Category Archives: 催眠法

社会生活をなんとかうまく送りたいとき:被害妄想気味(人格転換法とは4)

 

<Eさんの毎日の生活>

Eさんの毎日の生活は、

勤め先のお店で、同僚だけでなく、来訪するお客に対して

挨拶ができず、つらい日々を送っていました。

彼の心は、お店で、緊張と恐れで、”針のむしろに乗っている”気分でした。
Eさんは、こんな状態が続き、当たり前のことですが、
ちょっと、被害妄想ぎみになっきていました。

Eさんは、

「おまえは無能者」と言われている感じで、
ちょっと、被害妄想気味になっていました。

こんな気分の中で、センターで体験を始めました。

 

<Eさんの状態は>

1.現在、心身の疲れが大きいこと

2.恐れ、不安、緊張で動悸があること

3.その恐れと緊張が大きいために、声が出ないこと、

その結果、当然として、挨拶できないこと。
4.被害妄想気でであること

5.挨拶できないことに対して、

ストレスが余計にたまってきていること

 

 

<人格転換法とは>

ここで今現在、これまでの新しい自分になるための方法です。

全てが変わるのでなく、

自分にとって変わりたい部分の特性を変える方法です。

例えば、

緊張している部分をリラックスできる自分となることです。

広い意味では学習をしていきます。

 

 

<EさんのモデルはFさん>

Fさんは、

Eさんにとって仕事上の理想の上司であり、モデルです。
このFさんをモデルに決めて、体験を行いました。

 

 

<ポイント>

人は、

潜在意識にこのモデルをつくり、

その話し方や行為行動を身につけています。
<人格転換法のやり方>

Eさんは、軽い催眠状態に入り、

Fさんと同調体験をしていきます。

Eさんは、Fさんになりきります。

この体験を繰り返し、

Fさんの特性を身につけていくことができます。
<体験の結果は>

結論が言えば、この体験の繰り返しで、

心理的な問題は、解決しました。

被害妄想的な状態も、

過剰な緊張もなくなりました。

 
<2つのブログ>

社会生活をうまく送れようになりたいとき(人格転換法)

サイコセラピーヨガ&気催眠法
<仕事ができない、でも、できるようになりました>
「後輩に仕事を教える立場になりました」

 

 

数日前に、

受講生からの電話で、

後輩を仕事で教える立場になりました、と連絡が入りました。

Bさんは、最初は、全く仕事ができず、

パニック状態、うつ状態になり、

センターで体験をはじめました。
彼は、癒やしくつろぎを深め、仕事中のパニックがほどけて、

仕事だけでなく、生活や人生の先を考える余裕が出てきました。

彼は、前に進む生活の自信が出てきたようです。

 

 

 

<ポイント1>

 

親も安心をしてくれたそうです。

子供が、
うまく社会生活を送れるかどうかわからないとき、
親の最後の大きな心配です。

このようなとき、

多くの親が考えるのは、親がいなくなっても、
生活を送れるのだろうかという不安です。
<ポイント2>

 

彼の場合は、

悩みの解決のための基本訓練は、

自己催眠法でした。
具体的には、
心身のほどき、くつろぎのため、あるいは心の静けさをつくるために

自己催眠法を行いました。

 
「問題が解決して、よかったね、おめでとうBさん」

 

 

 

<ポイント3>

 

今回の問題は、

慣れない仕事で、とくに作業的な場合の例で、

パニックになってしまう人の場合です。

このような場合は、
作業の手順が、頭で、過剰反応をしてしまうためにパニック的になります。

 

 

 

<基本対策>

 

 

その対策は、

1.とにかく、焦らない、慌てずにいられる体験を繰り返すことです。

 

 

どうしてもうまくいかないときは、

2.先輩のやり方を見ることです。
時間がかかってよしのつもりで、覚えていくつもりです。

 

 

3.体験をうまくいく方法を身につける

 

 

とにかく、
落ち着く、頭の静けさを体験できるようにすることです。

わかるけどできない人は、

その体験のできるところで、

体験をしてみることです。

 

 

 

<ポイント>コツは

 

 

どうしてもうまくいかない人は、
英語を習い時は、最初は、英語の塾に通うことと同じと考えることです。
これは、方法を習うことと同じです。

他の人が一般にできることであれば、

習えば、時間がかけていけば、必ずできるようになります。
<ポイント>…安心のために

外国人は、日本語は難しいと言います。

でも、全ての日本人は、日本語はスムーズに話せるようになります。

 

 

<2つのブログ>

不安、緊張、自信欠如の解決法(能力開発 自己開発 人格転換法)

< 自信がない場合>

 

