Category Archives: 感情など

★親子間の悩みと 役割の変化………ピッチャーとキャッチャータイプについて

今回のテーマは、人は相手や場によって変化します。                                    <自己開発センター>                                    <自己開発センター >☆人は、状況により陰となり、陽になる ◎本来ピッチャータイプ(陽)の方が、キャッチャー(陽)の役割をするとき   キャッチャーとピッチャーのタイプは、役割を変えることがあります。   例えば、よく話す人が、さらによく話す人の前になると、   聞き手になる場合などです。   また、   聞き手の人(キャッチャータイプ)は、   さらに無口の人の前では、ピッチャータイプになることもあります。   つまり、ピッチャーの人が、キャッチャーにも、   キャッチャーがピッチャーにもなるわけです。  ◎親子の関係で   本来、子供がピッチャータイプであっても、   親がより大きな陽タイプ、つまりピッチャータイプですと、   子供が、陰の状態、   つまり、キャッチャーの役割をすることになります。    この役割に慣れていない子供は、   より大きなストレスとなります。    (ピッチャータイプの人が、キャッチャーのポジションに立つと     身近な人が相手ですと、つらくなります。     その理由は、     相手にこうあるべきという期待が大きくなるからです)  ◎ポイント    人はいつも、あるいは、いつまでもピッチャータイプだけとか、   キャッチャータイプだけの役割では、すみません。    場や相手によって、   いつもと反対の役割をすることもあります。    この異なる役割に変わったとき、   この役割に慣れていなければ、    過剰なストレスになり、場合によっては悩みの固定となります。    この相手や場によって、   その役割の変化することが、一つの適応能力です。      この適応能力が十分でないとき、   場や相手によって、過剰適応や過小適応となり、   悩みやストレスが大きくなります。  ……………………続き ( http://www.ysdc.net/index.php?pagename=blog01-69 )                   (http://www.ysdc.net/ ) ☆精神的な幅 = 余裕 ◎幅とは余裕につながる  1.3リットルの水は、1リットルのペットボトルに入りませんが、  その水の量は、1.5リットルのペットボトルには入ります。  精神的な余裕、幅も、ストレスに対して同様なことが言えます。 ◎余裕のために、幅を広げる    日常的なストレスなどの対応能力をつくるには、   少し精神的な筋トレが必要です。  ◎具体的、精神的な筋トレ   幅を広げ、余裕をつくるためには、   ピッチャータイプの方は、キャッチャータイプの体験をすることです。   あるいは、キャッチャータイプの方は、   ピッチャータイプの体験をすることです。☆ポイント ◎用不用の法則が働く   楽なことは必要ですが、楽だけでは、その幅が狭くなります。   ”たまには負荷のかかるようなこともあってよい” が、   生活の中では必要です。