Category Archives: 人の空気

★今回のテーマは、「人のもつ空気と、感情や痛みについて」です

☆中心テーマ:悩みと癖について130(心と体の法則:調和性と自由性の働きと仕組み):自己開発センターで行っていること

<続き>

                       <自己開発センター1>

                       <自己開発センター2 >

★人の姿と空気(気)

◎感情と空気

  人は怒りがあると、背中からみても、

  近づきにくい姿となっています。

  こんな時に、

  怒りをもつ人は、戦いの空気をもっています。

  あるいは、

  他に対してブロックする空気が、あらわれています。

  そして、

  その怒りの感情が、消えると、

  それまでの空気も、消えてしまいます。

◎身体と空気

  同様に、

  人は、身体の異常感をもつと、

  その異常感にそった姿をつくり、

  空気をもつことになります。

  例えば腰の痛みをもつ人は、

  その痛みのある姿と空気を、もっています。

  この空気は、痛みの消えるときに、

  同時に、消えてしまいます。

    ……………続き ( http://www.ysdc.net/index.php?pagename=blog01-297 )
            ( http://www.ysdc.net/page8.php )

☆二つの空気や姿について

  人は、

  頭でも、肩でも、手でも、腰でも

  その身体の異常感をもつとき、

  その異常感のつくる空気が、あります。

  また、

  異常感のない時につくる空気も、あります。

  この異常感のある空気が、

  異常感の無い空気と、同一になると、

  異常感は、消えてしまいます。

☆参考に

◎ここで言う空気とは

  ここで言う空気とは、気のことでもあります。

★緊張、あがり、対人緊張、対人恐怖、社会不安障害などの解決のヒント………一昨日の呼吸モーション1

今回のテーマは、人に対する緊張についてです。

<続き>

                       <自己開発センター1>

                       <自己開発センター2 >

☆緊張

◎人の持つ空気のエリア

  人は、パーソナルスペースという空気などのエリアを持っています。

  このエリアを実感できるもののひとつに、

  身体緊張や呼吸があります。

  例えば、

  見知らぬ他人が、近づくと

  人は、体や頭、心に防衛反応を起こします。

  この反応は、動物的な防衛反応ですから、

  基本的には、誰でも起こる反応です。

  この反応の中で、自覚できる例からみると、

  身体的な緊張や心理的な緊張です。
  
  つまり、体や心に力が入ってきたりします。

  また、呼吸の変化が起こります。

  (例えば、その呼吸がしにくくなったりします)

    ……………続き ( http://www.ysdc.net/index.php?pagename=blog01-276 )
            ( http://www.ysdc.net/page8.php )

☆ポイント………整理

◎人の反応

  他人が、近づくと、

  人は、緊張(身体的、心理的な)を起こします。

  見知らぬ人であれば、より大きな緊張の反応を起こします。

◎実際の体験は、次回に

  この緊張する状態を変える体験が、

  呼吸モーションで行えます。

  具体的には、次回です。