Category Archives: ヨガ波動(気)催眠療

社会生活をうまく送れようになりたいとき(人格転換法)

サイコセラピーヨガ&気催眠法
<仕事ができない、でも、できるようになりました>
「後輩に仕事を教える立場になりました」

 

 

数日前に、

受講生からの電話で、

後輩を仕事で教える立場になりました、と連絡が入りました。

Bさんは、最初は、全く仕事ができず、

パニック状態、うつ状態になり、

センターで体験をはじめました。
彼は、癒やしくつろぎを深め、仕事中のパニックがほどけて、

仕事だけでなく、生活や人生の先を考える余裕が出てきました。

彼は、前に進む生活の自信が出てきたようです。

 

 

 

<ポイント1>

 

親も安心をしてくれたそうです。

子供が、
うまく社会生活を送れるかどうかわからないとき、
親の最後の大きな心配です。

このようなとき、

多くの親が考えるのは、親がいなくなっても、
生活を送れるのだろうかという不安です。
<ポイント2>

 

彼の場合は、

悩みの解決のための基本訓練は、

自己催眠法でした。
具体的には、
心身のほどき、くつろぎのため、あるいは心の静けさをつくるために

自己催眠法を行いました。

 
「問題が解決して、よかったね、おめでとうBさん」

 

 

 

<ポイント3>

 

今回の問題は、

慣れない仕事で、とくに作業的な場合の例で、

パニックになってしまう人の場合です。

このような場合は、
作業の手順が、頭で、過剰反応をしてしまうためにパニック的になります。

 

 

 

<基本対策>

 

 

その対策は、

1.とにかく、焦らない、慌てずにいられる体験を繰り返すことです。

 

 

どうしてもうまくいかないときは、

2.先輩のやり方を見ることです。
時間がかかってよしのつもりで、覚えていくつもりです。

 

 

3.体験をうまくいく方法を身につける

 

 

とにかく、
落ち着く、頭の静けさを体験できるようにすることです。

わかるけどできない人は、

その体験のできるところで、

体験をしてみることです。

 

 

 

<ポイント>コツは

 

 

どうしてもうまくいかない人は、
英語を習い時は、最初は、英語の塾に通うことと同じと考えることです。
これは、方法を習うことと同じです。

他の人が一般にできることであれば、

習えば、時間がかけていけば、必ずできるようになります。
<ポイント>…安心のために

外国人は、日本語は難しいと言います。

でも、全ての日本人は、日本語はスムーズに話せるようになります。

 

 

<2つのブログ>

サイコセラピーヨガ&気催眠法19(不眠の対策、自己催眠のコツ)

<自己催眠の高等なコツ>

 

 

不眠などの問題を

催眠法で解決するには、

一般的な、

コツがあります。

 

とくにセラピー的な効果を高めるためには、

一般的な催眠法は、

受動的集中の状態をつくります。

 

この集中法は、受け身の集中法ともいわれます。

 

(この反対の集中法は、能動的集中法といいます。)

 

 

<受動集中法の体験例:ポイント>

 

 

ここでは、文章を受動的な集中する例です。

 

まず、一般に、

人間は、文章を読むとき、

読み慣れない文章であるほど、

文字に意識を向け、

文字を自覚しながら読んでいきます。

 

 

ここでの、

受動的な集中法は、

感覚やイメージ的に表現すれば、

次のようになります。

 

 

・文字に意識を向け、

文字を読もうとするのでなく、

 

 

・文字が、目に近づくるように感じるまで、

 

 

・待つ感覚です。

 

 

 

<2つのブログ>

サイコセラピーヨガ&気催眠法18(不眠や鬱の対策、自己催眠、設定)

サイコセラピーヨガ&気催眠法18(不眠や鬱の対策、自己催眠、設定)

 

 

<設定について>……鬱の解決のためのポイント、ちょうどよくほどくこと

 

 

ここで行うことは、

悩みの種類や程度で、やり方が異なります。

 

 

例えば、

 

1.目標の高さは

富士山と、自宅の裏山を登るのとは、

大変さは異なります。

鬱状態の解決を山登りに例えれば、

解決の道が異なります。

 

ここでは、

後味の良さそうな山の高さを登ることです。

 

