一週間休みました。

  一週間がたち、仕事が一段落ついて、

  再び歩くことを始めました。

  今回は、歩くことの快や、後味を感じるようになりました。

  その頃から、体調のよくなる変化が現れたようです。

◎ポイント

  人がその良さを感じるとき、

  体験しないとわからないことがたくさんあります。

★コーヒータイム:人の変わる一言ヒント109(自律神経失調症やうつ状態の長引く仕組み:呼吸モーションの基本)

今回のテーマも、呼吸モーションの体験(アクビの体験と数の原理)です。
<続く>

                      <自己開発センター>

                      <自己開発センター >

☆今回の体験

◎アクビをしてみます

  「アクビをしながら、

     脚を伸ばし、手や肩の動きを自由にまかせてみます」

☆参考に…………わからない、うまくできないときの原因とその解決のための数の原理

◎反応の起こりにくい方

  身体反応や心理反応の

  起こりにくくなっている方です。

………続き( http://www.ysdc.net/?pagename=oldblog-263 )
( http://www.ysdc.net/page50.php )

◎感受性

  感じることの不得意な方、

  元々感じることの不得意な方の場合です。

◎ポイント…………数の原理から

  これらの全ての方は、体験を繰り返していると、

  わかり、できるようになります。

★コーヒータイム:人の変わる一言ヒント108(自律神経失調症やうつ状態の長引く仕組み:呼吸モーションの基本)

今回のテーマは、呼吸モーションの体験(アクビと手の自由な動きの体験)です。
<続く>

                      <自己開発センター>

                      <自己開発センター >

☆今回の体験

◎アクビをしてみます

  「アクビをしながら、

     手の動きを自由にまかせてみます」

☆ポイント

◎毎日行っていると、さまざまな体験ができます

  アクビや姿勢の変化をつくっていると、

  さまざまな体験ができます。

  例えば、

  ・仕事の合間であれば、眠気が覚める

  ・頭で考えることに行き詰まったときに、その気分が変化する

  ・その他

  このように、ちょっとした合間をつかって、

  この体験を活かすことができます。

◎基本的な効用

  生理的、心理的な気分転換となります。

  あるいは、心、体、頭の覚醒のための方法となります。

………続き( http://www.ysdc.net/?pagename=oldblog-262 )
( http://www.ysdc.net/page50.php )

☆体験しているちに快となる ………一般の人のアクビと後味

◎アクビをしても、何とも感じない場合

  アクビがうまくできない方や、

  生理的、心理的に、何も感じない、感じにくい方もいます。

◎繰り返すと

  このアクビの体験を何度か繰り返していくうちに、

  うまくできるようになり、その良さをわかるようになります。

  どんな場でもできるアクビのモーションでは、ありませんが。

  1人になったときに体験してみてください。

★コーヒータイム:人の変わる一言ヒント107(自律神経失調症やうつ状態の長引く仕組み:呼吸モーションの基本)

今回のテーマは、呼吸モーションの基本(アクビと快、不快の体験)です。
<続く>

                      <自己開発センター>

                      <自己開発センター >

☆今回の体験

◎アクビをしてみます

  「手を横、あるいは上に広げながら、

     アクビをしてみます」

☆体験するから、さらに快となる ………一般の人の認識の仕方と後味

◎アクビ

  一般に家事や作業のつづくとき、座った姿勢のつづくとき、

  アクビをすれば、気持ちの良いものです。

  また、

  朝起きたとき、

  仕事や家事で疲れたとき、

  等は、とくに気持ちのよいアクビをすることができます。

………続き( http://www.ysdc.net/?pagename=oldblog-261 )
( http://www.ysdc.net/page50.php )

☆参考に

◎快、不快

  アクビをうまくできる方は、アクビで、快を感じるようになります。

  何度もアクビの体験を繰り返していくと、

  そのアクビの良さが深まっていきます。

◎ポイント………………アクビと呼吸モーション

  アクビを半意識的に行うことを

  ここでは、呼吸モーションといいます。

★コーヒータイム:人の変わる一言ヒント106(自律神経失調症やうつ状態の長引く仕組み:サイコセラピーヨガと気づきの基本)

今回のテーマは、前屈と集中についてです。
<続く>

                      <自己開発センター>

                      <自己開発センター >

☆今回の体験

◎前屈をしてみます

  「気楽な呼吸に意識をむけて、

      前屈の姿勢をとっていきます」

☆やり方

◎前屈の基本

  前回と同様に、長座姿勢で行います。

◎慣れてきたら

  形をつくることや動きになれてきたら、

  呼吸に意識をむけて(集中して)前屈姿勢をつくります。

………続き( http://www.ysdc.net/?pagename=oldblog-260 )
( http://www.ysdc.net/page50.php )

☆体験結果は(体や心の動く準備)………快不快、思いは、いかがですか

◎快を感じる

◎不快さを感じる

◎快不快をとくに感じない

1 2 3