Category Archives: 人格転換法

社会生活をなんとかうまく送りたいとき:社会不安障害(人格転換法とは6:実体験)

社会生活をなんとかうまく送りたいとき:社会不安障害(人格転換法とは6:実体験)

 
<Gさんの例>

 

今回の体験例は、

男性のGさんの例についてです。

Gさんは、

同僚に対しても、

緊張度は高くなりはじめ、

対人緊張的な症状も大きくなり、

不安やうつ状態にもあらわれ始めていました。
彼は、だんだんに、会社の自分の机のある部屋に入ると、

動悸が気になり、さらに不安になりはじめていました。

その当時のGさんは、

会社の机に座っているだけで、

動きにくくなっていました。
会社に出社するのもつらくなっていました。

 

 

 

<解決法>

 

 

その解決法の基本は、

人格転換法を行いました。

 

 
<第1:自分の整理>

 

まず最初は、

自分がどうしたいのかを整理することです。
例えば、

緊張をほどきたいのかです。

あるいはコミュニケーションを
できるようになりたいとかです。

 

 

 

<第2:モデルの選択>

 

次の段階は、

第二段階で、自分のモデルを選択します。

Gさんは、以前の職場に尊敬する上司に、

Mさんという方がいらっしゃいました。

このMさんは仕事に対して部下を気にかける余裕があり、
作業もテキパキとスムーズにこなせる方でした。
Gさんは、

自分のモデルとして、Mさんを選びました。

 
<第3:準備としてMさんをよくみる>

 

次の段階は、

Gさんは、Mさんのよく好む服装を調べ、

仕事中だけでなく、

アフターファイブや、休日の服装なども調べました。

 
<第4:人格転換法の実際:同調のためのやり方>

 

Gさんは、

日常生活の中で、

Mさんのよく着る服や身につける服装を着てもらうようにしてもらいました。

に同調体験を行いました。

同調時に、決めた時間に、

軽い催眠状態の体験を行いました。
体験の結果として、

Gさんの持っていた、

出社の不安や動悸、憂うつ感などは、

解消されました。

 

 

<キーポイント>

 

このブログ内でのさまざまな体験は、

以下のようなポイントがあります。

ここでの実体験を行う方は、

自己責任で行ってください。

 

 
<2つのブログ>

社会生活をなんとかうまく送りたいとき:被害妄想気味(人格転換法とは4)

 

<Eさんの毎日の生活>

Eさんの毎日の生活は、

勤め先のお店で、同僚だけでなく、来訪するお客に対して

挨拶ができず、つらい日々を送っていました。

彼の心は、お店で、緊張と恐れで、”針のむしろに乗っている”気分でした。
Eさんは、こんな状態が続き、当たり前のことですが、
ちょっと、被害妄想ぎみになっきていました。

Eさんは、

「おまえは無能者」と言われている感じで、
ちょっと、被害妄想気味になっていました。

こんな気分の中で、センターで体験を始めました。

 

<Eさんの状態は>

1.現在、心身の疲れが大きいこと

2.恐れ、不安、緊張で動悸があること

3.その恐れと緊張が大きいために、声が出ないこと、

その結果、当然として、挨拶できないこと。
4.被害妄想気でであること

5.挨拶できないことに対して、

ストレスが余計にたまってきていること

 

 

<人格転換法とは>

ここで今現在、これまでの新しい自分になるための方法です。

全てが変わるのでなく、

自分にとって変わりたい部分の特性を変える方法です。

例えば、

緊張している部分をリラックスできる自分となることです。

広い意味では学習をしていきます。

 

 

<EさんのモデルはFさん>

Fさんは、

Eさんにとって仕事上の理想の上司であり、モデルです。
このFさんをモデルに決めて、体験を行いました。

 

 

<ポイント>

人は、

潜在意識にこのモデルをつくり、

その話し方や行為行動を身につけています。
<人格転換法のやり方>

Eさんは、軽い催眠状態に入り、

Fさんと同調体験をしていきます。

Eさんは、Fさんになりきります。

この体験を繰り返し、

Fさんの特性を身につけていくことができます。
<体験の結果は>

結論が言えば、この体験の繰り返しで、

心理的な問題は、解決しました。

被害妄想的な状態も、

過剰な緊張もなくなりました。

 
<2つのブログ>