Category Archives: パニック、パニック障害

社会生活をうまく送れようになりたいとき(人格転換法)

サイコセラピーヨガ&気催眠法
<仕事ができない、でも、できるようになりました>
「後輩に仕事を教える立場になりました」

 

 

数日前に、

受講生からの電話で、

後輩を仕事で教える立場になりました、と連絡が入りました。

Bさんは、最初は、全く仕事ができず、

パニック状態、うつ状態になり、

センターで体験をはじめました。
彼は、癒やしくつろぎを深め、仕事中のパニックがほどけて、

仕事だけでなく、生活や人生の先を考える余裕が出てきました。

彼は、前に進む生活の自信が出てきたようです。

 

 

 

<ポイント1>

 

親も安心をしてくれたそうです。

子供が、
うまく社会生活を送れるかどうかわからないとき、
親の最後の大きな心配です。

このようなとき、

多くの親が考えるのは、親がいなくなっても、
生活を送れるのだろうかという不安です。
<ポイント2>

 

彼の場合は、

悩みの解決のための基本訓練は、

自己催眠法でした。
具体的には、
心身のほどき、くつろぎのため、あるいは心の静けさをつくるために

自己催眠法を行いました。

 
「問題が解決して、よかったね、おめでとうBさん」

 

 

 

<ポイント3>

 

今回の問題は、

慣れない仕事で、とくに作業的な場合の例で、

パニックになってしまう人の場合です。

このような場合は、
作業の手順が、頭で、過剰反応をしてしまうためにパニック的になります。

 

 

 

<基本対策>

 

 

その対策は、

1.とにかく、焦らない、慌てずにいられる体験を繰り返すことです。

 

 

どうしてもうまくいかないときは、

2.先輩のやり方を見ることです。
時間がかかってよしのつもりで、覚えていくつもりです。

 

 

3.体験をうまくいく方法を身につける

 

 

とにかく、
落ち着く、頭の静けさを体験できるようにすることです。

わかるけどできない人は、

その体験のできるところで、

体験をしてみることです。

 

 

 

<ポイント>コツは

 

 

どうしてもうまくいかない人は、
英語を習い時は、最初は、英語の塾に通うことと同じと考えることです。
これは、方法を習うことと同じです。

他の人が一般にできることであれば、

習えば、時間がかけていけば、必ずできるようになります。
<ポイント>…安心のために

外国人は、日本語は難しいと言います。

でも、全ての日本人は、日本語はスムーズに話せるようになります。

 

 

<2つのブログ>