例え

富士山に登りたくても、

最初は、裏山を登るようにします。

 

焦らず、

心身のくつろぎやほどきをつくります。

 

当分は、

丁度よい程度の

わずかな変化をめざすことです。

 

 

<設定とは1>

 

このようなことを決めることを、

ここでは設定といいます。

この設定は、

潜在意識の方向を決める非常に大切ことです。

この設定とは、

柔道や合気道の受け身が出来るようになることと同じか、

それ以上大切なことです。

また、結果としてうまく問題を解決しやすくなります。

 

 

 

<2つのブログ>

★怒りと陰陽とサイコセラピー・ヨガ&波動催眠……………悩みの解決のヒント

<続き>

今回のテーマは、怒りと頭や心、体を整えるヒントです。

                    <自己開発センター>

                    <自己開発センター >

☆二つの怒り方

 ◎瞬間的な怒り………………陽的な怒り

   通勤電車の中で、足を踏まれ、その瞬間に表れる怒りです。

   瞬間的な怒りは、陽的な怒りです。

   親に怒られ、瞬間に怒りとなる場合です。

   つまり、
   体験した瞬間に起こり、
   時間と共にその怒りの程度が下がっていく場合です。

   この瞬間の怒りの状態は、
   パニック状態です。

 ◎時間が経つほどに表れる怒り………………陰的な怒り

   親や上司に怒られたことが、
   後になって、怒りとなってあらわれる場合です。

   怒りが時間の経ってもその程度が変わらないか、
   経つほどに現れる場合、

   ここでは、陰的な怒りといいます。

 ◎参考に………………時間からみた陰陽

   ここで、陰陽の時間をみてみます。

   陽は: → 瞬間、短時間

   陰は: → 長時間

  ……………………続き ( http://www.ysdc.net/index.php?pagename=blog01-97 )
      (http://www.ysdc.net/ )

☆対策
 ◎基本の対策

   そこで、この怒りの整えるには、陰陽からみれば、
   陽の怒りの場合は、陰的なやり方を体験します。

    陽の怒り → 陰の体験や特徴を身につける

   このような体験から、バランスを取り、
   過剰、あるいは不要な怒りを整えます。

<続く>

★怒りと陰陽とサイコセラピーヨガ催眠……………トラウマや新型うつ病の方などの悩みの解決のヒント

<続き>

今回のテーマは、怒りと頭や心、体を整えるヒントです。

                                 <自己開発センター>

                                 <自己開発センター >

☆怒りに関する悩み

 ◎トラウマ、新型うつ、その他、さまざまな陽的な悩みについて

  人の悩みの中に、怒りの反応が身につき、

  その反応が、
  心や体の悩みをつくっている場合があります。

  (怒りが悩みの原因であったり、結果になっている場合もありますが)

  多くは、相互に関連しています。

     怒りの反応 ←→ さまざまな心の悩み

  例えば、
  新型うつといわれている方も、

  心(頭、体)の表面、あるいは奥に、怒りをかかえている場合があります。

  また、トラウマなどを抱えている方も、

  怒り等の再生機能(仕組み)を備えてしまい、
  問題の解決をできなくなっています。

   怒りの反応 × 仕組み = さまざまな悩み

  ……………………続き ( http://www.ysdc.net/index.php?pagename=blog01-96 )
          (http://www.ysdc.net/ )

☆対策の一例

   怒りの反応 × 関連部位 = さまざまな悩み

 ◎怒りの反応について………………反応と関連部位の理論から

   怒りは、身体上や心理空間にある関連部位として表れます。

   一般に、この怒りの関連部位を整えることで、
   怒りは、低下します。

 ◎Eさんの例

   Eさんは、上司との関わりの中で、いつも怒りをためていました。

   結果として、上司以外の同僚や部下との間で、
   コミュニケーションがとりにくくなっていました。

   そのため、対策は、

   怒りの反応と身体の関連部位の理論からみますと、

   関連部位を整えると、怒りの反応は消えてきます。

   彼の場合も、反応を身体の関連部位から整えると、
   その怒りは、消えてきました。

  彼の怒りが整うと、
  上司だけでなく、部下や同僚とのコミュニケーションも、
  うまくいくようになりました。

<続く>

1 2