母さんの待つ力と子供の自立心(親子の育つ体験)

母さんの待つ力と子供の自立心(親子の育つ体験)

 
<僕がやりたい>

 

 
先日、私が晴れた日の公園を通りかかると、
その公園に20代の中盤のお母さんと二,三才の子供が
膝を曲げて座っていました。

子供は、ぎこちなくペットボトルの蓋を回し、
開けようとしていましたが、開きません。
お母さんが、手伝おうとしても、絶対拒否です。
丁度、自分でやりたい年齢です。

 
<お母さんは忙しい>

 

 

お母さんは、次にやることがあるらしく、
ちょっと時間的に焦り気味でした。

母親が、その子に手伝おうとしても、
ペットボトルから手を離しません。

 

たまたま、
私は蓋の少し開いたペットボトルを
そばで持っていたので、
お母さんが、
ボトルそれを「もらえませんか」と言うので、
その子にボトルを手渡しました。

 

 

その子は自分の手で蓋を回しながら、
ちょっと時間がかかりましたが、なんとか開けました。

その時間の無いお母さんは、ボトルを開けるまで待ちました。

 

 

 

<次回続く>
<2つのブログ>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です