★悩み解決の仕組みのヒント25(旅の特性をみる)

☆中心テーマ:悩みの解決の入門:サイコセラピーヨガ&波動(気)催眠

            <自己開発センター1>

            <自己開発センター2 >

<続き(前回 http://www.ysdc.net/index.php?pagename=blog01-368 )>

☆旅について

◎ここで言う旅について

  旅の場合は、

  最終地点に到着しなくともよいわけです。

  その理由は、旅の中心となる目的が、

  目的地に着くことではないからです。

  ここで言う旅の目的は、

  そのプロセスを大事にします。

  別の表現をすれば、

  その旅をする過程で、得られるもの、みえるものが目的になります。

◎例

  ここで、一つの例をあげます。

  横浜から東京まで歩くとき、

  例えば、目的は、

  到着点の東京に着くと言うよりも、

  その歩く途中で、駅に寄り、さまざまなお店に立ち寄り、

  そのお店に並ぶ商品などをみる場合です。

      …(続き http://www.ysdc.net/index.php?pagename=blog01-369 )
          (目次 http://www.ysdc.net/page8.php )

☆ポイント

◎ここでの旅とは

  この旅の形は、

  心の赴くままに、気の向くままに、

  今、目の前に現れたところを大切にしていきます。

◎参考に………………フリー性(自由性)

  このような思考、行動の傾向の大きな人は、

  フリー性という特性を

  大きく持っているといいます。

<次回に続く>

■============================■

心の悩みは、自己開発センターまで、ご相談下さい。

電話:045−314−0951

■============================■

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です