Category Archives: カゼとその効用

★カゼとその活用(パニック的な面倒くささのメッセージ)………人の特性と反応

今回のテーマは、面倒くささです。

                        <自己開発センター>

                        <自己開発センター >

風邪をひくと、
さまざまな反応が起こってきます。

その反応を
自分の体質、特徴、気質を知る、
わかるためのメッセージとしてみていきます。

あるいは、活かすための方法としてみていきます。

今回は、その中で、面倒くさいと
感じる、思う、考えるときについてです。

この面倒くさいは、風邪を引かなくとも、
起こる人は起こるものです。

ここであえて取り上げた理由は、
重要なことに対して、
「面倒くさい」と、思い、考えて、
ただ切り捨ててしまうと、
後で困ることも起こるためです。

☆ここでの具体的な体験………幅を広げる基本対策

面倒くさいと考え、思うとき、その状態を、
ここでは二つに分けます。

 ◎「面倒だナー」と考えている状態で、行動の止まっている場合です。

 ◎「面倒くさい」と思った瞬間に、思考、行動の止まってしまう場合です。

今回のテーマの内容は、
二つめのパニック的な思考の停止状態についてです。

この場合、「面倒くさい」と感じると、

反射的に、頭の働きが停止し、
あるいは真っ白となってしまいます。

その停止時間は、本当に瞬間です。

これは、
広い意味で、パニック状態です。

(あるいは、パニックも似たような頭の働きをしています)

このような問題が起こったとき、
できるだけ早めにリセットするために、
次のような方法があります。

☆対策1………………一つの方法

 ◎呼吸の活用………………呼吸から

一つの対策としての方法として、呼吸からみていく方法があります。

ここで、思考停止時間が
例えば、5秒であれば、

その時間軸を体験の繰り返しで、少しずつ、短くしていきます。

具体的には、5秒を3秒とか2秒、1秒に短くしていきます。

  例えば、
  (面倒くさいと思う瞬間)
   直感的思考時間0.5秒  → 思考停止時間 → 通常思考時間5秒に変換
                     (数秒間)    できる能力が必要です。

 ◎具体的な方法1

  面倒くさいと思った瞬間の直後に、深呼吸します。

  もちろん、このように、思った瞬間に、深呼吸などは、

  最初から、うまくできませんので、

  はじめは、気がついたときに、深呼吸をします。

 ◎ポイント
   この時間軸を長くする基本の対策は、呼吸です。

   呼吸がポイントです。

   そこで具体的な方法は、深呼吸です。

☆対策2………………(無理はしないこと)

 ◎トランス状態の中での体験

  催眠トランス状態の中で、体験を行い、
  自分が見える、感じられるようにしていきます。

 ……………………続き ( http://www.ysdc.net/index.php?pagename=blog01-53 )
              (http://www.ysdc.net/ )

☆ポイント………………体験の活かし方

 ◎弛み対策:面倒くさいことのできるコツをつかむこと

  面倒くささの中に、弛み体質の人の
  解決のヒントがあります。

 ◎面倒くさくなる理由は

  何度も行っていること、
  慣れてしまったことの中に、「面倒くささ」があらわれます。

 (ここで、発見力を高め、慣れるほどに、深く掘り下げていくことです。

  人は慣れてくると、同じ事行うほどに、面倒くさくなります。

  表面的なものでなく、深く掘り下げ、広げていくことです)

  一般に、
  同じ事をやっていくと面倒くさくなるのは、
  発見力が働いていないためです。

  また、発見力を働かせると、
  面倒くささや、わかったつもりになりません。

☆前向きにみると

 ◎さらに言えば、

  質の良い緊張を行うことです。

  ひたむきに一生懸命できることを行うこと
  と言っても良いかもしれません。

  元々、たるみやすい体質の人は、
  日常生活の中で、そのための対策を怠りなくすることです。

★カゼとその活用(面倒くさいというメッセージ)………人の特性と反応

<前回の続き>

                            <自己開発センター>

                            <自己開発センター>

ここでは、面倒くさいという言葉の出るときの原因です。

一時的に、疲労が大きくなるとき、
誰でも、面倒くさくなります。

疲れて、これ以上考えたくない、行動したくないときも同様です。

風邪などを引けば、その思いや考えの特性は大きくあらわれます。

一時的な面倒くささの起こる場合の対策は、
とにかく、くつろぎや癒やしです。

以下は、一時的と言うよりも、
日常的に面倒くさいという思いや考えが現れる場合です。

この場合は、
これまでの生活の仕方や体質や気質の総合的な結果として、
あらわれる場合です。

この場合の対策は、無理矢理なんとかすると言うよりも、
ゆっくりと対策を練っていきます。

☆面倒くささのあらわれるとき

 ◎関心や興味がない場合、無いものに対して

  このとき二つの場合があります。

  * 一つは、本当にどうでもよいものと、

  * もう一つは、本当は必要であるが、興味関心のわかないものです。

 ◎ポイント

  もし、現在も未来も問題がなければ、

  このまま興味関心を持たなくても、何の問題もありません。
  (当然のことですが)

  あるいは、結果に対して納得していれば、
  これも問題がありません。

  (つまり、ご本人にとって、どうでもよいことです)

  ここでは、現在、あるいは未來に問題の起こる可能性のある場合です。

 ◎基本の原因は……問題の起こる、起こる可能性の大きい場合について

  * 単に知らないために起こる場合です。
    事実や意味(目的、必要性)などをわからない場合です。

    (例えば、嫌いな人に対して挨拶を面倒でしたくないは当然ですが、

      挨拶が、好き嫌いでするものではないと
      頭、心、体でわかっている人にとっては、嫌いな人でも
      わずかな面倒くささで挨拶をできます。)

  * さまざまな場の体験が少ないため、
    みえない、わからない場合です。

    (体験するほどわかるようになることがあります)

    (例えば、挨拶の体験の少ない人ほど、挨拶を面倒と感じます。
      たくさん行うと、面倒くささか少なくなります。

      ここで、挨拶を意識的にたくさん行うと、気づくことができるようになります。

      例えば、挨拶は、相手の存在を認める送信信号です。

      この挨拶は、気分でするしないと言うより、
      社会生活を送る人間となるために必要な作法です。

      この人間となるための作法であることを知れば、多くの人はできるようになります)

  * 頭や心でバランスを取っている場合です。
    頭や心の中で何か大切なものを守ろうとしている場合です。

    例えば、この人と挨拶するのは、
    自分自身の存在の否定につながると思っているとき、
    この人との挨拶は面倒でできなくなります。

    (大切なことは、思い込みと本当のことの両方があります)

 ……………………続き ( http://www.ysdc.net/index.php?pagename=blog01-52 )
              (http://www.ysdc.net/ )

 ◎対策………面倒くささについての対策

  * さまざまな体験をすることです。
    (新しい体験、慣れない体験が必要です)

    必要な関心を持てるようになるために、
    時間の必要な体験の場合がありますが、

    この体験自体が、対策になります。
  
    (あるいは、他力からの援助の必要な場合もあります)

  * 面倒くさいのは、なぜと問いかけてみます。
   (答えが出なくとも良いのです)

 ◎参考に

  人は、社会で生活し、自然界の恵みの中で生きる生き物です。

  そのために、
  社会の中で生活し、活動することで、社会的な人間になれますし、
  本能的な感性を大切にすることで、生きている人間となれます。

  そのために、
  もし、自分を見失ったりわからなくなったときは、

  さまざまなことを行ってみることが、大切です。