Category Archives: 悩みの解決法(療法)

★子供と母親の問題:陰陽と対立、葛藤について………マッチングとブロックと守破離

今回のテーマは、親とくに母親との葛藤と陰陽についてです。

                        <自己開発センター>

                        <自己開発センター>

母親(父親含め)は、特殊なクセや問題をもたない限り、一般の特性を持っています。
(何が特殊かの判断は難しいので、ここでは、病気でない場合としますが、
 その子供か親のどちらかの余裕により、分かれます。)

母の心や頭の使い方は、
その生きてきた時代や社会、
その国の文化に影響を受けています。

また、その人、固有の特性も、もっています。

性格や、パーソナリティのクセがあります。

さらに、
母親の精神的な悩みや問題のあることもあります。

さらに、
その子も、同様に、様々な特性をもっています。

(その母親と子供の相互に、固有の特性が、当然ながらあります。)

家族とは、
このような特性を持つもの同士が、さまざまな関わり合いをしています。

☆表面からみた対立の例

 ◎売り言葉に、買い言葉の関係

  親子の間で、売り言葉に買い言葉となって、
  いつまでも、親子関係の問題が解決しない場合があります。

  この関係は、対立の関係にはまっています。

 ◎対立の関係は、さまざまなことがわかること

  潜在意識のレベルでみれば、
  広い意味での戦いのエネルギーの交流で、そのために疲れるが、
  勢いになるための交流です。

  (当人同士は、勢いが出る、元気になると言われても冗談じゃないと
   思うかもしれませんが)

  さらに言えば、
  親子の間で、関心の広がり、欲の広がり、気を許すためなどで起こっています。

 ◎過去を振り返って今を知ると、何か見えてくるもの、気づくものが………………

  親を見れば、
  子供の誕生の直前、
  五体満足であれば、それ以上は何も要らないと、
  程度は別にして、思ったはずです。

  子供を見れば、
  幼児期に、お腹が空いたとき、泣いていると、

  ミルクを飲ませてもらい、オシャジでお粥を食べさせて
  もらっていたわけです。

  排尿排便は、親任せの時期を過ごしています。

  この体験は、潜在意識に記録されています。

 ◎対策1

  対立している時の対策は、
  この記憶を掘り起こすことも、一つの方法です。

 ◎対策2

  母親代わりになる人を探すことです。
  (象徴的な母ですから、女でも男でもいいわけです。)

  もちろん時期、期間を決めてです。

  ……………………続き ( http://www.ysdc.net/index.php?pagename=blog01-47 )
              (http://www.ysdc.net/ )

 ◎最後の手段は

  このような関係を潜在意識でわかっても、解決しない場合は、
  自分で考えることです。真剣に。

  これまで、真剣に考えてこなかったことが、
  たぶん、大きなひとつの原因です。

  (”真剣”にという言葉を本当にわかることです。 
   一般には、真剣にとは、考えられず、あれこれと思いや考えが浮かんでいることではあ)りません。)

  真剣に考えるときのご注意は:薬を飲んでいる方、心の不安定な方は、絶対に1人で行わないでください。

     心の深い問題の場合は、相談者を見つけ、
     相談しながら整理してみることです。

  以下は、その進め方の例えです

  1.これまで十分に考えているのであれば、
    相談者を見つけさらに考えてみることです

  2.その考えを少し寝かせてみます。
    寝かせるとは、その考えたことを、そのままほったらかしにします。

  3.出てきた結論であれば、
    その答えを大切にすることです。

 ◎対立の意味からみると

  対立は、心の熟すため、成長のためにあります。

  40歳になっても、50歳になっても、親と対立する人は、
  それだけ、熟し意欲や成長欲求が高いとも言えます。

★母親が嫌い:陰陽と対立、葛藤について………マッチングとブロックと守破離

今回のテーマは、親との葛藤と陰陽についてです。

                        <自己開発センター>

                        <自己開発センター>

今回は、とくに母親に対しての、

一般的で、シンプルな問題の対策の一例です。

例えば、
母親に対する怒りが続くようであり、

その怒りがシンプルであれば、
次のような対策方法があります。

☆準備体験………………具体的な一例

 ◎準備体験として:最初に、話してみる………母親に対する怒りについて

  友達でも、カウンセラーでも良いので、
  話を聞いてくれる人に、その怒りに関することを話してみることです。

  このとき、大切なことは、
  あまり適切な答えを得ようとしないことです。

  それは、

  話しているうちに、何となく納得できるような答えが、
  自らの中から現れるからです。

  この準備で、簡単な問題は解決することがあります。

☆体験2:次に、具体的な方法を行う

 ◎感情を整える力を身につける

   まず最初は、以下のような体験で、不快感情を整えることです。

   1.身体を整える

   2.気分を整える力を育てる

   3.頭で理解できる能力を高める(学校というより、生活の中の勉強力です)

