Category Archives: 存在の肯定

ドラマの”ウロボロス”とカウンセリングの極意1

ドラマの”ウロボロス”とカウンセリングの極意1

少年(小栗旬さんの幼少時)と

先生(広末涼子さんの演じる)が登場する

ドラマの主役の幼少期の一部です。
ドラマの内容は、

何らかの理由で、

面倒見る親のいない子供たちの収容施設にいるときの話です。

 

少年が、大人になって連想する場面です。
ここでの内容は、

私が思い出せる範囲で、書いてあります。

 

 

 

<認められたいこと>
収容施設から逃げ出そうとする少年の場面です。
場面は、

逃げ出す少年と、

その少年の面倒をみる先生が後を追いかけます。

 
<ただ歩く、ただついていく>

 

少年は、道をどこまでも歩いていきます。

先生は、少年の後ろに、ついていきます。

少年は、先生に言います。

「どこまでついてくるの」
先生は言います。

「どこへ行ってもいいよ。後ろからついていくだけだから」

先生は、ただ後に、ついていきます。

少年は、気分に任せてただ歩いていきます。

先生は その後にただついて行くだけです。

 
<次回に続く>

 
<2つのブログ>