★悩み解決の仕組みのヒント78(トラウマと気カウンセリングやヨガ催眠:小中高校の頃のトラウマ)

☆中心テーマ:悩みの解決の入門:サイコセラピーヨガ&波動(気)催眠

            <自己開発センター1>

            <自己開発センター2 >

<前回の続き( http://www.ysdc.net/index.php?pagename=blog01-422 )>

☆トラウマについて

◎トラウマとなる場合

  人は、小中学校や高校時代に、

  無視されて、仲間はずれの体験が、

  トラウマとなることがあります。

  この悩みが、

  自律神経の乱れをつくったり、

  対人関係の問題をつくったりと、

  さまざまな心の悩みとして、現れることがあります。

◎トラウマとなる場合

  人は、小中学校や高校時代に、

  無視されて、仲間はずれの体験が、

  トラウマとなることがあります。

   この悩みが、

  自律神経の乱れをつくったり、

  対人関係の問題をつくったりと

  さまざまな心の悩みに影響の現れることがあります。

  トラウマとなり、

  自律神経の乱れをつくったり、

  対人関係の問題をつくったりと

  さまざまな心の悩みに影響の現れることがあります。

◎感性や観念力の大きな方

  人はさまざまな特性があります。

  とくに、感性やイメージの能力の大きい方は、

  その特性の使い方により、

  心の問題を大きくしてしまう場合もあります。

  たとえば、

  深い悩みとして、

  幻聴や被害妄想の悩みになってしまうこともあります。

      …(続き http://www.ysdc.net/index.php?pagename=blog01-423 )
          (目次 http://www.ysdc.net/page8.php )

☆ポイント

  トラウマが、潜在意識の中に

  いつまでも残っている場合は、

  残っていること自体が問題になります。

◎二次的、三次的な問題となると

  トラウマは一般に、長く続く悩みです。

  そのために、

  さまざまな問題が起こり始めます。

  たとえば、

  人との間のトラブルからトラウマになり、

  二次的問題として、人と合うことが不安になり、

  人との接することが無くなることがあります。

  その後、

  三次的な問題として、

  人との会話や接し方のコツなどが、わからなくなり、

  問題が、広がってくることがあります。

  そのため、

  トラウマは、できるだけ早く解消したいものです。

<次回に続く>

■============================■

心の悩みは、自己開発センターまで、ご相談下さい。

電話:045−314−0951

■============================■

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です