Category Archives: バランスをとる

超感覚能力とバランス16(人の極意、不得意なこと)

超感覚能力とバランス16(人の極意、不得意なこと)

 
<2つの能力のバランスを取る必要のあるとき>

 

今回は、とくに、

超感覚能力など、

素晴らしい特殊能力を持っている方ほど、

必要なことです。

とくに、

何らかの心や体の問題を持つ場合です。
”2つの能力の大きさ”のバランスの大きさです。

 

 

特殊な能力----▲---一般的な能力

 

ここの問題を解決したい方は、

この持てる特性に対するバランスを

取る必要があります。

以下にその一例をあげます。

 
<次回に続く>

 

 

 

<2つのブログ>

超感覚能力とバランス3(能力を活かす)

 

超感覚能力とバランス3(能力を活かす)

 

前回の続き

 

 

話し手の言いたい言葉をわかってしまう人がいます。

 

当センターに、

 

このような能力を持った方が、時々おいでになります。

 

 
<わかることを活かす例>

 
相手の求めることをわかってしまう能力を

活かせれば、すばらしいです。

 
もし、

このような方が営業マンであれば、

お客の必要なもの、本音で必要なことがわかり、

客の喜ぶものを提供できます。

 

 

もちろん、

 

営業には、それなり他の能力も必要ですが。
この基本能力を使いこなせれば、

 

自分を活かせ、すばらしいですね。
<二つのブログ>

バランスというものの見方4<対策のとり方>

バランスというものの見方4<対策のとり方>

 

 

<エコノミー症候群>

 

熊本で被災者して、

車中泊をしている人の中に、

長時間飛行機の旅をするときに

エコノミー症候群の現れた方も

いらっしゃるようです。
この症状は、

体の動けない、動かない姿勢を

長時間をとっているためにおこります。
特定の姿勢のまま、

動けないために、

特に脚の血流が悪くなったり、

呼吸が困難になり、場合によっては、

倒れてしまうこともあります。

 
このような方は、

お元気になられることをお祈りいたします。

 

 

<ポイント>

 

バランスから見れば、

人間は、

身体の”動くこと”と、

休めるために”動かないこと”の

バランス状態を必要とします。

 
<2つのブログ>

バランスというものの見方

【ものの見方:ポイント】

 

<バランスからみると>

 

人間の体の60%は水と言われています。

 

「水を飲んだ方がよい」

という考えがありますが、

「飲まない方がよい」

という考え方もあります。

 

ところが、

運動して汗をかいたり、暑いときは、

水を飲みたくなります。

 

 

<欲求からのバランス>

 

体の欲求から、バランスを取ろうとする働きです。

 

飲み過ぎないほうが、よいでしょうが、

 

飲まなすぎも問題です。

 

偏りが問題です。

 

当たり前のことですが、

 

なにか問題の起こるとき、

 

このバランスをみることが大切です。

 

このバランスも深い意味合いがあります。

 

<コーヒータイムブログ>

★人の変わる一言ヒント:やってみよう:今日のコーヒータイム:

今日のテーマは、歩くことです。

「通勤、通学、買い物などで、

      いつもより長めの時間、

           歩いてみましょう」

です。

 ………続き( http://www.ysdc.net/?pagename=oldblog-50 )
      ( http://www.ysdc.net/page50.php

☆やり方

  今日は、エレベーターやエスカレーターをできるだけ使わずに、
  足を使ってみましょう。

  足腰が弱ると、精神的に弱気になったり、自信を無くしたりします。

  また、
  興奮しやすくなったりします。

☆参考に

  構造医学の研究をされている吉田勧持さんは、
  歩くことの必要性を説き、歩くことで、
  脳の不要エネルギーが放電されるとおっしゃっています。

  歩くことは大切です。

☆ポイント:気楽に、できる人だけやってみます

☆気分や納得はどうですか

 体験の最中や後で、
  自分の気分や納得感は、どうですか。

 ◎何も感じない

 ◎スッキリした、ホッとした(または、後味が良い)

 ◎不快な感じがある(または、後味が悪い)

1 2