Category Archives: サイコセラピーヨガ&気催眠入門

社会生活をうまく送れようになりたいとき(人格転換法)

サイコセラピーヨガ&気催眠法
<仕事ができない、でも、できるようになりました>
「後輩に仕事を教える立場になりました」

 

 

数日前に、

受講生からの電話で、

後輩を仕事で教える立場になりました、と連絡が入りました。

Bさんは、最初は、全く仕事ができず、

パニック状態、うつ状態になり、

センターで体験をはじめました。
彼は、癒やしくつろぎを深め、仕事中のパニックがほどけて、

仕事だけでなく、生活や人生の先を考える余裕が出てきました。

彼は、前に進む生活の自信が出てきたようです。

 

 

 

<ポイント1>

 

親も安心をしてくれたそうです。

子供が、
うまく社会生活を送れるかどうかわからないとき、
親の最後の大きな心配です。

このようなとき、

多くの親が考えるのは、親がいなくなっても、
生活を送れるのだろうかという不安です。
<ポイント2>

 

彼の場合は、

悩みの解決のための基本訓練は、

自己催眠法でした。
具体的には、
心身のほどき、くつろぎのため、あるいは心の静けさをつくるために

自己催眠法を行いました。

 
「問題が解決して、よかったね、おめでとうBさん」

 

 

 

<ポイント3>

 

今回の問題は、

慣れない仕事で、とくに作業的な場合の例で、

パニックになってしまう人の場合です。

このような場合は、
作業の手順が、頭で、過剰反応をしてしまうためにパニック的になります。

 

 

 

<基本対策>

 

 

その対策は、

1.とにかく、焦らない、慌てずにいられる体験を繰り返すことです。

 

 

どうしてもうまくいかないときは、

2.先輩のやり方を見ることです。
時間がかかってよしのつもりで、覚えていくつもりです。

 

 

3.体験をうまくいく方法を身につける

 

 

とにかく、
落ち着く、頭の静けさを体験できるようにすることです。

わかるけどできない人は、

その体験のできるところで、

体験をしてみることです。

 

 

 

<ポイント>コツは

 

 

どうしてもうまくいかない人は、
英語を習い時は、最初は、英語の塾に通うことと同じと考えることです。
これは、方法を習うことと同じです。

他の人が一般にできることであれば、

習えば、時間がかけていけば、必ずできるようになります。
<ポイント>…安心のために

外国人は、日本語は難しいと言います。

でも、全ての日本人は、日本語はスムーズに話せるようになります。

 

 

<2つのブログ>

母さんは、超能力者(子供の問題の解決)

母さんは、超能力者(子供の問題の解決)

 

 

<統一心>

 

母親の心の向きが、

収束すると、

母親のもつ特殊能力は

働くようになります。

 

 

<ポイント:自覚>

 
母親は、その子供の問題を自覚し、

子供に対して、なんとかしなくては、

と思っているときです。

母親は、

このときに統一心となっています。

 

 

<子供の問題>

 
その子供の対象となる問題は、

心身の痛みであろうが、

うつ状態であろうともです。
あるいは、

自律神経失調症と言われるような心や体の症状まで、

効果があります。

当たり前のことですが、

一回の母親の体験で、子供が変化するとは限りません。

体験は、繰り返すことで、

結果は現れるものです。

 

 

 

<2つのブログ>

あがり、緊張の解消法(暗示、催眠法活用法、心の悩み解決法)

 

 

<緊張するFさんの場合>

心の悩みの解決法はさまざまあります。

今回は、

あがり緊張の 解決のための1つの見方です。

OLのFさんの場合です。

彼女は、朝礼で緊張し、困っていました。

彼女の会社では、

毎週に月初めに皆の前で、

一言、話すことになっていました。

毎週の日曜日は、憂うつな辛い夕方を迎えていました。
彼女は、

明日は、あがるまい、緊張しまいとするほどに、

自然に頭や体や心に、力が不要に入ってきます。

こんな時に、理性的な頭の働きで、緊張を解消するには、

難しいことです。

これをどんなに理性的に考えても、

リラックスをとりにくくなります。

このような場合は、

潜在意識に変化を与える方法をとることです。
こんな時に、暗示や催眠的な方法が有効です。

 
<催眠でイメージ体験>

よくメンタルトレーニングと言われる方法があります。

あがってしまう人が、

人中で、

リラックスして話しているところを催眠の中で体験をします。

この方法を催眠法で体験すると、より問題が解決しやすくなります。

 

 

<2つのブログ>

サイコセラピーヨガ&気催眠法28(入り口の基礎体験の実際)

サイコセラピーヨガ&気催眠法28(入り口の基礎体験の実際)

 

心の暗示による方法

 

<今回のテーマ>

 

 

 

今回は、
簡単で具体的な自己暗示の体験です。

そのキーワードは、次のものです。

体だけでなく、心の詰まるときに、心がほどけるために行う体験です。
「ちょっとホッとする、」

 
<具体的なやり方1>

 

 

手先、指先を胸におき
その手及び指先を円を前方に描くように、
空に向かってその手を動きます。

 

その手の動きにしたがって、
「胸の心のつまりが抜けていくー、ちょっとホッとする」
という言葉を唱えます。

 
<ポイント1>

 

キーワードは、シンプルなほど、心の潜在意識に入りやすくなります。
そのために、できるだけ、シンプルな言葉を使用します。

 

 

<ポイント2>
ここでの体験は、胸に関連した心にもつながりがあります。

具体的には、例えば、不安などの心の状態です。です。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
横浜 メンタルヘルス 自己開発センター
http://www.kokoronet.net/
住所:〒221-0844 横浜市神奈川区
沢渡3-1 東興ビル3F
TEL:045-314-0951
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
……………………………………………………
……………………………………………………

サイコセラピーヨガ&気催眠法23(暗示と説得と催眠の違い)

サイコセラピーヨガ&気催眠法23(暗示と説得と催眠の違い)
<前回より続き>

 

 

<催眠とは>
催眠は、思考でなく、

意識の収束をつくり、意識範囲を狭める方法です。

その方法を簡単に言えば、
「意識の集中」です。
催眠状態は、

意識の特殊状態(トランス状態)をつくることで、

その特殊な中で、意識を働くようにします。

 

 

 

<トランス状態とは>

トランス状態とは、

意識の狭さくが起こり始めた意識状態です。
あえて言えば、

意識集中の幅が狭まっている状態です。
例えで言えば、

太陽の光を意識の状態とすれば、

その太陽光線をレンズで収束する状態です。

 

 

<ポイント>

 

暗示とは、

意識の十分に働いている状態です。

ですから、

暗示は、

頭や心、体は、十分に働いているため、

催眠法は、暗示に比べ、

癒やしを深めることができやすくなります。

催眠状態は、意識状態は十分に働きません。
<ポイント>

 

催眠状態は、

眠っている状態とは異なります。

ですから、

一般に意識のなくなる状態にはなりません。

 
<次回に続く>

 
<2つのブログ>

1 2 3 4 10