Category Archives: 不眠

サイコセラピーヨガ&気催眠法21(不眠の対策、自己催眠のコツ)

 

 

【不眠に対する催眠法のコツ】

 

 

サイコセラピー(心理療法)からみると、
催眠の効率のよい効用には、コツがあります。

例えば、

以下のようなことがあります。

<コツ:生物の特性を活かす>

朝から晩まで寝ていれば、

人間の心身は、眠る必要性がありません。

つまり、眠りにくくなります。

ここでは、眠れやすくするには、

睡眠を取る必要性をつくります。

 

 

例えば、

 

その1:睡眠の取り過ぎの場合、
睡眠を少なくすれば、眠りを取りやすくなります。

 

 

その2:昼夜などの時間的リズムの乱れの場合、
この乱れを整えれば、眠りを取りやすくなります。

 

 

その3:気分のよい身体疲労をつくる
不快とならない程度の、
身体の疲労をつくります。

 

 

その4:さらに、カウンセリング的なものを行うことです。

 

 

 

<ポイント1>

不眠の軽い問題であれば、催眠法のみで解決します。

 

 

 

<ポイント2>

ちょっと問題が大きければ、上記の1から4の体験で、

眠れないことのこだわりをほどくことです。

その結果、鬱的、興奮などの状態を少し下げることです。

このような体験で、催眠の効用を得られる準備が行われます。

 

 

 

<2つのブログ>

サイコセラピーヨガ&気催眠法20(不眠の対策、自己催眠のコツ)

サイコセラピーヨガ&気催眠法20(不眠の対策、自己催眠のコツ)

 

 

<不眠と催眠法のコツ>

 

不眠の問題は、

受動的な心や頭の集中ができれば、

一般に解決できやすくなります。

さらに、トランス状態になれば、

不眠の問題は解決します。

 

 

<ポイント>

 

やり方は、

受け身の集中からトランス状態に入ることができれば、

不眠は解消できます。

この状態のつくりにくいときは、

一般的に、身体的な興奮があります。

この場合は、身体的な興奮を下げる必要があります。

 

 

<二つのブログ>

サイコセラピーヨガ&気催眠法17(不眠や鬱の対策、自己催眠のために)

サイコセラピーヨガ&気催眠法17(不眠や鬱の対策、自己催眠のために)
ここでは、

問題の解決やテーマを達成のため、

自己催眠を活用するためのコツです。

 

 

<焦りのあるときは>

 

 

ちょっとした運動や身体的緊張をつくります。

例えば、

 

 

1.散歩程度で、軽く歩きます。

 

・ 軽い疲れをつくります。

 

 

2.速歩で歩きます。

 

・ ゆっくり歩き、落ち着かないときは、速歩に歩いてみます。

 

 

その結果、

 

3.悩みへの意識集中を分散させます。

・ 焦りの意識をちょっと離してみます。

 

 

さらに、

 

4.身体と心を癒やしをつくります。

・ この段階で自己催眠が有効です。

 

 

<2つのブログ>

サイコセラピーヨガ&気催眠法16(不眠の対策、自己催眠)

サイコセラピーヨガ&気催眠法16(不眠の対策、自己催眠)

 
<対策>………眠るための催眠に、入るために

 

 

 

眠れないとき、

 

自己催眠法をより効果的に、有効にするコツがあります。

 

 

コツには、次のようなものがあります。

 

 

この眠れるコツとなる条件を増やすことで、
効果的な方法になります。

 

 

1.心のリラックスをつくることです。

 

 
自己催眠法は、リラックスする方法の1つですが、
リラックスをするほど、催眠法の中に入りやすくなります。

 

 

2.体や心もこわばりをほどくことです。

 

 

不眠の時、

 
体も心も、こわばっています。
身体のこわばりをほどけると自己催眠に入りやすくなります。

 
それは、

 
催眠的な集中をできるようになるからです。

 

 

その結果とそして、

 

睡眠もとりやすくなります。

 

 

 

<2つのブログ>

 

サイコセラピーヨガ&気催眠法15(不眠と自己催眠を効果的にするために)

 

 

さらに、
自己催眠を効果的にするために
次のような条件を整えることです。

 

 

<原因1:条件の影響>

 

Bさんは、仕事が忙しく、

帰宅も遅くなり、

十分な睡眠をとれませんでした。

 

 

<原因2:神経の高ぶり>

 

その眠れない原因の一つ目は、

神経の高ぶりです。

結果として、

質のよい睡眠がとれませんでした。

 

 

<原因3:頭や心の引っかかり、こだわり>

 

二つ目の眠れない原因は、

次のようなものがあります。

人は眠れないと、

夜中に、”眠りたい”という欲求が大きくなります。

そのために、

人は、

”眠りたい”、”眠れない”

の思いにこだわるようになり、

ますます眠れなくなります。

 

 

<ポイント>

 

不眠の場合、一般の原因は、

一種の神経の高ぶりと、

そのこだわりですから、

まず、その神経の高ぶりを下げることです。

 

 

<2つのブログ>