Monthly Archives: 5月 2013

★悩み解決の仕組みのヒント43(ハーモニーモーションと黄金の言葉)

☆中心テーマ:悩みの解決の入門:サイコセラピーヨガ&波動(気)催眠

            <自己開発センター1>

            <自己開発センター2 >

<続き(前回 http://www.ysdc.net/index.php?pagename=blog01-386 )>

☆動けばいい

◎これさえやればいい

  人は、「何をどうしたらいいのか」、

  わからなくなったとき、

  「これさえやればいい」

  という言葉を持っていれば、

  解決の道、扉を開くチャンスを得ることができます。

  (この言葉は、

   人により、場により、文化によって異なってくるかもしれませんが。

   たぶんですが、

   このような黄金の言葉の伝える真意は、

   そんなに違わないと思います)

◎ここでの、”これさえやればいい”言葉は

  ここでの、これさえやればの言葉は、

  「動けばいい」

  あるいは、「やってみればいい」です。

      …(続き http://www.ysdc.net/index.php?pagename=blog01-387 )
          (目次 http://www.ysdc.net/page8.php )

☆答えをみつけるために

◎答えをみつける

  問題にぶつかったときに、座っているだけで解決するのは、

  禅寺のお坊さんです。

  もしかすると、お坊さんでも難しいかもしれません。

  私たち、一般の人間は、やってみて、考える場面が現れ、

  現れるから、何をするのかをわかりやすくなります。

  答えは、

  その行動している中から現れます。

◎例………………動くこと、やってみること

  ・人間関係で問題でぶつかったとき、必要と考える行動をとってみる

    友達とうまくいかなくなったとき

    会社の上司、同僚、部下とうまくいかなくなったとき

  ・仕事で行き詰まったとき、とりあえず、やれることを全てやってみる

    作業や技術がうまくできないとき

    お客とうまくいかなくなったとき

  ・生活でいきづまったとき、やれることを全てやってみること

■============================■

心の悩みは、自己開発センターまで、ご相談下さい。

電話:045−314−0951

■============================■

★自律神経を整える道具 その99(友達ができないという言葉をわかるために)

☆中心テーマ:頭の体操のための道具とその活用98(悩みの解決のための心や体、生活の中の知恵を高める準備)

                  <自己開発センター1>

                  <自己開発センター2>

<前回の続き( http://www.ysdc.net/?pagename=oldblog-406 )>

☆今回のテーマ……………………大人の心でみる

  「友達ができない」という言葉を体でわかるための体験です。

◎ポイント

  友達ができないという言葉や観念が、

  よく浮かぶ人の場合の体験です。

◎基本体験………以下を意志的、意識的に行ってみます(大切なこと)

  ・相手を無視する、相手にしない

  ・挨拶をしない、返さない

  …続き( http://www.ysdc.net/?pagename=oldblog-407 )
(目次 http://www.ysdc.net/page50.php )

☆体験の後味は、いかがですか

◎後味が良い

◎とくに何も感じない、思わない

◎後味が悪い

■============================■

心の悩みは、自己開発センターまで、ご相談下さい。

電話:045−314−0951

■============================■

★自律神経を整える道具 その98(長引く悩みの解決のキーポイントと”面倒くささ”)

☆中心テーマ:頭の体操のための道具とその活用97(悩みの解決のための心や体、生活の中の知恵を高める準備)

                  <自己開発センター1>

                  <自己開発センター2>

<前回の続き( http://www.ysdc.net/?pagename=oldblog-405 )>

☆今回のテーマ

  面倒なことを行うとき、簡単な意味をつくってみます。

◎具体的な体験

  ・机の前に座り、目の前の机に鉛筆を置きます。

  ・以下の動作を交互に行います。

   まず、鉛筆の置く位置は、左肩の前の机の上にします。

    次に、その鉛筆を右手でとり、左の方の肩の前に置きます。

    さらに、反対の手で鉛筆を取り反対の前に置きます。

   この動きを繰り返します。

  ・ 「面倒くさくなるのは、何回行うときか」をみる (意味をつくりみる)

