★悩み解決の仕組みのヒント11(緊張、憂うつ、コミュニケーション)……問題のみえる窓からみる素朴な方法

☆中心テーマ:悩みの解決の入門:サイコセラピーヨガ&波動(気)催眠

            <自己開発センター1>

            <自己開発センター2 >

<続き(前回 http://www.ysdc.net/index.php?pagename=blog01-354 )>

☆「どうしたらいいのかわからないとき」の対策の基本………Hさんの整理のために

  問題が起こり、どうしたらいいのかわからないとき、

  車の運転を教習所でマスターするように、

  体でわかることが、ひとつのコツです。

  さらに大切なポイントがあります。

  心の悩みの解決も、一般的な進め方に、

  形があります。

  以下は、その素朴な進め方の形です。

◎やってみること1………………まず、話せる人に話してみること

  ここでは、話すこと、聞くことで、

  自分の納得する答えを引き出すためにあります。

◎やってみること2………………具体的な対策を整理すること

  話しているうちに、あるいは、後で、整理できやすくなります。

◎やってみること3………………具体的な問題解決の体験をすること

  Hさんは、緊張する問題のために、リラックスのできるようにすることです。

  ここでの体験をすることで、真に整理ができてきます。

      …(続き http://www.ysdc.net/index.php?pagename=blog01-355 )
          (目次 http://www.ysdc.net/page8.php )

☆キーポイント………………コツ

◎やってみること

  車の運転は、

  その教科書を読んでいるだけでは、できるようになりません。

  心の悩みも、その解決法を知っていても、

  解決できません。

  一般に、解決法は、素朴なものです。

  ただ、この素朴な方法を行えるかどうかです。

  ここで、方法を行えないとき、

  その方法を行えるようにすることがキーポイントです。

■============================■

心の悩みは、自己開発センターまで、ご相談下さい。

電話:045−314−0951

■============================■

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です