★悩み解決の仕組みのヒント87(メモリーとトラウマの解消法)

☆中心テーマ:悩みの解決の入門:サイコセラピーヨガ&波動(気)催眠

            <自己開発センター1>

            <自己開発センター2 >

<前回の続き( http://www.ysdc.net/index.php?pagename=blog01-439 )>

☆今回のテーマ

  トラウマのシンプルな構造から、解決法をみます。

☆トラウマについて

◎トラウマのシンプルな構造からみると

  トラウマは、

  二つの因子の組み合わせた記憶から見ることができます。

  ひとつは、気分、感情的な記憶があります。

  もう一つは、映像的、思考的な記憶です。

  つまり、

  トラウマ = 気分、感情 + 映像、思考

  となっています。

◎ポイント

  トラウマは、

  「気分、感情」 + 「映像、思考」が結びついて、

  ワンセットになっています。

  ここで、

  この「気分や感情」が消えると、トラウマとしての

  心の働きは起こらなくなります。

      …(続き http://www.ysdc.net/index.php?pagename=blog01-440 )
          (目次 http://www.ysdc.net/page8.php )

☆参考に

◎RAMに記録された情報は
  
  トラウマは、

  このRAMに記憶された情報の一つです。

  基本的には、

  気分や感情的な記録情報です。

◎ROM情報は

  もうひとつのトラウマ内にある情報は、

  映像を中心とした情報です。

◎ポイント

  体験の中で言えることは、

  人の一般的な不快感情は、RAMに記憶されています。

  そのため、電源を切ることで、

  情報を消すことができます。

<次回に続く>

■============================■

心の悩みは、自己開発センターまで、ご相談下さい。

電話:045−314−0951

■============================■

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です