☆参考に………………面倒な例は

◎必要性のない場合、ある場合

  80才のおばあちゃんが、パソコンを始めることは、

  たぶん面倒なのでやらないと思います。

  (最近のおばあちゃんは、異なるかもしれませんが)

  …続き( http://www.ysdc.net/?pagename=oldblog-406 )
(目次 http://www.ysdc.net/page50.php )

◎必要な結果がみえれば

  ところが、

  そのパソコンの操作のやり方をわかると、

  地方にいる住んでいる孫の顔が、

  いつでも見られるとしたら、

  たぶん面倒だと思いながらも、

  操作法をマスターしようとします。

☆体験の後味は、いかがですか

◎後味が良い

◎とくに何も感じない、思わない

◎後味が悪い

■============================■

心の悩みは、自己開発センターまで、ご相談下さい。

電話:045−314−0951

■============================■

★悩み解決の仕組みのヒント42(ベリーダンスとハーモニーモーション)

☆中心テーマ:悩みの解決の入門:サイコセラピーヨガ&波動(気)催眠

<前回の続き>

            <自己開発センター1>

            <自己開発センター2 >

<続き(前回 http://www.ysdc.net/index.php?pagename=blog01-385 )>

☆ベリーダンスを知っていますか

◎ハーモニーモーションと似たところを発見しました

  最近、DVDですが、

  ベリーダンスをはじめて見ました。

  世界的なダンサーのトルコのエマさんという方の踊りです。

  この方は、後進の育成もしている方です。

  ベリーダンスは、名前は知っていましたが、

  露出度の大きいダンスという程度の知識でした。

  そのエマさんの教え方の一つが、形を教えて、

  その後は、自由に動くようにと教えていました。

  この方の伝え方は、

  ハーモニーモーションと同じでした。

      …(続き http://www.ysdc.net/index.php?pagename=blog01-386 )
          (目次 http://www.ysdc.net/page8.php )

◎動きの中心は、丹田でした

  このエマさんは、50年間踊り続け、60歳を超えていましたが、

  今でも踊り続けているそうです。

  そのエマさんの小さなショーの中での踊りは、

  自然な柔らかさがあらわれ、

  中心は丹田の動きでした。

  さらに、その場の空気を変えていく踊りでもありました。

  素朴で素晴らしい踊りを見せていただきました。

■============================■

心の悩みは、自己開発センターまで、ご相談下さい。

電話:045−314−0951

■============================■

★悩み解決の仕組みのヒント41(ハーモニーモーションと調和とルール)

☆中心テーマ:悩みの解決の入門:サイコセラピーヨガ&波動(気)催眠

<前回の続き>

            <自己開発センター1>

            <自己開発センター2 >

<続き(前回 http://www.ysdc.net/index.php?pagename=blog01-384 )>

☆形をつくるルールとハーモニーモーション

◎社会という形とルール………………社会は、ルールでつくられている

  例えば、

  会社にいれば、出社時間というその会社のルールがありますし、

  仕事をすれば、その仕事の仕方のルールがあります。

  お腹が空いて、コンビニで買い物をするとき、

  当然のことですが、お金を払います。

  家族の中にいれば、その中の暗黙のルールもあります。

  もし、1人で、森の中の生活を送るにしても、

  生きていくためには、

  その森という場のルールの中で、

  生活することになります。

◎個を保ちつづけるためのルール

  どんなものでも、形あるものには、ルールがあります。

  人間も、生きて存在し、形あるものとして保つには、

  食事をして、

  排泄をすること、

  睡眠をとることが

  必要です。

  これが、人間の生きているときにもつ、

  ここでいう必要なルールです。

      …(続き http://www.ysdc.net/index.php?pagename=blog01-385 )
          (目次 http://www.ysdc.net/page8.php )

☆調和とは

◎場の条件と調和

  人間は、内外からみると、

  与えられた場やその条件の中、

  ルールの中で生活しています。

◎ハーモニーモーションと調和について

  ここでいう調和とは、

  ルールに合うようにすること

  形に合うようにすることです。

  ハーモニーモーションとは、

  調和し、

  それでいて、自由になることを目指します。

■============================■

心の悩みは、自己開発センターまで、ご相談下さい。

電話:045−314−0951

■============================■

1 2 3 12