Monthly Archives: 6月 2013

★悩み解決の仕組みのヒント70(気カウンセリングやヨガ催眠と悩みをやめられない場合2)

☆中心テーマ:悩みの解決の入門:サイコセラピーヨガ&波動(気)催眠

            <自己開発センター1>

            <自己開発センター2 >

<前回の続き( http://www.ysdc.net/index.php?pagename=blog01-413 )>

☆今回のテーマは

  今回のテーマは、悩みのメリットの有るときと、無いときです。

    この有無によって、

    人は、その悩みの解決する道が変わります。

◎ポイント

  ここでは、

  たばこを止められるときと、止められないときから、

  広い意味で、

  ”心の悩みを止められるとき”と”止められないとき”

  のヒントをみてみます。

☆例………………たばこを吸わないとき

◎山で、たばこを吸わないですんだ体験

  Dさんは、1日にたばこを一箱以上すっていました。

  彼は、たばこの吸うことを止められません。

  そのDさんは、

  山登りをして、その途中で一休みするときに、

  一本のたばこを吸いました。

  空気のきれいな頂上に登り、

  その頂上では、誰も吸っていなかったので、

  それほど我慢せずに、その時は、吸いませんでした。

☆メリットがあるとき、ないとき

◎たばこを吸うメリット

  たばこは吸うことで、

  そのメリットがあります。

  ・ホッとする

  ・集中した後、気分転換になる

  ・間をつくることができる

  ・ちょっと落ち着いた気分ができる

  ・その他

      …(続き http://www.ysdc.net/index.php?pagename=blog01-414 )
          (目次 http://www.ysdc.net/page8.php )

◎メリットがなければ

  ホッとしているとか、

  気分転換ができているときなどです。

  さらに、

  他にやることがあり、

  意識が、それに向いていれば、

  たばこを吸う必要が無くなります。

  Dさんは、山に登っているとき、

  そのメリットはありませんでした。

◎ポイント

  今持っている心の悩みにメリットがなければ、

  純粋に、解決したくなります。

  この心や頭、体の働きがおこれば、

  素直に問題は解決しやすくなります。

<次回に続く>

■============================■

心の悩みは、自己開発センターまで、ご相談下さい。

電話:045−314−0951

■============================■

★自律神経を整える道具 その129(”友達ができる”ための声掛けと天才について)

☆中心テーマ:頭の体操のための道具とその活用128(悩みの解決のための心や体、生活の中の知恵を高める準備)

                  <自己開発センター1>

                  <自己開発センター2>

<前回の続き( http://www.ysdc.net/?pagename=oldblog-436 )>

☆今回のテーマ

  一般の人と天才的な人について

◎声がけの天才というか、秀才になるには

  1万人の方に、意志を持って、意識的に、

  声がけをすれば、

  そのベテランを越え、

  他の人から見ると、

  声掛けの天才とみえるようになります。

  …続き( http://www.ysdc.net/?pagename=oldblog-437 )
(目次 http://www.ysdc.net/page50.php )

☆思うことで、後味はいかがですか

  もし、

  一万人の人に声がけをしてみようかな

  と思うとき、

  後味はいかがですか。

◎後味はよい(特長、能力の拡大が楽しみなど)

◎とくに何も感じない、思わない

◎後味は良くない(面倒くさいなど)

■============================■

心の悩みは、自己開発センターまで、ご相談下さい。

電話:045−314−0951

■============================■

★悩み解決の仕組みのヒント69(気カウンセリングやヨガ催眠と悩みをやめられない場合)

☆中心テーマ:悩みの解決の入門:サイコセラピーヨガ&波動(気)催眠

            <自己開発センター1>

            <自己開発センター2 >

<前回の続き( http://www.ysdc.net/index.php?pagename=blog01-412 )>

☆今回のテーマは

  今回のテーマは、悩むメリットがあるときです。

◎止められない

  人は、

  たばこを止められないとき、

  ゲームやパチンコを止められないときなど、

  止めた方がよいと思いつつ、

  止められないことがあります。

  これは、

  たばこやパチンコをすることに、メリットがあるからです。

  (もちろん、メリットは、事実もあり、思い込みもありますが)

