Category Archives: サイコセラピーヨガ

サイコセラピーヨガ5(憂鬱が消えた)

サイコセラピーヨガ5(憂鬱が消えた)
(前回からの続き)

 
一般に、
人は、憂うつなとき、
ため息をしやすくなっています。

(無気力、憂うつ感、不安なども含め、胸部に関連したもの)
そのときに、
一般に、人の身体状態をみると、
胸は、力なく下に落ちています。
Dさんの姿勢も、
上胸部は、下に落ちています。

 

 

<具体的な対策>

 

Dさんは、魚のポーズを中心に体験しました。

 

1.魚のポーズで、身体の形を整えます。

 

2.呼吸の活用となります。

 

3.場の空気と、上体のほぐれ

 

4.結果として、潜在意識の変化をつくる

 

 
<Dさんの体験の感想>

 

Dさんは、胸の変化をすると、
この憂うつ感の感想は、
「あれ、憂うつ感が消えた」
でした。

 

 

Dさんは、体の状態と、精神状態の関わりを
実体験をしました。

 

 
<対策の整理すると>

 

このようなときに、ここでの体験方法を行い整理すると以下のようです。

 

1.腰が立ち、

 

2.上背部も立ち、

 

3.胸が広がり、勢いがつくと、憂うつ感は消えます。

 

以上の体験ので、憂うつ感を解消しました。

 

<2つのブログ>

サイコセラピーヨガ4(憂鬱な気分を変えるめに)

サイコセラピーヨガ4(憂鬱な気分を変えるめに)

 
<心は胸に>

 

”どうしようと”とか、”安心したとき”などの

心の変化の大きいときに、人はに手を置きます。

Dさんの場合は、最近心の落ち込むことが多く、

胸に手を置くことが多くなっていると話していました。

Dさんの最近の悩みは、
人の中にいて、その人の場に乗れないこと、だそうです。
Dさんは、前傾姿勢となっていました。

この姿勢は、イキイキできにくい姿勢です。

 
<対策>

 

ここで、心を変えるために、

彼女の場合の具体的な入り口は、

身体を変えること、

つまり、
心の変化しやすい姿勢の変化の形をつくることです。

具体的には、

現在は胸が疲れで、落ち気味です。

そこで、胸を上げることです。

 
<その結果としての体験>

 

 

ここでの基本ポイントは、

以下のような2つのポイントがあります。

 

1.呼吸をしやすくすること

 

2.気持ちの勢いをつくること
ここが、

セラピーヨガと体操やスポーツとの違いです。

当たり前のことですが、頭の体操でもありません。

潜在意識を働かせはしますが。

今回は、アホになって、ただ体を動かすだけです。
Dさんは、

この体験で、憂鬱な気分、心は変化しました。

 

 

<ポイント>

 

Dさんの状況は、

精神の中心は安定していましたので、

その基本姿勢をみました。

情緒の安定度のある方は、

この姿勢を整えると、心は変化します。

 
<2つのブログ>

 

サイコセラピーヨガ3(社会生活をうまく送るために)

 

★サイコセラピーヨガの理屈のひとつ

 

<心身一如>

 

 

心身一如という言葉があります。

 

身体の状態と心の状態がつながっている、

 

あるいは、同じもので、体の状態は心の状態です。

 

 

<形からみます>

 

 

心身の疲れているときは、

 

前屈みの姿勢の形となっています。
また、その疲れたときは、心の状態、形があります。
<例えば、>

 

緊張しているとき

 

不安なとき、

 

憂うつなとき、

 

恐れのあるとき、

 

その他、心身の悩み
これら、心のそれぞれの形は、身体の姿勢があります。

 

潜在意識の中に隠れた心の状態も、形に表れます。

 

 

体の形 = 心の形

 

 

★心と身体の形

 

心の悩みのあるときは、その姿勢が必ずあります。

 

 

基本的には、

 

その姿勢を変えることで、心が変わります。

 

 

また逆に、心が変わると、姿勢も変化します。
<ポイント>

 