不安や緊張で”自信が無い”、

その結果、憂うつ感などのあるときです。

不安や緊張を解消したいとき、

その自信をつける方法は、さまざまあります。

ここでの方法は、その中の1つです。

 

 

<対策>

 

具体的には、自信のある人をモデルにします。

あなたが、

自信のある人の心理、精神面を、身につけることです。
具体的には、

自己催眠法などを応用します。
この方法で、自信を持てるようにします。

 
<自己イメージ>

 

人は、自信の無いときは、

心や頭に、”自信の無い自己イメージ”、があります。

<Aさんを自己のモデルにする>
具体的には、

自分のもつ”自信の無い自己イメージ”に対して

”自信の持つAさん(モデル)のイメージ”

を転写します。
このAさんのイメージを

自己の内に持てるようにしていきす。

 

 

<解決法>

 

この自信の無い自己像に対して、

自己催眠法を活用して、

自信のある自己像に転換します。

 

 

<ポイント>

 

ここでの方法は、人格転換法とも言います。

自己の変わりたいところがあれば、

その特性を持つ人をモデルにします。

そのモデルになる人を決め、

そのモデルになる人の持つところを自分に転写すること、です。

それによって、モデルとなる人の能力を自分のものにする方法です。

いってみれば、モデルとはあなたの師匠となり、

あなたの望む特性や能力を授けてもらう人です。

 
<2つのブログ>

サイコセラピーヨガ&気催眠法21(不眠の対策、自己催眠のコツ)

 

 

【不眠に対する催眠法のコツ】

 

 

サイコセラピー(心理療法)からみると、
催眠の効率のよい効用には、コツがあります。

例えば、

以下のようなことがあります。

<コツ:生物の特性を活かす>

朝から晩まで寝ていれば、

人間の心身は、眠る必要性がありません。

つまり、眠りにくくなります。

ここでは、眠れやすくするには、

睡眠を取る必要性をつくります。

 

 

例えば、

 

その1:睡眠の取り過ぎの場合、
睡眠を少なくすれば、眠りを取りやすくなります。

 

 

その2:昼夜などの時間的リズムの乱れの場合、
この乱れを整えれば、眠りを取りやすくなります。

 

 

その3:気分のよい身体疲労をつくる
不快とならない程度の、
身体の疲労をつくります。

 

 

その4:さらに、カウンセリング的なものを行うことです。

 

 

 

<ポイント1>

不眠の軽い問題であれば、催眠法のみで解決します。

 

 

 

<ポイント2>

ちょっと問題が大きければ、上記の1から4の体験で、

眠れないことのこだわりをほどくことです。

その結果、鬱的、興奮などの状態を少し下げることです。

このような体験で、催眠の効用を得られる準備が行われます。

 

 

 

<2つのブログ>

催眠について5 (お寺の建物の造りとトランス状態)………………生活の中にあるトランス状態

今回は、催眠状態に関連する「意識の狭窄状態」についてです。

             <自己開発センター1>

             <自己開発センター2>

今回のテーマは、
催眠状態に関連する「意識の狭窄状態」についてです。

あるお寺におじゃましたとき、

その寺のお坊さんにお話を聞かせていただいたことがあります。

その内容は、
お寺の建物についてでした。

お坊さんによると、

寺の建物は、
少し薄暗く、音は響きやすくなっているそうです。

たしかに、お寺の本堂は、明るくありませんし、

お経を聞いているとき、お坊さんの声は響きます。

人は、その建物の中で、単調なモクギョウの音を聞いているとき、

意識の特殊状態に入ります。

このような条件の中では、

人は、トランス状態(一種の催眠状態)に入ります。

このような意識の中に入っていると、さまざまな心理効果があります。

例えば、

  ◎心が癒される

   心身の疲れが解消され、
   頭のスッキリすることが、体験できる

   場合によっては、眠くなる(心身がゆるむため)

  ◎非日常的な世界にはいることができる

    広い意味での、心身の気分転換です。

    心の中の引っかかりから、
    一時的にでも離れることができます。

  ◎潜在意識に情報が流れ込む

    お経の意味はわからなくても、(神妙な気持ちの中で)

    そのリズムや流れが潜在意識に入ってきます。

  ……………………続き ( )
              (http://www.ysdc.net/ )

催眠の技法の基本は、
意識の狭さく状態をつくる技術です。
(意識を狭めていくことです。)

意識の狭窄状態とは、
簡単に言えば、意識の集中です。

この狭窄状態程度により、
トランス状態をつくります。

また、
この意識を狭めるやり方は、
程度の差を別にすれば、
多くの心理療法に活用されています。

1 2