Monthly Archives: 8月 2016

社会生活をうまく送るために:緊張、あがり(セラピーヨガ催眠法1)

 

<日常生活で困っているNさんの場合>

人は、さまざまな人生を歩んでいます。

Nさんは、中学、高校時代から、緊張で悩んでいました。
学校時代では、国語や社会科の時間になると、

本を読むような時間があり、

そのつど緊張でいやな思いをしていました。
Nさんは、会社を勤めるようになり、

仕事の中で緊張を自覚するようになり、

ストレスも大きくなり、困っていました。

その疲れで、さらにストレスはたまり、解消をできずにいました。

症状はひろがり、
声の震えや、声がひっくり返る、言葉が出なくなるなどでした。

あるいは、言葉が詰まる、ドモルなどでも困っていました。

このような悩みを心や頭の中で何年も

長い間、引きずる人もいます。

 

<具体的な方法:マネること>…………Nさんの緊張はほどくために
1.緊張の少ない人をみる

 

肩は、下がっている(肩は上がっていない)

くつろいでいる人は、肩の力の抜けています。
2.肩の力が抜けている人のマネをできるようになれば、

くつろぎをつくることができます。
肩の力を抜けるようになれば、心の緊張がほぐれます。

 

 

☆ 参考に

肩の力に気づけると→その肩の力を抜くコツもわかりやすくなります。
<方法>

ここでは使うくつろぎの解消する基本的な方法です。
1.肩に過剰な力の有無

2.ヨガのポーズの活用(呼吸法含め)

3.自己催眠による、自己誘導を行います。

 

 

<2つのブログ>