この形を変え、整えたりするために、

 

ヨガのポーズを行っていきます。

 

 

<2つのブログ>

サイコセラピーヨガ2(社会生活をうまく送るために)

■サイコセラピーヨガ2(社会生活をうまく送るために)

 
ここで行うヨガの効用を、

実用的な面から3つに分けでみてみます。
その3つは以下のようなものです。

 

 

1.身体の健康面と美容的なヨガ
2.心理療法的なヨガ、能力開発、自己開発
3.精神的な哲学的なヨガなどです。

 
ここで行う中心は、2番目の心理療法です。

このヨガは、とくにセラピーヨガ(心理療法ヨガ)といいます。

心理療法、心身の健康に活用するヨガです。

単純に言えば、社会に適応できるようにするためです。

 
<ポイント>

 

ここでは、ポーズのやり方の入門的なやり方です。
ポーズはアクロバットの目的にするものではありません。
その基本は、自分の体にそって形をつくり、
心身のバランスをつくっていくものです。
ですから、ここで行うポーズは、年齢も限らず、行えるものです。

 
<ポーズの実際>

 

1.長座します。

呼吸を整えます。

 
2.手を前に伸ばします。

 

 

3.前に伸ばした手を前に出しながら、前屈していきます。

 

 

ポイント
このとき、息を吐きながら、前屈します。

 
4.前屈が止まったところが、そのまま呼吸をします。

 

 

呼吸は、とめず楽に行います。

 
5.姿勢を求め戻すとき、手を戻し、姿勢も戻します。

 
<効果的な人>

 

 

この簡単にポーズは、
運動や体操の行うことの少ない人ほど、
非常に効果的です。

 
<ご注意、ポイント>

無理を行わないことです。
息を詰めずに行います。
<ポイント>

今回の動きは、
単純な動きですが、
その動きが深められると、
いくらでもその深い効用が得られます。

 
<効用>

体の特に背部、脚の不快さは、
このポーズで解消できます。
特に不快症状などの、自律神経系の問題に効果的です。
もちろん、そのためには、ちょっと工夫が必要ですが。

 
<2つのブログ>
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
横浜 メンタルヘルス 自己開発センター

http://www.kokoronet.net/

住所:〒221-0844 横浜市神奈川区
沢渡3-1 東興ビル3F
TEL:045-314-0951
……………………………………………………

サイコセラピーヨガ(社会生活をうまく送るために)

 

 

<ポーズを行ってみて>

 
以下は当センターに受講のSさんの感じ、見えたヨガのポーズです。

 

ポーズをとる時の意識は、
自分が木になったイメージ。

 

足は大地とつながり、
地球の中心へ中心へと伸びていく。

 

 

手は空へ空へと伸びて
宇宙とつながっていく。

 

心は空気と同化して
悪い気と良い気を循環させて中和していく。

 

 

時々体の上を虫が這っても、
時々小鳥が頭をつついても、
受け入れて愛しむ。

 
強い風が吹いても
倒れない幹をもつ。

 
でも、早くそんな木になろうと焦らない。

 

新芽が出たり、枯葉が散ったり、
新しい年輪が出来たり、
枝が雷に打たれたり。

 
いろんな変化を受け入れて、
一日一日を味わいつつ、
気が付いたら大きな木陰をつくって
人々や動物たちが集うような憩いの木になっていた。
そんな感じが理想である。

 
<ポーズのやり方のポイント>

 
健康の三つのポイントは、
1.呼吸の仕方、流れ
2.身体の姿勢、動き
3.心や頭の動き、働き、使い方

 
ここでのヨガは、
上記の3つを活用し、心理療法に活用します。

 

 

<サイコセラピーヨガ催眠>

ここで言う、
サイコセラピーヨガとは、
心理療法的なヨガ、能力開発、自己開発のためのヨガと催眠法です。
もっと簡単に言えば、
心の悩み解決などのために、行うヨガ催眠法です。

 
<2つのブログ>

1 2