サイコセラピーヨガ3(社会生活をうまく送るために)

 

★サイコセラピーヨガの理屈のひとつ

 

<心身一如>

 

 

心身一如という言葉があります。

 

身体の状態と心の状態がつながっている、

 

あるいは、同じもので、体の状態は心の状態です。

 

 

<形からみます>

 

 

心身の疲れているときは、

 

前屈みの姿勢の形となっています。
また、その疲れたときは、心の状態、形があります。
<例えば、>

 

緊張しているとき

 

不安なとき、

 

憂うつなとき、

 

恐れのあるとき、

 

その他、心身の悩み
これら、心のそれぞれの形は、身体の姿勢があります。

 

潜在意識の中に隠れた心の状態も、形に表れます。

 

 

体の形 = 心の形

 

 

★心と身体の形

 

心の悩みのあるときは、その姿勢が必ずあります。

 

 

基本的には、

 

その姿勢を変えることで、心が変わります。

 

 

また逆に、心が変わると、姿勢も変化します。
<ポイント>

 

この形を変え、整えたりするために、

 

ヨガのポーズを行っていきます。

 

 

<2つのブログ>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です