Category Archives: 不安の有無

★悩みと癖について45(不安の解消とブラックボックス:事実の見え方):サイコセラピーヨガ&ヨガ(気)催眠

今回のテーマは、
手を開いて不安のなくなることを理解するための参考になる理屈についてです。
<続き>

                       <自己開発センター>

                       <自己開発センター >

☆ブラックボックスの原理

◎実用的な使い方

  文章を作成するときに、

  パソコンの原理やメカニズムがわからなくとも、

  その使い方がわかれば、実用上、何の問題もありません。

  例えば、パソコンの立ち上げ方と、

  一太郎やワードの基本的な使い方がわかれば、

  文章を作ることができます。

  このような例は、生活の中で、

  私たちの周りに、たくさんあります。

  例えば、テレビの中の部品やそのメカニズムがわからなくとも、

  電源の入れ方と、チャンネルの切り換えボタンがわかれば、

  それだけで、必要な番組は見ることができます。

  テレビの研究者や技術者を別にすれば、

  一般の人は、これで十分です。

  それ以上知りたい方は、趣味の世界に入ります。

    ………………続き ( http://www.ysdc.net/index.php?pagename=blog01-206 )
            ( http://www.ysdc.net/ )

◎ポイント

  何か、その動作のメカニズムや理屈をよくわからない機械や、そのシステムを

  ブラックボックスといいます。

  このブラックボックスのスイッチを入れるとか、チャンネルを変えると、

  必要な結果が、いつも同じように現れるとしたら、

  そこに、一つの法則や方法が隠れています。

  その方法を手がかりに、実用化することができます。

  このような考え方を一つの原理とします。

  このブラックボックスの原理からみていくと、

  実用上便利になります。

<続く>

★悩みと癖について44(不安の解消とブラックボックス:事実の見え方):サイコセラピーヨガ&ヨガ(気)催眠

今回のテーマは、不安の消えたことを自覚、納得できるとき、できないときです。
<続き>

                       <自己開発センター>

                       <自己開発センター >

☆結果が、事実であるとわかれば

◎手がかり

  刑事物の小説では、

  犯人の足跡を見つけ、

  それをヒントに問題の解決をはかります。

  ここでは、不安が変化したという事実(結果)が、

  刑事小説の足跡になります。

  この手がかりをみえないと、あるいはわからないと、

  次に進めません。

◎事実をわかると、答えの解けることがある

  Aさんは、”変化の事実”をわかった場合、

  今ここに、その変化の理屈がわからなくても、

  そこに、悩みの解決などの第二歩目を

  歩める可能性が出てきます。

  例えば、

  Aさんは、手を伸ばして、

  不安の変化した事実を自覚できれば(わかれば)、

  その動きから、

  不安を解消することも、

  不安の奥にある問題をさぐることも

  できる可能性があります。

  (たまたま問題を解消できたとしてもです)

    ………………続き ( http://www.ysdc.net/index.php?pagename=blog01-205 )
            ( http://www.ysdc.net/ )

☆ポイント

◎やり方をわかること

  テレビを見たいときに、

  スイッチをいれることが、そのやり方です。

  ここでの言い方をすると、

  Aさんの場合は、

  とりあえず不安を消すには、

  手を横に広げます。

  その時に、

  腕と胸の広げるというやり方が、

  不安の減少や、解消のスイッチとなります。

  次回は、この理屈を簡単に説明します。

<次回に続く>

★悩みと癖について43(不安の消えたのはマジック、それとも無視:事実の見え方):サイコセラピーヨガ&ヨガ(気)催眠

今回のテーマは、不安の消えたことを自覚できない、納得できないときです。
<続き>

                       <自己開発センター>

                       <自己開発センター >

☆人の特性

◎人は、何もしないのに変化したら

  不安が、

  何もしないのに、変化したら、

  人は、

  ビックリするか、

  その現れた現象を無視して、なかったことにします。

  (わからない人にとっては、一種の魔術ですね)

  結果として、

  無視した人は、

  変化した事実そのものを、なかったことにします。

    ………………続き ( http://www.ysdc.net/index.php?pagename=blog01-204 )
            ( http://www.ysdc.net/ )

◎ポイント

  写真機のできた頃、初めて写真を見たら、

  マジックと思ったでしょうね。
  

  当時は、写真を撮ると、

  生気を吸い取られると思っていた人もいたようです。

  (これには、意味がありますが、ここでは解説しません)

  もし、戦国時代に、無線機を持ち込み、敵方の情報を送ったら、

  これもマジックと思われたかも知れません。

  あるいは、その無線機を操る人を神の使いと思ったかもしれません。

  人は、見慣れないもの、聞いたことのないものは、

  知らないもの、わからないものとして、

  非日常世界、別世界のことと理解し、納得しようとします。

  もちろん、無視も、人の納得のひとつです。

  でも、今ここに、

  よくわからないものや無視するような中に、

  新しい発見や発展があったり、本当のことが隠れていることもあります。

<続く>

★悩みと癖について42(不安の消えたことをわからないとき:事実の見え方):サイコセラピーヨガ&ヨガ(気)催眠

今回のテーマは、不安の消えたことを自覚できない、納得できないときです。

                       <自己開発センター>

                       <自己開発センター >

<前回の続き>

◎整理すると………………みえない、わからないのは

  Aさんは、

  不安解消の方法を体験しているつもりはありません。

  ただ、アクビをしただけです。

  ここで、
  Aさんの気持ちになると、

  体験をしていないのですから、

  変化するはずはないのです。

  それでも、
  今、不安の有無の自覚をできないのは、

  例えば、思考などの中で、

  以下のようなフィルターをかけているからです。

  ・たまたまであるから、不安の消えたことにならない

  ・偶然に、今だけ、不安がないだけである、

  ・5年もかかえている不安が、何もしないで変化するはずはない、

  ・アクビの体験などで、不安のなくなるはずがないという思いがある、

  ・不安の消えたことが理解できない

  ・その他、わからないと思い込む理由がある

  ということになります。

    ………………続き ( http://www.ysdc.net/index.php?pagename=blog01-203 )
            ( http://www.ysdc.net/ )

◎よくわからない体験について

  たまたま、偶然に
  不安が軽くなったり、消えたりする体験であっても、

  
  なぜ、どうして、何をやったから、

  その偶然が起こったかをわかれば、

  偶然に変わったことも、

  自分を変える方法に昇華できます。