★自律神経を整える道具 その163(親について: ちょっと叫んでみる)

☆中心テーマ:頭の体操のための道具とその活用(悩みの解決のための心や体、生活の知恵を高める準備) 

                  <自己開発センター1>

                  <自己開発センター2>

<前回( http://www.ysdc.net/?pagename=oldblog-470 )>

☆今回のテーマ

  本当に苦しいとき、

  心の中で、

  「お母さん(お袋、お母ちゃん、ママ、マミー)」と

  心の中で叫んでみます。

  何度でも、けっこうです。

☆体が変化する例

◎Qさんの悩み

  Qさんの場合、

  身体的、心理的に不安な状態でした。

  そのQさんは、背骨が捻れて、

  少し側湾的な身体の状態でした。

  側湾症の原因は、現在わかっていません。

  原因は、たぶん、さまざまあると考えられます。

  …続き( http://www.ysdc.net/?pagename=oldblog-471 )
(目次 http://www.ysdc.net/page50.php )

◎内なる母親のパワー

  Qさんは、「お母さんー」と叫んでいると、

  その側湾的な身体の歪みが、スルスルと整ってきます。

  この変化する力を、

  ここでは、内なるお母さんのパワーとみます。

☆体験で感じたことを思ったこと

◎やすらぎ感、安心感、満足感がある

◎当たり前すぎて、何も感じない、思わない、感想もない

◎不快感、拒否感、思い出そうとするだけでイヤ

<続く>

■============================■

心の悩みは、自己開発センターまで、ご相談下さい。

電話:045−314−0951

■============================■

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です