Category Archives: サイコヨガ&波動催眠法

社会生活をなんとかうまく送りたいとき:社会不安障害(人格転換法とは6:実体験)

社会生活をなんとかうまく送りたいとき:社会不安障害(人格転換法とは6:実体験)

 
<Gさんの例>

 

今回の体験例は、

男性のGさんの例についてです。

Gさんは、

同僚に対しても、

緊張度は高くなりはじめ、

対人緊張的な症状も大きくなり、

不安やうつ状態にもあらわれ始めていました。
彼は、だんだんに、会社の自分の机のある部屋に入ると、

動悸が気になり、さらに不安になりはじめていました。

その当時のGさんは、

会社の机に座っているだけで、

動きにくくなっていました。
会社に出社するのもつらくなっていました。

 

 

 

<解決法>

 

 

その解決法の基本は、

人格転換法を行いました。

 

 
<第1:自分の整理>

 

まず最初は、

自分がどうしたいのかを整理することです。
例えば、

緊張をほどきたいのかです。

あるいはコミュニケーションを
できるようになりたいとかです。

 

 

 

<第2:モデルの選択>

 

次の段階は、

第二段階で、自分のモデルを選択します。

Gさんは、以前の職場に尊敬する上司に、

Mさんという方がいらっしゃいました。

このMさんは仕事に対して部下を気にかける余裕があり、
作業もテキパキとスムーズにこなせる方でした。
Gさんは、

自分のモデルとして、Mさんを選びました。

 
<第3:準備としてMさんをよくみる>

 

次の段階は、

Gさんは、Mさんのよく好む服装を調べ、

仕事中だけでなく、

アフターファイブや、休日の服装なども調べました。

 
<第4:人格転換法の実際:同調のためのやり方>

 

Gさんは、

日常生活の中で、

Mさんのよく着る服や身につける服装を着てもらうようにしてもらいました。

に同調体験を行いました。

同調時に、決めた時間に、

軽い催眠状態の体験を行いました。
体験の結果として、

Gさんの持っていた、

出社の不安や動悸、憂うつ感などは、

解消されました。

 

 

<キーポイント>

 

このブログ内でのさまざまな体験は、

以下のようなポイントがあります。

ここでの実体験を行う方は、

自己責任で行ってください。

 

 
<2つのブログ>

社会生活をなんとかうまく送りたいとき:社会不安障害(人格転換法とは5)

■社会生活をなんとかうまく送りたいとき:社会不安障害(人格転換法とは5)

 
<人格転換法の基本原理>

 

人間の幼児が、人間になれるのは、

その基本の入り口の1つは、

周りの人間との関わりの中で、

形をまねることからです。

 

 

例えば、基本的なものは以下のようなことです。

 
言葉をまねる
行為行動をまねる
呼吸や姿勢動作態度をまねる
コミュニケーションをまねる

 

 
<ポイント1>

幼児は、親などの指示、誘導も含めた関わりからです。
(形をよりうまくマネられるために)

人間の家族の場や生活の中、

人間の会話の中で育っことで、

一般の人間のように会話に普通にしゃべれるようになってきます。

 

 

<ポイント2>

ここで言う”マネをする”とは、学習することです。

マネることは、身につけることです。
もちろん、まねることを得意な人と、不得意な人がいます。
このまねる、学習することがたくさん体験した人は、

似たようのことが増えるために、

新しいことを身につけることができやすくなります。

人格転換法(その極意)は、マネをすることです。

 

 

 

<ポイント3>

例えば、

日常生活の中で、

緊張や不安など特性の解消をできにくい方です。
さらにいえば、

社会不安障害の悩みを持つ人は、

新しいものを身につけることが、ちょっと不得意です。

 

<ポイント4>

この人格転換法とは、

人が心の生活の中で、

身につけた方がよい心の技術かもしれません。

人が人生の中で生活する、1つの特性です。
その特性を活用するための具体的な技術が

自己催眠法になります。

 

 

<2つのブログ>

社会生活をなんとかうまく送りたいとき(人格転換法2)

社会生活をなんとかうまく送りたいとき2(人格転換法)

 

サイコセラピーヨガ&気催眠法

 

 
<もっと自由になれたら>…夢を見ること

 

 

人は、目の前に広がる、

空を自由に飛ぶ鳥を見ているとき、

鳥のように空を飛べれば、「いいなー」

と思うこと、あるいは人もいます。
空を飛びたいという夢が、

飛行機をつくった人たちに、あったと思います。

人は、望みを夢にして持つと、

生き生きと生活や人生を送ることができるようになります。

 

 
<ポイント1>

 

ここでのポイントは、

夢を持ち、進むとき、プロセスを大切にします。

 

 
<ポイント2>…悩み解決のキーポイント

 

つらい問題や悩みの中に入り、
止まってしまう場合が、最もつらい状態です。

 
悩みの解決の

解決の入り口は、体や心が動けるようになること、

動けない人は、動ける準備をすることです。

 

 

<体験:朝の空を見る>

 

今日の朝、あるいは明日の朝の空を見てみます。

呼吸を一度大きくしてみます。

胸を開くようにの呼吸をして、

空を見つめます。

その後、もう一度大きく呼吸をします。

さらに、
空を見ながら、心を静かに空を見ています。
このとき、

無限に広がっている空を見ています。

 

 

<2つのブログ>

 
<次回に続く>

母さんは、超能力者(子供の問題の解決)

母さんは、超能力者(子供の問題の解決)

 

 

<統一心>

 

母親の心の向きが、

収束すると、

母親のもつ特殊能力は

働くようになります。

 

 

<ポイント:自覚>

 
母親は、その子供の問題を自覚し、

子供に対して、なんとかしなくては、

と思っているときです。

母親は、

このときに統一心となっています。

 

 

<子供の問題>

 
その子供の対象となる問題は、

心身の痛みであろうが、

うつ状態であろうともです。
あるいは、

自律神経失調症と言われるような心や体の症状まで、

効果があります。

当たり前のことですが、

一回の母親の体験で、子供が変化するとは限りません。

体験は、繰り返すことで、

結果は現れるものです。

 

 

 

<2つのブログ>

あがり、緊張の解消法(暗示、催眠法活用法、心の悩み解決法)

 

 

<緊張するFさんの場合>

心の悩みの解決法はさまざまあります。

今回は、

あがり緊張の 解決のための1つの見方です。

OLのFさんの場合です。

彼女は、朝礼で緊張し、困っていました。

彼女の会社では、

毎週に月初めに皆の前で、

一言、話すことになっていました。

毎週の日曜日は、憂うつな辛い夕方を迎えていました。
彼女は、

明日は、あがるまい、緊張しまいとするほどに、

自然に頭や体や心に、力が不要に入ってきます。

こんな時に、理性的な頭の働きで、緊張を解消するには、

難しいことです。

これをどんなに理性的に考えても、

リラックスをとりにくくなります。

このような場合は、

潜在意識に変化を与える方法をとることです。
こんな時に、暗示や催眠的な方法が有効です。

 
<催眠でイメージ体験>

よくメンタルトレーニングと言われる方法があります。

あがってしまう人が、

人中で、

リラックスして話しているところを催眠の中で体験をします。

この方法を催眠法で体験すると、より問題が解決しやすくなります。

 

 

<2つのブログ>

1 2 3