   4.心を整える能力を育てる

   

   感情が整い、落ち着いてきたら、次のような体験を行います。

   (逆に、次の生活の中の体験の後に、ここでの体験をしても良い)

 ◎生活の中から

   具体的な方法は、無限にあります。

   例えば、基本的な生活の中であれば、

1.呼吸を整える

   2.運動を十分に行う

   3.睡眠をとる

   

☆陰陽的にみる例:中心をみるための準備の例

  ……… (内なる母親と自分との対立に対して、陰陽からみられるようになるため例)

 ここでは、怒りを整えて、その中心を見られるようにする準備体験でもあります。

 ◎身体部位からみる

  例えば、身体部位であれば
  背部に怒りの身体部位の空間がありますので、それらを整えていきます。

 ◎心理面からみる:気分レベル:

  ここでは、怒りの記録されている体、頭から、心をほどきます。

  怒りの場面の問題を整理することと、
  不快な気分的、感情的なところを癒すことです。

 ◎頭で理解すること………………知的な面を中心にして、みる

  母親と自分の両者の間にある対立を陰陽的に見ていきます。

  (良いとか悪いとかは、対立になりますので、ここでの中心になりません)

  (ご注意:ここでは、あくまで一般的な母親についてみていきます。)

  母親が、子供に対する考えの根底に、

  「母親の基本的な心は、子供が幸福になって欲しいと思っている」

  という考えがあります。(ここでの前提です)

  まず、この言葉を、知的に理解できるようにすることです。

  理解できなければ、次に進みます。

  進んだ後に、もう一度戻って、この知的な言葉を見てみます。

  ……………………続き ( http://www.ysdc.net/index.php?pagename=blog01-46 )
              (http://www.ysdc.net/ )

 ◎翻訳できること
  (翻訳についての参考に:http://ameblo.jp/harmonym/day-20120324.html)

  さらに深問題の場合であれば、

  次に、ここで言うキーワードの

  「母親の基本的な心は、子供が幸福になって欲しいと思っている」

  という言葉をわかること、翻訳をできるようにすることです。

  そのためには、次のさらに体験があります。

  (長い時間が必要な場合もありますが、時間が解決することもあります)

 ◎内なる変化が、相手をさらに変化させる………………心の中心として

     ………体、頭、心の中にある両者の調和点を整える

    このキーワードの部分が、内なる母親と自分とのつながり点であり、
    中心点となります。

   この中心点をにみていくと、

    母親と自分との間の対立点は、
    ほどけ、調和点に移動します。

“この中心を見られるようになることで、

  対立のステージから、対立のないステージに移動することに
  なります。

<続く>

★好きだけれど、嫌い:陰陽と対立、葛藤について…………………マッチングとブロックと守破離

今回のテーマは、陰陽と葛藤についてです。

内容は、少し理屈っぽくなりますので、

サラーッと読み飛ばすつもりで読んでください。

                        <自己開発センター>

                        <自己開発センター>

人は、葛藤を起こしているとき、

頭や心の中に、
対立し、戦う二つの考えや思いがあります。

例えば、
親と関わりが良くないなどの場合です。

このような場合、

親に対して、
自分の中(頭や心、体)に、

受容と拒否の二人の自分が存在します。

つまり、
対立している考えや思いがあります。

(拒否と対立のエネルギーが、働いています)

