Monthly Archives: 8月 2016

社会生活をなんとかうまく送りたいとき:社会不安障害(人格転換法とは5)

■社会生活をなんとかうまく送りたいとき:社会不安障害(人格転換法とは5)

 
<人格転換法の基本原理>

 

人間の幼児が、人間になれるのは、

その基本の入り口の1つは、

周りの人間との関わりの中で、

形をまねることからです。

 

 

例えば、基本的なものは以下のようなことです。

 
言葉をまねる
行為行動をまねる
呼吸や姿勢動作態度をまねる
コミュニケーションをまねる

 

 
<ポイント1>

幼児は、親などの指示、誘導も含めた関わりからです。
(形をよりうまくマネられるために)

人間の家族の場や生活の中、

人間の会話の中で育っことで、

一般の人間のように会話に普通にしゃべれるようになってきます。

 

 

<ポイント2>

ここで言う”マネをする”とは、学習することです。

マネることは、身につけることです。
もちろん、まねることを得意な人と、不得意な人がいます。
このまねる、学習することがたくさん体験した人は、

似たようのことが増えるために、

新しいことを身につけることができやすくなります。

人格転換法(その極意)は、マネをすることです。

 

 

 

<ポイント3>

例えば、

日常生活の中で、

緊張や不安など特性の解消をできにくい方です。
さらにいえば、

社会不安障害の悩みを持つ人は、

新しいものを身につけることが、ちょっと不得意です。

 

<ポイント4>

この人格転換法とは、

人が心の生活の中で、

身につけた方がよい心の技術かもしれません。

人が人生の中で生活する、1つの特性です。
その特性を活用するための具体的な技術が

自己催眠法になります。

 

 

<2つのブログ>