★動くと体や頭、心が変わる……翻訳:悩みを再生産しないために

☆無意識の設定から、体、頭、心のバランスがとれてくる体験

            <自己開発センター1>

            <自己開発センター2 >

<前回の続き( http://www.ysdc.net/index.php?pagename=blog01-456 )>

☆長年続く心の問題の場合………………翻訳法の存在する理由

◎お酒を飲めば

  お酒を飲めば、一時的に緊張が低下します。

  でも、

  お酒が醒めれば、元の緊張しやすい状態に戻ります。

  また、会社の会議で、緊張するからと、

  お酒を飲むというわけにもいきません。

◎一時的なもの

  人の体、心、頭には、慣性の法則が働いています。

  そのために、元に戻ってしまいます。

      …(続き http://www.ysdc.net/index.php?pagename=blog01-457 )
          (目次 http://www.ysdc.net/page8.php )

◎どんな方法も、元に戻ってしまう

  長期に続いていた悩みは、

  薬でも、整体やマッサージであっても、

  カウンセリングであっても、一般の心理療法であっても、

  悩みという問題の全てが、慣性の法則という働きの中にあります。

  そのために、

  長期間、悩んでいた問題は、

  どんな方法をとろうと、

  悩みの中に戻ろうとする働きが起こります。

  
  この慣性の法則を越えるような方法をとれれば、

  元に戻りにくくなります。

◎翻訳法とは………………元に戻らないために

  ここで言う翻訳法は、

  変化したものを、

  元に戻らなくすることをめざす方法です。

<次回に続く>

■============================■

心の悩みは、自己開発センターまで、ご相談下さい。

電話:045−314−0951

■============================■

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です