◎心の悩みは、”ない方がよい”、と思いつつ

  ”不快な悩みは、ない方がよい”と思いつつ、

  「悩みは、ない方がよい」と、

  すなおに答えられない人がいます。

  これは、何かにメリットを感じているからです。

      …(続き http://www.ysdc.net/index.php?pagename=blog01-413 )
          (目次 http://www.ysdc.net/page8.php )

☆バランスからみると

◎バランスをとるシンプルなコツ

  長く続く悩みは、

  いまここに、

  よい状態であっても、よくない状態であっても、

  それなりにバランスをとっています。

  それを変化させるには、

  一種の心の冒険が必要です。

<次回に続く>

■============================■

心の悩みは、自己開発センターまで、ご相談下さい。

電話:045−314−0951

■============================■

★自律神経を整える道具 その128(天才と声掛け)

☆中心テーマ:頭の体操のための道具とその活用127(悩みの解決のための心や体、生活の中の知恵を高める準備)

                  <自己開発センター1>

                  <自己開発センター2>

<前回の続き( http://www.ysdc.net/?pagename=oldblog-435 )>

☆今回のテーマ

  たまには、

  天才と言われる人たちのことを考えてみます。

☆声掛けの天才について………………もし、声がけの超々ベテランを望むとき

  世の中には、

  さまざまな部門で、

  天才といわれる方がいます。

  これらの方は、ここで言う

  ”極まるところ”を越えてきた方です。

  (参考に http://www.ysdc.net/?pagename=oldblog-422

◎ポイント1

  これらの方は、才能もありますが、

  それ以上に大切なことがあります。

  それは、”続けられたこと”です。

  …続き( http://www.ysdc.net/?pagename=oldblog-436 )
(目次 http://www.ysdc.net/page50.php )

◎ポイント2

  才能の非常にある方に、

  「才能がありますね」、とか「天才的ですね」と話すと、

  やってきたのですから、

  できるようになるのは(わかるようになるのは)当たり前です。

  と、話した方が怒られることがあります。

☆後味はいかがですか(天才のことを考えるとき)

◎後味はよい

◎とくに何も感じない、思わない

◎後味は良くない

■============================■

心の悩みは、自己開発センターまで、ご相談下さい。

電話:045−314−0951

■============================■

★悩み解決の仕組みのヒント68(気カウンセリングやヨガ催眠とその翻訳

☆中心テーマ:悩みの解決の入門:サイコセラピーヨガ&波動(気)催眠

            <自己開発センター1>

            <自己開発センター2 >

<前回の続き( http://www.ysdc.net/index.php?pagename=blog01-411 )>

☆今回のテーマは

◎「イヤだー」は、無くしたいのか、そうでないのか

  イヤだーという心などが、わき起こるとき、

  この言葉だけでは、

  他の人は、何がイヤなのかわかりません。

  場合によっては、ご当人にとって、

  今持っている心の悩みを

  無くしたいのか

  それとも、

  無くしたくないのかも、

  わからない場合があります。

  今回の内容は、

  その入り口についてです。

☆悩みが無くなった方がいいのか………………翻訳法でみる

◎悩みの解決

  不安の悩みを解決するとき、

  ここでは、翻訳法を行うことがあります。

  例えば、

  ・その不安の自覚することと、

  ・その不安が無くなってしまうこと

   の二つの体験をしてもらうことがあります。

      …(続き http://www.ysdc.net/index.php?pagename=blog01-412 )
          (目次 http://www.ysdc.net/page8.php )

◎いまここにの結論

  一般には、

  不安がないことを望む、

  あるいはその状態を選択すると予想します。

  ここでは、不安が本当にない方がよい人は、

  その不安を直接解消していきます。

  ところが、

  悩んでいる人の全てが、

  「症状をない方がよい」と答えるとは限りません。

<次回に続く>

■============================■

心の悩みは、自己開発センターまで、ご相談下さい。

電話:045−314−0951

■============================■

1 2 3 12