ところが、
陰陽から見ると、
対立しない位置から見るようになります。

ここで、
陰陽などを整理すると、
次のように見ることができます。

☆対立する見方

 ◎見方
  相反する特性を持ち、方向が反対の場合は、戦いとなります。

 ◎例
  右に行く必要のあるときに、左に行きたい場合
  (両者を大切にしたいとき)です。

  両者は、方向が相反するので、
  頭や心の葛藤が起こりやすくなります。

  一方を切り捨ててしまっても、
  葛藤が残ります。

☆陰陽からの見方

 ◎見方
  相反する特性は、対立するものではなく、
  調和するもの、バランスをとるものです。

  両方の必要性をわかり、大切にします。

 ◎例

  左右に行きたいとき、両者の必要性をわかり、

  次に、
  必要性と内なる納得の

  両者を大切にします。
  

  ここで、
  両者を大切にするための単純なやり方は、
  時間をずらして両方を行うことです。

  これが、シンプルな両者を大切にする方法です。

  この両者を同じように大切にしていくことが、
  陰陽の基本の考え方です。

 ◎ポイント

  さらに言えば、陰陽からの見方は、

  両者を対立しない位置おくこと、
  あるいは、対立しない位置から見ることです。

  これをできるようにしていくことが、陰陽の考え方になります。

  ……………………続き ( http://www.ysdc.net/index.php?pagename=blog01-45 )
              (http://www.ysdc.net/ )

☆対立の少ない、対立のない位置の例

   …………陰陽的な見方をできるようにするために

 ◎対立しているステージから、対立のないステージに移動すること

 ◎例:中心をみること、中心からみること

  * 前回の例であれば、痛みの中心が見られるようになることです。
    (わからない人は、体験しないでください)

  * 行うことの順序が問題であれば、その時間を中心にみることです。

  * 心の安定をはかりたいとき、
    身体上からみれば、
    例えば、丹田を中心にみる、することです。

  * 人との関わりから起こるものであれば、
    その位置や必要性を見ることです。

    (その位置や必要性が、中心となります。)

 親との葛藤も、ここでの問題の解決するひとつの方向になります。

 このことについては、次回に続きます。

★身体的な痛みの解消法:対立から起こる痛みの解消:陰陽と意識の認識療法……………………マッチングとブロックと守破離

今回のテーマは、
対立からの痛みとその陰陽的な解決法です。

頭や心、体が対立すると、異常感が起こります。

そこで、この対立したところを整える方法を解説いたします。

                              <自己開発センター>

                              <自己開発センター>

☆痛みの解消と陰陽

陰陽的な解決の方法は、

ひと言で言えば、

対立のないステージに、意識を移動することです。

そうすると身体の異常感も消えてきます。

  もちろん、全てに対して、異常感を解消しようとするのは間違いです。

  症状などの問題が、対立によって起こる場合の問題解決法です。

 <ご注意>

     1:ここで言う異常感の解消は、
        外科的問題や他の病気で起こる場合を除きます。

        長年同じ異常感があり、安定しているものは、この方法を行う範囲に入っていますが、
        過剰に気にしやすい人は、体験をしないで下さい。

     2:精神的に乱れの大きい方や薬を飲んでいる方は、
       理屈を知るだけにして、体験をしないで下さい。

     3:この体験は、コツが必要ですから、
        自分で行う場合は、自己責任で行ってください。

  <ポイント>

   この解決法を繰り返すと、

   心理面や精神面につながる問題の解決にも役に立つようになります。

☆対策例………………痛みの解消と陰陽的な解決の方法

痛みのあるときに、頭や心の中で、

その痛みを無くしたい、でも無くならないと、
葛藤を起こしている場合の例です。

   痛みを解消したい →|← でも、その痛みは、無くならない

この場合、頭や心、体が、対立する思いや考えの中にあり、
戦っているために、

そのままでは、その痛みを解消できない場合があります。

このようなときに、
異常感解決のヒントを提供することが、
今回のテーマです。

例えば、Nさんの場合です。

Nさんは、手首の痛みがありました。

「その手首をみて下さい」と、
私がNさんに話すと、

Nさんは、「かえって痛みが大きくなるので、できません」
と答えが返ってきました。

「みるテストのつもりでやってみてください。」
と話し、何とか体験してもらいました。

すると、その痛みは、ほとんど消えてしまいました。

次は、この原理を簡単にお話しします。

  ……………………続き ( http://www.ysdc.net/index.php?pagename=blog01-44 )
              (http://www.ysdc.net/ )

