Category Archives: 心の悩みについて

★コーヒータイム:人の変わる一言ヒント83(自律神経失調症やうつ状態の長引く仕組み:サイコセラピーヨガと気づきの基本)

今回のテーマは、価値観の探し方です。
<続く>

                      <自己開発センター>

                      <自己開発センター >

☆良さの探し方2………不自由さの体験からみる

◎前回に続き、第二段階の体験をしてみる

  「利き腕と反対の手で箸やスプーンを使い、食事をしてみる」

  です。

………続き( http://www.ysdc.net/?pagename=oldblog-238 )
( http://www.ysdc.net/page50.php )

☆第二段階の:不自由さの体験の後の体験

◎第一体験:今回の体験で感じたり思うことは

  ・当たり前と思う

  ・利き腕の良さを感じる

  ・利き腕を使えない不快さを感じる

◎第二体験:しみじみとみます

  呼吸と心を整えて、
  感じたこと、思ったたことをしみじみとみてみます

◎ポイント………………第二体験の例

  例えば、”利き腕の良さ”のある方は、その良さをしみじみとみてみます。

  あるいは、”利き腕を使えない不快さを感じる”場合、

  その腕をしみじみとみます。

★コーヒータイム:人の変わる一言ヒント82(自律神経失調症やうつ状態の長引く仕組み:サイコセラピーヨガと気づきの基本)

今回のテーマは、価値観の探し方です。
<続く>

                      <自己開発センター>

                      <自己開発センター >

☆良さの探し方………不自由さの体験からみる

◎ちょっと体験してみます

  今回の体験は、

  利き腕をケガで使えなくなったときを想定して、

  「右利きの人は左手で箸やスプーンを使い、食事をしてみる」

  です。

………続き( http://www.ysdc.net/?pagename=oldblog-237 )
( http://www.ysdc.net/page50.php )

☆不自由さの体験の後の体験

◎今回の体験で感じたり思うことは

  ・当たり前と思う

  ・利き腕の良さを感じる、思う

  ・利き腕を使えない不快さを感じ、思う

◎参考に

  当たり前のこと、普通の体験のとき、

  一般の私たちの意識は、

  何気なく通り過ぎてしまいます。

  ところが、いつもと異なる体験をしたときに、

  感じるとか、気づく、わかったという

  意識の働きが起こります。

★コーヒータイム:人の変わる一言ヒント81(自律神経失調症やうつ状態の長引く仕組み:サイコセラピーヨガと気づきの基本)

今回のテーマは、価値観の探し方です。
<続く>

                      <自己開発センター>

                      <自己開発センター >

☆価値あるもの探し方

◎例えば:探し方

  見えていた目が、急に見えなくなったとき、

  人は、不自由になりますし、不安になります。

  有るものを無いとして生活してみると、

  その価値がわかるようになります。

………続き( http://www.ysdc.net/?pagename=oldblog-236 )
( http://www.ysdc.net/page50.php )

☆実体験の例………目隠しをして家の中を歩いてみる

◎具体的なやり方

  1:目隠しをします。

  2:立位姿勢で、その姿勢をぐるりと一回まわます。

  3:次に、部屋の中を歩いてみます。

◎ポイント

  目の見えるときと、みえないときの

  良さ悪さの実感を体験します。

  目の見えることの良さを実感すると、

  見えることの価値は高まります。

◎ご注意

  絶対に危険の無いように、部屋をある程度片付けて行います。

★コーヒータイム:人の変わる一言ヒント80(自律神経失調症やうつ状態の長引く仕組み:サイコセラピーヨガと気づきの基本)

今回のテーマは、価値観の変化で、悩みが変化するです。
<続く>

                      <自己開発センター>

                      <自己開発センター >

☆価値を探すために………………価値観が変わるために

◎自分の持っているものの中に探すこと

  ・自分のできること、わかることの中にあります

  ・いつもやっていることの中にあります

    行っていることが普通であることの中にあります

  ・当たり前のことの中にあります。

………続き( http://www.ysdc.net/?pagename=oldblog-235 )
( http://www.ysdc.net/page50.php )

◎当たり前のことの中にある価値は

  ”存在すること、あることが当たり前”と思っていることが消えると、

  人は、ビックリしたり、ショックを受け、

  その存在の大きさを感じます。

  例えば、歩けなくなると、その歩けることの良さ、便利さを実感します。

  急に、友人がいなくなるとか、両親が亡くなるなども同様です。

  いつも、存在して当たり前、できて当たり前のことの中に、

  価値あるものがあります。

  これらは、当たり前といえば当たり前のことですが、

  素朴に、当たり前の中に、価値がわかると、

  人は、変わってきます。

  例えば、心の悩みが軽くなるとか、消えてくるとかです。

◎母親を思い浮かべることで、体の痛みが変化する例

  Dさんは、体の痛みがあるとき、

  亡くなったお母さんを思い浮かべるだけで、その痛みが消えてしまいました。

  (これは、人により異なりますし、一時的に反応を強めることもあります)

  母親は、人の心や体を変化させてくれる存在でもあります。

★コーヒータイム:人の変わる一言ヒント79(内観法の吉本先生の思いで)

今回のテーマは、内観法の吉本伊信先生とオナラの思い出です。
<続く>

                      <自己開発センター>

                      <自己開発センター >

☆オナラで、体験したことを思い出しました

  昨日、オナラの話を書いているうちに、

  内観法創始者の故、吉本伊信先生を思い出しました。

  私が、数十年前のお正月に、

  奈良にある内観道場に、おうかがいしたときのことです。

  道場におうかがいすると、すぐに先生に呼ばれ、

  お部屋にはいると、

  そこは八畳くらいの部屋で、真ん中にこたつがありました。

  部屋には、吉本先生と、奥様がこたつに入っていました。

  「鈴木君、こたつに入りなさい」。

  「ミカンを食べなさい」と、ちょっと高い声で話した後、

  ぶーっとオナラを一発。

  部屋の空気が、ほどけるように変わりました。

  (体の調子から、オナラが出やすくなっていたそうです。)

  きさくで、飾らずに、ほぐれる吉本先生とお部屋でした。

………続き( http://www.ysdc.net/?pagename=oldblog-234 )
( http://www.ysdc.net/page50.php )

☆ポイント

  内観法とは、吉本先生が禅の研究からつくられた、

  一種の自己開発法です。

  この方法は、日本でつくられた心理療法、自己開発法で、

  日本発の世界的に有名な二つの方法がありますが、そのうちのひとつです。

  進め方は、

  人の内にある両親(中心)との関わりをみることを通じて、

  自己開発を行っていきます。

  心理学的にも、親、とくに母親は、

  その人の心の中に占める割合は、大きいものです。

1 2 3