Category Archives: バランス、調和、偏り

超感覚能力とバランス14(カウンセリングの極意:触媒の能力を使えるとき)

超感覚能力とバランス14(カウンセリングの極意:触媒の能力を使えるとき)
<ポイント:持てる特性を活かすために>

 

 

物質の触媒と同じように、

Bさんの触媒能力を活かし、有効にするには、

Bさんのもつ能力は、さらに活かすためには、

心、頭、体などの幅の広がりを必要とします。
さらに言えば、

Bさんが納得し、満足し、生活を送るには、

能力のバランスを取ることです。

 

 

 

<Bさんの気づきの能力を高める>

Bさんが、バランスを取るために、

コツがあります。

 

その基本は、

持っていない能力を高めることです。
ここでは、簡単に言えば、

Bさんは、”普通の能力”を高める必要があります。

次回に、バランスをとる具体的な解説をします。
Bさんのような能力を持つ方が、

悩みをもつときです。
当然のことですが、

現在何の問題がなければ、

そのままでもいいわけです。

 

 

<ポイント>

全ての人は、何かの能力を持ち、長所を持っています。

ただ、そのポイントは、能力を使いこなしているかどうかだけです。
<次回に続く>

 

 

<2つのブログ>

超感覚能力とバランス 2

超感覚能力とバランス 2

 

前回の続き

 
<倍賞智恵子さんをわかる>

 

私が、日常生活の話をしているとき、

 
”学生時代”という歌が、頭に浮かんでいました。

 

私が、

 
「えーと、あれ誰だっけかな」、

 

ある二十代の女性に聞きました。

 
その後に、彼女は、

 

「倍賞千恵子さんでしょう」と、

 

答えてくれました。

 
<話し手さえ頭のはっきりしないことをわかる>

 

私の頭の中は、
歌がぼんやりと浮かんでいただけです。

 

でも、
彼女にはわかるんですね。

 

 

相手の言いたい言葉をわかる。

 

 

また、

 

聞き手の私さえはっきりしないことを

 
わかってしまう、

 

「びっくりぽん」ですね。

 

 

<体のこり>

 

さらに、「私は、今ここに、何を望んでいますか」、

 
と聞くと、

 

 

彼女は、「あなたは、右の肩こりを自覚して、

 
”肩をほぐしたい”と望んでいます」だそうです。

 

 

もちろん、彼女は整体の超ベテランではありません。

 

 

当センターにも、

 

このような能力を持った方が、いるんですね。

 
<2つのブログ>

バランスというものの見方5<自然なバランスの取り方>

<寝相とバランス>

 

人間は、

寝相で、体のバランスを無意識に取っています。

 
体が、寝相で自由に動くことは、大事です。

 
人は、意識的にも、無意識的にも、

 

動くことと、

動かず休むこと

 

 

の両者のバランスは、

 

大切です。

 

 
<ポイント>

 

昔は、

 

「元気のある子ほど、寝相が悪い」

 

とよく言われました。

 

身体のバランスのとる働きが

起こるからです。

 

 

<参考に>

 

当センターでは、

ハーモニーモーションと言う方法があります。

 

自由な動き、自然な動きをつくることを

ベースにした方法があります。

 

 

<2つのブログ>