Category Archives: 内的事実と、外的事実

超感覚能力とバランス10(カウンセリングの極意:能力を活かす)

超感覚能力とバランス10(カウンセリングの極意:能力を活かす)

 

 

一般の

ベテランのカウンセラーは、

 

あえていえば、

受者(クライエント)と一緒に、歩んでいけることです。

 

この基本能力が持っていることです。

 

 

ただし、

このカウンセリングの進め方には、

2つの進め方があります。

 

 

 

1.それは、表面の形についていくことです。

 

この場合は、
受者の話すなどの内容に、ついていくこと、

 

寄り添っていくことです。

 

 
2.もう一つは、内面的な動きについて行くことです。

 

この場合は、受者にとって、

特別の体験がないときわかりにくい場合です。

 

あるいは、長い時間を経ないとわかりにくい場合です。

 

 

さらにいえば、受者はカウンセリングの体験をして、

問題の解決が行われても、

そのカウンセラーの存在の効用をわからない場合もあります。
例えば、

不安が軽くなってきても、受者はわかりにくいのです。

 

 

怒りがほどけてきても、わかりにくいのです。
さらに言えば、
カウンセラーの存在をわからない場合もあります。
例えば、親が存在し、

広い意味で、今の生活のできる自分のあることを自覚できないこと、

わからない場合もあります 。
これと同じ事もあります。

 

 
<ポイント>

 

カウンセラーの存在の本質は、

受者にとって、

どんな方法をとっても、結果であっても、

受者が、適応できること、

あるいは最終的に自立できることです。

 

 
<2つのブログ>