この原理は、
実はさまざまな面から見ることはできますが、

今回は、対立する部分から意識の離れる方法としてみてみます。

 痛みのある身体部位に意識を向ける → より痛みが増す

 と、人は一般に思いこんでいます。

 これは、対立する不安などの乱れた感情部分に意識を向けるので、
 その痛みの現れるのは、当然です。

純粋に、その中心部位に意識が向けば、異常感は消えてしまいます。

例えば、

  痛みに意識を向ける→ 「もっと痛くなる、ひどくなったらどうしよう」

       という感情的な部分に意識を向けていました。

これでは、頭や心、体の中で、

痛みの「ある」という部分と「無くしたい、でもなくならない」という

対立する戦いの部分に
感情的な意識が向き、
その痛みの働きを高めてしまいます。

    痛みがある →|← 痛みを無くしたい

そこで、
その痛みのある部位の中心に
意識を(純粋に)向けると、

(痛みからの感情の乱れから起こる)
戦いの部分から意識がはなれます。

そうすると、結果として、その痛みは消えてきます。

☆整理すると

その痛みの中心の部位(これが大切)
をみることです。

(不安になったらすぐに止めてください)

そうすると、
その対立から対立のないステージに
意識が変化し、
次のステージで、痛みは消えてきます。

(この具体的な理由は、後日ご説明します)

★好きだけれど、嫌い:陰陽と対立と葛藤について…………………マッチングとブロックと守破離

今回のテーマは、陰陽と葛藤についてです。

                        <自己開発センター>

                        <自己開発センター>

親子の間に起こる葛藤の問題は、

心の大きな問題としてあります。

当然ですが、
子供が、親に対してもつ、葛藤です。

   (葛藤とは、対立した感情や考えが、
    内や外にあるとき、起こる頭や心の一種の問題です)

もちろん、
葛藤の程度の差は、

それぞれの方によって異なりますが。

☆基本は………………………受け入れたい、でも受け入れられない葛藤

子供の中に、二つの基本的な考えや思いが出てきます。

  ◎親を受け入れたい

   親を受け入れたい、
   受け入れるべきだと言う考えや思いをもちます。

 もう一方で、

  ◎受け入れられない

   現実の親を見ていると、
   その親を受け入れられないなどの思いや考えが出てきます。

このときに、
子供の頭や心に、具体的に浮かぶものは、

例えば、以下のようなものがあります。

☆現実に浮かび考えてしまう思いや感情は

  ◎現実の過去や現在の親を見て、感じ、思っている親………………嫌な親

   例えば、
      ・愚痴が多く、否定的なことをたびたび口にする親を見て、
       子供がうんざりするなど

      ・妹や弟の面倒ばかり見ていることが、気になっていた等

      ・その結果、自分が無視されていたように感じるなど

      ・そのために、嫌いな親のイメージや観念などをもっている

  ◎自分の望む親や理想の親………………好きな親

   例えば、
      ・いざとなれば、いつでも助けてくれる頼りがいのある親

       (子供の望む理想の親像が心や頭、体の中にある)

       (また、この部分は、いざとならないとわからないことも多い)

      ・困ったことは、良く聞いてくれる親であって欲しい

      ・さみしいときは、そばにいてくれる親であって欲しい

   これらが、好きな親の理想的なイメージや観念の例です。

<ポイント>

  この葛藤は、

  単に心や頭から整えて、変える方法だけでなく、

  身体からも解決する方法があります。

  ……………………続き ( http://www.ysdc.net/index.php?pagename=blog01-43 )
              (http://www.ysdc.net/ )

上記の二つの間(頭や心の中)にあるギャップから
葛藤を起こします。

二つの考えが、常に浮かんでいれば、
心や頭、体が疲れ果ててしまう人もでてきます。

次は、
葛藤からの問題の解決の例です。

☆例………………葛藤と呼吸

Jさんは、
親が、小さい頃より、自分に対して、無視していたと、
感じていました。

その時の言葉が思い浮かぶと、悲しくなってきていました。

その言葉は、「あんたは1人でもやれるから」で、
母親は、妹たちの面倒を見ていたそうです。

Jさんは、
親が、自分に対して、もっと関心を持って欲しかったのにです。

それを思い出すだけで、苦しくなっていました。

そこで、胸部のバランスをとり、呼吸が楽になると、

それまで、昔の親との関わりを思い出すだけで、

悲しくなっていた自分の姿が消えてきました。

一般には、
人の葛藤からの問題は、心や頭の問題と考えていますが、

単に心だけとか、頭だけの問題はほとんどありません。

呼吸や体からも変化するわけです。

今回の例の対策は、
ヨガ催眠法の呼吸を活用して行った例です。

1 2 3