社会生活をなんとかうまく送りたいとき:被害妄想気味(人格転換法とは4)

 

<Eさんの毎日の生活>

Eさんの毎日の生活は、

勤め先のお店で、同僚だけでなく、来訪するお客に対して

挨拶ができず、つらい日々を送っていました。

彼の心は、お店で、緊張と恐れで、”針のむしろに乗っている”気分でした。
Eさんは、こんな状態が続き、当たり前のことですが、
ちょっと、被害妄想ぎみになっきていました。

Eさんは、

「おまえは無能者」と言われている感じで、
ちょっと、被害妄想気味になっていました。

こんな気分の中で、センターで体験を始めました。

 

<Eさんの状態は>

1.現在、心身の疲れが大きいこと

2.恐れ、不安、緊張で動悸があること

3.その恐れと緊張が大きいために、声が出ないこと、

その結果、当然として、挨拶できないこと。
4.被害妄想気でであること

5.挨拶できないことに対して、

ストレスが余計にたまってきていること

 

 

<人格転換法とは>

ここで今現在、これまでの新しい自分になるための方法です。

全てが変わるのでなく、

自分にとって変わりたい部分の特性を変える方法です。

例えば、

緊張している部分をリラックスできる自分となることです。

広い意味では学習をしていきます。

 

 

<EさんのモデルはFさん>

Fさんは、

Eさんにとって仕事上の理想の上司であり、モデルです。
このFさんをモデルに決めて、体験を行いました。

 

 

<ポイント>

人は、

潜在意識にこのモデルをつくり、

その話し方や行為行動を身につけています。
<人格転換法のやり方>

Eさんは、軽い催眠状態に入り、

Fさんと同調体験をしていきます。

Eさんは、Fさんになりきります。

この体験を繰り返し、

Fさんの特性を身につけていくことができます。
<体験の結果は>

結論が言えば、この体験の繰り返しで、

心理的な問題は、解決しました。

被害妄想的な状態も、

過剰な緊張もなくなりました。

 
<2つのブログ>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です